写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 12月 27日

幸せな気持ちになれるところへ・・・XOI(1)

感性に従う


 2015年後半、いろいろなことが一度にやってきて非常に落ち込んでいた自分は、幸せを求めて青い鳥を探して森に行けばいいのか。
   でもそんな鳥はいないと大人の中途半端な知性がじゃまをする。

  だから、感性に従った。
    幸せ感と穏やかな空気に包まれた経験を思い出してみた。


    やはりあれしかない。

 そう、昨年のクリスマスオンアイス【略号XOI】での真央さんと大輔さんのコラボ、そしてそれに続くフィナーレのなんと美しく幸福だったことか。

 
 だから、今年も行くと決めた。

そのために医者にきちんと行き、薬は12/19に大阪に行かれるように処方してもらう。
正直にフィギュアスケートを見に行きたいと、医者に言った。心優しい先生はスケートリンクは気管支によくないから行くなとはおっしゃらずに吸入も含めて薬を処方してくれた。きちんと処方を守っていけば、ぎりぎり行かれるよという言葉が励みになった。そしてその言葉の通り、大阪へ旅たてた。


 そして、私の感性は正しかった。

クリスマスオンアイス2015

一つ一つが魅力的な愛しい物語が展開される。なんという美しい世界だろう。
単なる仕事というドライなとらえでなく、一人一人の最高のパフォーマンスで表わす美しい人間模様。
 初めて参加のゴスペルシンガーズの方たちも喜び楽しみ、
クリス・ハートは言う。子供のころスケートをやってみたかった。今それはできないが別の形でこうして氷の上でスケーターとコラボしていることが嬉しい。できれば来年もやりたいというような発言さえ・・・。

  スケーターはどうか、以前からの仲間は言うに及ばず、新しい仲間エラッジ・バルデも含めてなんというバッグステージでの仲の良さ。有難いことにいまのSNS時代。黙っていてもスケーターの方から仲間同士の団結力を写真で表わし、楽しい楽屋裏の交流や声掛け、ファンからの声掛けやプレゼントへの感謝までもSNSを通じてオンタイムで伝わってくる。どのスケーターもが楽しんでくれていることもわかる。

 初日、まだやや固いスケーターと観客。
それが回をこなすほどに観客はスケーターの演技の見どころを掴み、拍子をとり、肝心なところで声援し、いい演技を見るほどに観客は歓声をあげ、スタンディングオベイション、それがまたスケーターに火をつけ、更にのりの良い演技になる。

◆ドヤ顔アンドリュー
 日本にたびたび来てくれているケイトリン・ウィーバー&アンドリュー・ポジェは気品ある演技が特徴だが、いつもアンドリューはケートリンを見つめる貴公子という感じで、インパクトがいまひとつ弱かったような気がする。
 だが、今回は観客を相当意識し、それだけになく日々のっていった。
最初の演目は「I'm Kissing of you」を情感たっぷりに演じ、次の演目ではプレスリーの曲ところでとくに観客へ視線を飛ばす。すぐに反応するのりの良い観客。ぐいぐいと押せば、ぐいぐいと観客からの熱い反応。回を重ねるほどにアンドリューがこれまでにないアピール度を示し、楽には最高レベルまでいって、その様子は尚更観客をよろこばせた。
 このXOIでのアンドリューの変化と注目され度がたのしい。

◆熱いイリヤ・クーリック
 愛すべきこのスケーターは大きな演技・失敗のない演技で不動の地位を保っている。
c0067690_13221660.jpg


そして、特色ある斜めに空転する技を持っている。      ( ↑ TV画面撮りなので雰囲気だけ)

 彼のXOI公演での様子。公演ごとにスタオベが増えてのりにのってきたイリヤ。22日新横浜で自分の演目で総スタオベを受けたあと、北側中央に設けられた入退場口からはけていくのだが、暗転の中、入退場口に入ったところでとうとう「オッヤー!!」と雄たけびをあげていた。
 年齢的には最も年上のスケーターであるが、熱くなった時のスケートはトップスピードで滑りパフォーマンスもハイテンションになる。高揚した顔をみるにつけ、変わらぬ熱い心が好きだな~と思う。

 彼のようなオリンピックチャンピオンが、共演者の若き高橋大輔がしだいに伸びてきてフレンズオンアイスやSOIなどで観客の声援を一身に浴びる様子をどう見ているのか、実はずっと気になっていた。

 その彼が、先日のフレンズプラスで言っていた。
若い選手の伸びを見守ることも楽しかった。高橋大輔がそうだ。やる気のある若者が出てきたと思ったら、いつの間にかスーパースターになっていたんだ。唯一無二のスケーターに成長する彼を見られた。また、高橋大輔を見ると自分も滑りたくなる、彼の演技が素晴らしいから・・・。(フレンズプラスVol7での言葉より)

