写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 09日

ランビエール&高橋大輔

1.伝えたい心が加わった時

 現役時代のランビエールの作品の中で「ポエタ」に感動した人は多いと思う。
ポエタは詩人を意味する言葉でもあるという。情熱・眼差し・そしてスピンでの感情表現は本当に素晴らしい。
 このポエタを振付したのは、珍しいことにフィギュアスケーターではなくて陸のフラメンコ振付けをするアントニオ・ナハロだった。

 そのナハロが言った言葉、
「美しさにスケーター自身の伝えたい心が加わった時、その時初めて感動してくれるのです」(男子フィギュアスケート2007-2008メモリアルブックから引用)
 そういって、選手自身が何を表したいのかをうまく引き出してあげることをしたのがナハロだった。

 このナハロがその時、興味あるスケーターとして、高橋大輔をあげていた。
「高橋大輔は本当にいいスケーターだと思う。彼の滑っているプログラムも好きだし、彼自身もアーティストだと思う。僕から見れば、彼はスケーターというよりダンサーに近いな。ステファンと同じです。スケーターとしてだけでなくダンサーとして素晴らしい二人。」(同上・引用)と言っていた。
  
◆ナハロさんは、8年も前なのに、
ランビエールと高橋大輔の演技に情熱と伝えたい心を感じていたのだろう。

 (なんで、こんな古いことを思い出したのかというと、2015年11月にナハロさんが倉敷まで来ていたということで、なにか大輔さんとお約束でも・・・と希望的観測をしてしまったわけでその時に思い出したのだった。まあ、実際にはスペイン国立バレエ団の岡山公演にきていて、観光地に足を延ばしたということだったようだが・・・。)


2.ステファン・ランビエール
 ステファン・ランビエールはフィギュアスケーターの中でもとくに日本になじみ深く、多くの選手に接してくれている。

彼は、大輔さんを「世界でも最も優れたフィギュアスケーターの一人」として讃えている。
大輔さんに初めてスイスで一週間振付をした時に、「言葉があまり通じないまでも同じ感性を持つ者同士共感しあえ、互いに理解と尊敬を深め合った」(フィギュアスケートマガジン2015.3.3号より引用)という。

2013年の全日本の時、ずっと客席から各選手の競技を見守り続けていたのが目にしたのが特に印象に残っている。
 その時、大輔さんにも接していたことを思い出す。
c0067690_0295384.jpg

         ( ↑ すいません、この写真どこの出典か忘れてしまいました。)

そして、

「ダイスケはとてつもなく素晴らしいスケーターです。これまで氷の上で本当に卓越した演技をみせてくれてきました。ダイスケのいないオリンピックは本当のオリンピックではないと思う」と。


 怪我が治らないまま、ソチに挑んだ大輔さんのことをランビエールは祈っていたという。
大輔がソチに挑んだのは本当に勇気を必要とすることでした
オリンピックという大舞台で自分との戦いができたことは、彼のキャリアの中でとても大きなことで、
強烈な意味のあることだった
。」
(フィギュアスケートマガジン2015.3.3号より引用)
と言って彼の引退後も応援してくれていた。

また、2015年のAOI出演において、AOI主催者やランビエールは「私たちは大輔のファン」とまで言って迎えてくれた。

 出演した大輔さんはというと、
「彼(ランビエール)、ほんとにスケートが上手いなって再認識しました。尊敬できるなって。作品として彼しか出せない、彼独特のものが出せてほんとにすごいなと思います」(同じく引用)


3.アメリの動画

 ふうっ!
こんな風に見てくるとステファンが初めて大輔さんに声をかけて、大輔さんがスイスまで行って振付けてもらった事が見たくなる。

 アメリの振付けとその作品についてはずっと以前に書いたことがあったが、その後の見守りについてものっていて、何ともうれしいような動画があった。

 アメリ作品そのものではない。
振付の様子とその結果がつながり、またいくつかの作品における情感あふれる大輔さんの表情が重なりながら、DOIの時のランビエールの大輔さんへのかかわりなどがアメリの一曲におさめられ、動画主様の感性によるすてきな作品となっている。そこにニコニコ独特のコメントが流れ、とても楽しめる。

