ダンスと語学…高橋大輔

                                   最後に≪追記≫あり。
1.絞っている男たち 

c0067690_14541234.jpg

三人並べてみたくなった・・・(で、それぞれの近況からお借りします。)
 

*それにしてもニコライすごく絞っていて驚いた。
大輔さんがニコライにコメント、珍しや! たぶん初めてのコメント。
D:You keep in shape !!! Looks great!! 
  
*賢二先生、ひげ・メガネあるなしにかかわらずイケメン、でもない方が若い。
    そういえば世界的振付け師になったけどすごく若いのだった。

*Dさんはダンス絞りと毎年のまっくろクロスケ街道をひた走っているような・・・。
    頬がこけるほど踊ってるのだろうか。

これから活躍していく人たち。
      身体を絞って、ますますセンスを磨いてらっしゃるね。 


◆なにしろ、ニコライコーチ39歳.賢二先生36歳.大輔さん29歳。

 フィギュアスケートの世界は他の業界やスポーツよりもすごく身体的に過酷で引退が早いけど、引退したってみんな若い。
だから選手後の人生にみんな悩むのだし、クリエイティブな人ほど、過去の名声だけにすがるのでなくアクティブに常に何かを目指す。

 大輔さんは楽な道も、名誉ある道も示されながらも、あえて身一つで学びながら、何ができるのか、何を感じ取れるのか道を探ろうとしている。
 何とも大輔さんらしい。
やはり決してこちらの想像範囲に収まるような人ではない・・・。

    

2.語学 

 ミーシャGくん曰く、大輔さんは英語が上手くなったとのことも伝わりくる。

 もともと聞き取りはよかった。メディアからの質問内容は聞き取っていた。
発音も元からすごくいい。
時々、Exでみんなに呼びかけている時なんてびっくりするくらいきれいな英語が飛び出している。
XOIでもメンバーのバースディを祝って歌おうって呼びかけるのも自然だった。

 その大輔さんが英語とダンスを最初の言葉通り磨いている。
英語とリズム感で思い出したシーンがある。

◆2007-2008シーズンの、NHK杯にあたってアメリカESPNの放映の中で取り上げられた大輔さんはとってもかっこよかった。見た目にも、英語でも、そしてなんといってもリズム感が・・・!
 こんな人がいるの?日本人でって!驚いた。

その時の映像はこちら ↓
◆参考  動画をお借りします
07 NHK Fluff check it out


☆ "People say my footwork is cool" and "I stole couple of moves.
I think it's cool. Check it out"
いつもの雰囲気だけのユル訳でゴメン!
「みんなは僕のフットワークはクールだという。ぼくはアイスダンスカップルの動きを学んでいる。僕はアイスダンスの動きがかっこいいと思っている。それをチェックアウト!!」
(stole・・・日本には技術は見て盗めという言葉があるので、そこから学ぶの意味で使っているのではないかと思う。)

"But this season, I'm bringing the hip-hop to the ice" and then "I learn by watching and I stole a couple of moves"
「しかし今シーズンは、僕が氷上ににヒップホップをもたらすんだ。
それでぼくはアイスダンスカップルの動きを見て学んでいるんだ。」

 それにしてもあの手足の動きはナンジャ~と見つめる。
 ピンポン輔の踊りに通じるものがある。

 
 振付けやスケートに関する話は不自由しなくても、その他の語彙を増やすためにじっくり英語に取り組む時間はなかった。彼はニコライやそのほかの人とももう少し深くまで話をしたいときに不自由を感じながら選手生活をしていたのだ。

 ようやく、やるべきことを全てやりきって今年の4月から学生となって磨きをかける時が来た。
あれだけの練習と試合をこなしスポンサーやメディアとの対応もこなすという多忙な生活の中でも、きちんと大学で学び単位をとってきた姿勢・・・あの真摯な姿勢で、今やるべきことを絞って頑張っている。
 望まなくても自然にいろいろな人脈も繋がっていっているようにも見える。


 その成果をいつか役に立てて始動するときがくる。
とてつもなく楽しみである。
 そして、その未知なる道にスケートが入っていてくれれば尚更うれしい(・・・が、枠におさまる人ではないのでわからない)。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
≪追記≫
先ほどのDさんからニコライへのコメントに、

ニコライ喜んで返事~

N:trying my best!  are u in ny? 
D:yes!!
N:call me. Let's go out!

Dさん、電話したかな?すぐに会おうって話だよね。
もし、電話があったら、
ニコライがhomeにいるなら近いし、もうとんでいってそう!
2007年に一緒にダンス教室に通った時からもう8年になるんだ・・・。
以前よりたくさん話せるよね。

「そろそろ新しい振付いるかい?なんて聞いてくれてもいいのよ、ニコちゃん!」 (〃艸〃)

 いや~、いかんいかん、
 せっかく冷静に書いているつもりだったのに、
    ニコライのLet's go out!なんて目にしたから
       それがふっとんでしまったよ~! 。・°°・(>_<)・°°・。


                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  

by miriyun | 2015-07-18 17:38 | Comments(0)


<< フォトジェニック横浜 as if he were t... >>