 あぁ、彼は肩書きを基に肩で風を切る人ではなかった。本当にスケートを愛し、スケーターを見守っているんだと感じたのだった。
 また、彼自身は「今でもアスリート」であり、「僕のスケートを見たいという人がいる限りスケートを続けていくよ。」という。(同上)
 こんな彼だから、コラボでも常に前向き、世代が違っても若い世代に合わせて盛り上げているというよりは彼自らの熱い心で観客ともスケーターとも交わっているんだなあと思わされた。


◆弾むスケート
c0067690_18171051.jpg

 二部が始まって大輔さんは、カップルがたくさん作られる中で、一人ぼっちという役どころでずっと通していたが、
弾むようなスケートから氷上に美しいトレースが描かれ、そこから
幸せのハートが湧き上がってくるのが見えるような、そんなクリスマスオンアイス2015だった。


◆そして、そもそもクリスマスは家族で思いあうものというものを思い出させてくれた最後のクリスマスカードを読み上げるグループナンバー。

 自分にとってクリスマスはただケーキを買ってさえいけばよいとしか思わなくなって久しい。そのクリスマスの意味合いを問われたようで、心が動かされた。
 日々の忙しさと無味乾燥な生活を変えるべく、公演が全て終わった翌24日のイブにはこれまでとは違った感謝といたわりとの思いを持って家族と過ごすように自分を変えてくれた。

スケーターとアーティストと演出家と振付師とナレーター、全てが素晴らしい。
最も温かみがあり楽しくアートでもあるショーを見ることを選んだ自分の感性を信じてよかった。

   ・・・幸せは身近なところにある・・・・
      ショーの中のナレーションの通りだった。

   ありがとう、素晴らしいショーを!!
 
 

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2015-12-27 02:52 | Comments(6)
Commented by 霧のまち at 2015-12-28 17:08 x
miriyunさん よかったですね。 心に響くステージで貴方の気持ちまでがクリアになれて。
実は私もいろいろ抱える事になって 半年・・・。 人生は予期しない事の連続です。
2016年も少し重たい年になるかも知れません。
でも、自分が方向を見失ったらアウトだと思い、日々 気持ちや身体の軌道修正を
心がけるようにしています。
コアを心に持って 来る年に向かいましょうね。
Commented by shuklm at 2015-12-29 14:33
お体ご不調だったんですね。最近記事UPが少ないので、どうなさったのだろうと気になっておりました。
そんな中、XOI行かれたんですね! 素晴らしい。
世界で最高級のアートをライブでご覧になって、最高の治療&癒し効果があったのではないでしょうか。
昨年のXOIの記事を拝見して幸せな気分をたくさん分けていただいたことを思い出しました。今年も有難うございます。
お体、どうぞおいといくださいませ。

PS そんな中で拙文にイイねをいただき、有難うございます!!とても励まされました。
Commented by miriyun at 2015-12-30 07:24
霧のまちさん、気持ちや軌道修正、とても必要だと
私も思いました。確かに自分がしっかりしなくてはとおもいますし、反面
とても気が重くなってしまうことも・・・。
少しずつ、ブログも再開して皆さんからも元気の元を
いただいていこうと思いました。
心を添わせていただき、うれしいです。ありがとうございました。
Commented by miriyun at 2015-12-30 07:29
shuklmさん、どんなことにも気持ちは大事だと思いしらされました。
何かを目指して・・・という気持ちはとても強く作用しますね。
確かに物事への考え方も影響されましたし、心の癒しも抜群でした。
そういう意味では最高の場所を選んだと思います。
shuklmさんの書かれていることかげながら応援しています。
Commented by shuklm at 2016-01-10 15:54
丁寧なレスいただき、有難うございます!
望外の応援の言葉をいただいて嬉しくて…ちょっと泣いてしまいました。
思わぬXmasプレゼントをいただいたような…
とても有難いです。頑張れます。
ブログやってて良かったです!!
miriyun様は私が勝手に目標にさせていただいている憧れの大先輩です。
どうかこれからも無理なくブログ続けて下さいまし
Commented by miriyun at 2016-01-11 16:31
shuklmさん、
きちんと調べて心ある記事を書かれているshuklmさんの
目標になど成るようなことをしていないので恐縮です。
自分が動いたのは、旅するのによい時代だったのだと思います。
ここのところ世界は大きく変動してしまい、異文化を語るのでさえ
エネルギーがいるものです。
そういう中、本質のところを見つめ続けている方こそすごいと思っています。


<< 練習風景とラクリモーサ初演…X...      星を見上げて >>