写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 04日

ADC賞*「思い出のマーニー」CMが受賞…高橋大輔

  (文が無駄に長くてグダグダしていたので、改訂版にしました。)

1.ADC賞とは   
ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集める。

 2014年5月から2015年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約8,500点の応募があった。
 それらの作品の中から、80名のADC会員によって厳正な審査が行なわれ、広告、グラフィック作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれた。


2.マーニーが受賞...公告・グラフィック作品の最高峰ADC賞 
 この業界の人々にとって目指す高みであるADC賞。
よほどのセンスと、時代の掴みとスポンサーのイメージをしっかりと伝えつつ、視聴者の心をぐっと掴む、そんな広告でなければならない。
 
2015年ADC賞受賞作品・・・こちらに受賞作が全部画像付きで掲載されている。

 グランプリ1点 ADC賞10点の中で、コマーシャルフィルムでADC賞を受賞したのが次の3点。私感を添えて・・。

パルコ「Lily, from Solstice to Solstice.」のポスター、コマーシャルフィルム

 ポスターとコマーシャルの一貫した連作でパルコという商業ビルのイメージをつくり、人を引き付ける。

東海テレビ放送「震災から3年~伝えつづける~」のコマーシャルフィルム

 あえて、インタビュアーの未熟なところもだしながら、震災を伝え続けるというテーマを考えさせている社会派。 この作品はギャラクシー賞大賞などいろいろな賞を受賞している。


ウォルト・ディズニー・ジャパン「思い出のマーニー ジブリの涙。」のコマーシャルフィルム
 制作:小松洋一ディレクター

短い間の放映だったが、見るものを一瞬でマーニーの世界に引き込む。静かでひたすら美しい。
動画をお借りします。感謝です。


 マーニーの世界観と
      15秒に凝縮された美しさに圧倒された!!


3.思い出のマーニーと高橋大輔

 この作品、・・・CMだが、初めて見た時から作品!と呼びたくなる。
この作品を、米林監督の高橋さんを中心に映してと言われたこと、スケーター高橋大輔・振付師宮本賢二の絶妙な組み合わせ、高度な撮影を行った撮影陣があって、ディレクターの優れた編集があってのことで、全てが融合して素晴らしいものが出来上がった。
 CMなのに心のひだにしみいる様な映像と音楽とスケートのコラボ、こんなに美しいCMがあるのかと驚かされたが、それがやはりこうして大きな賞を射とめたのを知って、ちゃんと見ている人は見ている。さすがだと。

 それにしてもたった一晩で、これだけ作品に寄り添うように、映像はリンクよりずっと狭いのにスピード感や大きさもだしながら滑り、引き込まれ、しびれるような感動に浸って映像に見入った。これはやはり高橋大輔にしかできなかっただろう。

 今、彼が日本にいないことに一抹の寂しさを感じながらもお祝いしたい気分だ。

c0067690_8261614.jpg


メイキング
この中で、スタッフさんが、かっこいい!と言っていっているのが聞こえる。
感謝してお借りします。



3分間作品としてのマーニー


・・・・・・あぁ、やはり何度でも見てしまう、
             これまでもずっと見てきたというのに!


4.2015ADC展(一般作品)
 作品展を銀座で開催中だ!2か所に分かれているが、[ ADC賞 ]はこちら。

◎会場:クリエイションギャラリーG8(一般作品)  
東京都中央区銀座8-4-17 リクルートGINZA8ビル1F
TEL 03-6835-2260
会期:2015年7月2日(木)~ 7月27日(月)
11:00AM~7:00PM
日曜・祝日休館 入場無料

映像作品は、液晶画面で流しているという。

                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                  
                                            

by miriyun | 2015-07-04 08:49 | Comments(0)


<< 花が咲いたよ…アカンサス(4)       布引の滝…神戸(3) >>