 動画主様、感謝してお借りします。
【アメリ】高橋大輔とランビエール 


◆ステファン・ランビエール・・・引退後も自分らしさを貫き冴えわたる演技はとどまることを良しとせず、自分を高めていく。有名・無名含めて世界のスケーターたちを見守る温かい目がすばらしい世界的スケーターである。

◆高橋大輔・・・スケートやアートへの感性はもちろん、どのスケーターにも振付け師にもコーチにも敬意をもって接し、それでいて独立独歩の精神をもつ。
 「才能があるとは思ったことがない」と言い放つ(2015.08リアルアスリート発売記念お台場の発言)ほど自己評価は低いままであるが、それが更に右肩上がりに進むもとにもなっている。


ーーー大輔さんとランビエールとの接点が見えてきた。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2016-01-09 16:54 | Comments(8)
Commented by shuklm at 2016-01-10 18:28
ランビエール&髙橋選手といえば、、、真っ先に思い浮かぶのは、2003年東京のワールド!
テレビ観戦だったのですが、ランビエールの「ポエタ」には鳥肌立ちました。
そしてその後の、髙橋選手の渾身の「ファントム」と、号泣の銀メダル。
まさに芸術性の極限を競う、伝説の共演でしたよね…
今でもお互いをリスペクトし合う2人。素晴らしいですね。

PS ちょうど今ポエタとバイオリン協奏曲を聴いていたところだったので、miriyunさんエスパーかと思っちゃいました!!(笑)
Commented at 2016-01-10 23:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2016-01-11 00:09
syuklmさん、ランビエールが引退してからはなおさら、彼のスケートが深まっているのを
大輔さんも感じていたとしたなら、尚更影響を受けているかもしれませんね。
互いに敬意を持つアスリート&アーティストの共演をこれからも見たいものです。
Commented by miriyun at 2016-01-11 00:31
鍵コメさま、ようこそ!
おいでいただいて嬉しいです。
たくさんの鍵コメ様の動画を楽しませていただいていたので、お名前存じ上げています。
深い思いやりとお気遣いに満ちた文に感じいりました。そして思い込んでいた点をご連絡をいただきありがとうございます。早速、構成から直したいと思います。
おかげさまで、体調も年を越してからようやく元に戻ってきました。
今後とも、いろいろと教えていただくことがあるかと思います。
よろしくお願い致します!

XOI2015…昨年に続いてとてもよかったですね。きっと新横浜ですれ違っていたりしたのかと思うと感慨深いです。
Commented by hinagesi-k at 2016-01-11 11:07
大輔さんをダンサーの様だと思って居た私の考えが、有名なダンサーさんと同じだったと言う事を知り
とてもうれしいです。
中々最近の大輔さんの演技を拝見出来ないのが残念ですが。
Commented by miriyun at 2016-01-11 16:35
谷間のゆりさん、
力のある人は本当に早くから彼の力を正しく把握しているものだと思いました。
是非、動画で新しい大輔さんの演技もご覧になってみてください。
常に進化を求める方だとわかります。

Commented at 2016-01-13 11:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2016-01-16 18:30
鍵コメ様、古い話で構成替えをしたものまで読んでいただいて恐縮です。
伸びのある演技を見るには広いドームの方がよかったですが、
観客とスケーターの一体感を感じるのは新横浜ならではの体験です。
今年のこれからが気になってカレンダーを眺めたりしています。
Dさんを応援している限りどこかで触れ合うこともあるかもしれませんね。
今後ともよろしくお願い致します。


<< 曲線      タニス・ベルビン&ベン・アゴス... >>