写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 08月 28日

美しい広場

 広場 
 美しい広場というといつも思い浮かべるのは、イスファハンだ。
かって栄えたイスファハーンは広場の大きさもとんでもなく壮大で、周囲にバザールと王宮とモスクが配され、広場の中央には噴水があった。タイルで全面を覆われた建築群は今尚目を奪われるだろ


◆ しかし、ここのところ、観光面を重視しているトルコも各地で環境整備に力を入れていることがうかがえる。
各地方では世界遺産の登録が相次ぎ、またとっくに世界遺産になるべきと思われる文化遺産が実に豊富な所でもある。それをさらに整備していずれの遺跡も歩きやすくする工夫や案内図などよくできている。

 京都と同じようにイスタンブールは旧市街まるごと世界遺産なのだ。大地の奥底から世界遺産そのものであり、歴史の積み重なりが深くて一朝一夕には語り尽くせないほどだ。


その中心である旧市街は建築物はもとより壮大であり遠くから眺めても尖塔がシルエットとなって安定した姿を写し出し、地震など天災が起これば、この広場に避難する心のよりどころでもある。
 
c0067690_611136.jpg
 
広場の西側にはオスマン建築の雄、6本のミナレットを持つブルーモスク。


c0067690_613984.jpg

↑ 東側にはビザンティンの雄、アヤソフィア

その広場がさらに整備されている。

c0067690_691144.jpg

 奥行きのある広い広場、
     夏の光に輝きを増す噴水の水、
     季節に応じて咲き乱れる花、
         そして、人々の印象にのこる建築群。

立派な建物だけでは冷たい印象になってしまうが、そこにこんなものが揃っていて、家族連れが楽しげに歩き、いろいろな国の人々が行きかう。
 
 こんな広場はとても美しいと思う。


世界のどの街の人も子どもたちも美しいものを見て感じてそぞろ歩きできればいいが、次第にそんな風に歩ける場所が減ってきているのが現状だ。シリアの惨状はあまりに心痛んでことばにならない。


                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  


by miriyun | 2015-08-28 06:31 | Comments(4)
Commented by ぺいとん at 2015-08-29 23:18 x
イスタンブール、ため息が出る美しい眺めですね。 
遺産として過去の姿を留めているだけではなく現在も街全体が生きているのだな~と思います。

人類の遺産であり大切な宝物を無残にも打ち砕くとは許しがたい行動です。 
同じ地球の上なのに…
Commented by miriyun at 2015-08-31 04:26
ぺいとんさん、古代からの数々の遺跡の上の
時々刻々と変化し続ける街で、しかも1500万人に人が新しい歴史を日々つくっているわけですね~!
Commented by petapeta_adeliae at 2015-08-31 12:29
花が咲き乱れていたことは記憶にあるのですが、噴水の記憶が?!

ひと昔前は酸性雨で遺跡の保存が心配でしたが、
今はISという過激な集団にバーミヤンに続きパルミラも破壊されて、
次ぎはどこがと心配です。
Commented by miriyun at 2015-09-01 23:29
ソーニャさんの記憶と私の記憶は一致しているように思います。
少なくともこんなに立派な噴水ではなかったように思います。
色鮮やかな装飾的なところのある噴水でした。

パルミラの衛星写真を見ました。これで何を言いたいのか、
何をしたいのか。理解できないです。


<< ローズバレー       夜と昼の狭間で >>