宿泊ホテルの岩絵

1.アナトリアンハウジズ 
 カッパドキアならではの洞窟ホテルとやらに泊まりたいとの娘の希望で駆け足ながら洞窟ホテル泊。

洞窟ホテルというが、多くは洞窟そのものではなく本物のきのこ岩やトンガリ岩を含んだ岩を積み上げたかのようなホテルというのが実情のようだ。元からそこに在った部分と新たに付け加えた部分が同居しているホテル群がたくさんあるわけなのだ。
 その中でも元からの岩がニョキニョキ多いギョレメにあるホテルに行った。


c0067690_0434018.jpg


c0067690_0442217.jpg

レセプション。
夜になってから二人だけで当直したのだが、レセプションは落ち着いた対応で、遅い夕食にも対応してくれた。
c0067690_0445351.jpg

夜の屋外共有部分。

c0067690_0591171.jpg

庭から北の谷側の夜景をのぞむ。

c0067690_0462522.jpg

昼の共有部分

c0067690_133283.jpg




2.目印は岩絵



c0067690_033132.jpg

こんな岩の下に自分たちの部屋があり、岩が目印になりわかりやすかった。

c0067690_035663.jpg

よく見ると中ほどには鳩を飼った岩の巣穴あがあり、とがった岩の上部にはさらに大きく削ったあとがある。


c0067690_041459.jpg

丈夫に赤い筋が見えるので、ズームアップしてみる。
鉄分を含む岩で描いたような線は、古い時代のカッパドキアのキリスト教徒たちが描いたキリスト教をあらわす岩絵だった。念のため、このホテルのレセプションまで、この写真を示してこの絵は新しいものか、古い時代の岩絵かを聞いてみたら、古い時代のものであるという。

                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  

by miriyun | 2015-09-02 01:04 | Comments(4)
Commented by petapeta_adeliae at 2015-09-03 12:36
四半世紀前にTVで石窟のホテルを見て、あまりに簡素だったことも
ありごくごく普通のホテルを選択しましたが、こじんまりとして
こんなにステキなら行く機会があったら泊まりたいです。
目印の岩がジョーズを思い出させます。(^_^;)
Commented by jasmine-boo at 2015-09-04 09:59
素敵ですね〜
装飾も大好きなものばかり。
一度泊まってみたいです〜

でもトルコって地震はなくはないはず。
岩ってコンクリートのビルより丈夫なんでしょうか。メンテはどのように行っているんでしょう。
昔のものがそのまま残っているなんて、日本では考えられないですよね。
Commented by miriyun at 2015-09-06 10:21
多分本格的に岩をくりぬいたホテルの方が簡素に見えるかもしれません。もしかして、ソーニャさんのTVでご覧になったのは本当にくりぬきの部屋だったかもしれませんね。
高級路線を言っているのは、本当の岩の間に他から持ってきた石や新建材を使っているので、本物感は薄れるかもしれません。でも夜など周囲丸ごと幻想的な光景です。
Commented by miriyun at 2015-09-06 10:27
ジャスミンさん、トルコは東のワンも、西のイスタンブールの方もにお本と同じように地震が多いですが、中西部のカッパドキアは古い時代に火山噴火がありますが、地震はこれまでほとんどなかったと言われています。だから、いろいろな古い時代の地下都市や岩窟教会がしっかりと残っているのかもしれません。


<< 素朴なインテリアと機能性  遥かなる砂漠 >>