写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 06日

置手紙のように…高橋大輔

 1.創作意欲
◆プロの意欲
 いつも思うのだけれど、大輔さんの周囲にいる人は創作意欲が半端ない。
宮本賢二先生や振付け師ローリーニコルも悩むほどに打ち込むし、シェーリーンは彼は何でもできるからといい、カメレンゴさんはダイスケが自分の振付けを選んでくれたことを興奮して喜んでいた。

c0067690_3511117.jpg

マーニーのCMつくりの現場も普段はアニメ制作者たちには無縁の寒さの中でいい映像を追求した。

 それぞれの仕事で一緒にいたトレーナーだった渡辺さんも栄養士のミチさんも本をつくってしまった。

◆ファンの意欲
 ファンもプレゼント用の手芸などほんとにみなさん上手すぎる。

 イラストもすごい。

 オリジナルのイラストはプロのイラストレーターのようで素晴らしいと感嘆してしまう方がいる。ただ単に絵を描くのではなく、その時々の話題に即してのオリジナル大輔さんを描いてしまう。精神面に迫っている描き方で、草原を先を見つめて歩く大輔さんを見て以来の隠れファンになっている。最近のジブリ輔さんシリーズも大好きだ。

 お人形のように単純化した大輔さんが主なプログラムの衣装を身に着けたのを29体も誕生日に向けて描かれたのも、可愛くて、市販品だったら嬉しいのにと思ってしまう。

 アメブロの奥にひそかに出されるのも好きだ。可愛くて心が揺さぶられる描きが何とも言えない。リアルダイスケとアニメチックダイスケのギャップもいいし、4コマものはとくに素敵だった。

 こうしたイラストに癒されながらもまだ、寂しい。

◆CM&キャンペーン
c0067690_0444796.jpg

c0067690_3215320.jpg

 お茶の時間にマーニー輔さん見ながら、
        グリコのシャルウイをいただく。
 歯磨きしたらリステリンでクチュクチュして、21日チャレンジを遂行中。
 お菓子太りした分は渡部文緒著の「高橋大輔DVD月シンプルエクササイズ」で絞って・・・、
         そんな生活している。
             忙しい合間によくそんなことが出来るねと思いつつできちゃう。
 きっと珍しいことではなく、きっと同じことをしている人がいっぱいいるだろう。


◆置手紙
 そしてたぶん、これらが置手紙になる。

明日は東日本チャリティ演技会。
大輔さんはそれが終わった後には何も予定をいれていない。
そう、あとは語学留学に行くだけ---。

クライアントに依頼されてのものでありながら、ファン的にはこれらが置手紙になる。
ジブリのマーニーなどはまさしくそれだった。美しい曲とストーリーに沿わせた滑り・・・素晴らしかった。


それらを心に刻んでいるうちに次の活動が聞こえてくるかもしれない。
旅立ちが迫ってからのたくさんの活動がみな残るものとしてファンが手にする。
c0067690_3464280.jpg



 そういえば4月30日には郵便局から高橋大輔フレーム切手と葉書もやってくる。
   そのあとは「高橋大輔 Anthology」 Blue-ray BOXがくる。
                                     amazon
ありがとう、大輔さん、たくさんの置手紙を!



2.それでもさびしくて動画をめぐる 
大輔さんをめぐる創作活動の中に、動画づくりマスターと各国語翻訳者の方がおられるのも凄い。
いつも、見させていただく度にありがたくて嬉しくて----。
 そんな中で、ようやく気付いた毎年作っていらっしゃる3/16のバースデーを祝っての動画。
そういえば見ていなかった~!

chocochocolove5さん、お借りします。

https://www.youtube.com/watch?v=9klswyCmWgo
美しい映像と編集。心が温かくなる映像をいつもありがとう。
 
  
◆ この動画からは1年前のバースデーから29歳のバースデーまでの大輔さんの歩みを見させていただいていることになる。
 音楽にのって画像が現れるのは一瞬だ。しかし、どの一瞬も私たちの胸のうちに刻みつけられた一瞬であり、それぞれの場面がいつどこで何をしていた時の笑顔なのかわかる。だから一瞬の画像の集まりから一年間の万感の思いが湧きだしてくるのだ。



                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2015-04-06 03:41 | Comments(4)
Commented by windy at 2015-04-06 09:03 x
”それでもさびしくて動画をめぐる”

miriyunさん、私もそうなんです。新しいSPとFPを見れないことの寂しさを埋め合わせするように動画めぐりしています。

道化師・in the garden of souls・Blues for klook・ソナチネなどの名演技全集をだしてほしいと思っている今日この頃です。

明日はいよいよ神戸チャリティ。待っていますよという思いが伝わるように旅立ちを送り出してあげたいと思います。

自分の心の中に大輔さんの次の飛躍を期待しています。寂しさと同時にルールの縛りから解放された大輔さんがこれから何を見せてくれるのかわくわくもしています。

寂しさはmiriyunさんのブログで癒されます。大輔さんを囲む人々の暖かい思いで寂しい心が癒されます。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by miriyun at 2015-04-09 06:34
windyさん、いよいよ大輔さんの渡米直前となりましたね。
思いのたけをすべて込めて滑ってくれたのが伝わってきます。、この場所以外でアピールもしないチャリティー、続けることに意味があると・・・。大輔さんらしい。賢二先生や大輔さんの思いは深いですねえ。
だまっていても、メディアの方がたくさん寄ってきているようです。
Commented by えるだーおばば at 2015-04-10 22:28 x
こんばんわ、おばばです。
そうですか、もう、行ってしまうんですねアメリカへ。
今年の世界選手権、あるブロガーさんが書いておられましたよ、彼の引退の件はそうなんだろう、とその時は軽く受け止めていたけど、いざ、選手権が始って、終わってみると、君のいないのがとても寂しい、と。
私も全く、同じ心境でした。
大輔君よりはるかに技術的に上手い選手はいますけど、あの観ている者を惹きつけてやまない、オーラーのある選手がいないんですねえ。本当に寂しい選手権でした、頑張っている選手の方々には悪いですが。
Commented by miriyun at 2015-04-14 05:15
えるだーおばばさま、発起人の一人としてはじめ、中心となっていたチャリティー演技会を日本でのしめくくりにして、どこもかしこもけじめをつけ、ファンへの置手紙的な作品にもでて、ブルーレイを残しさっていくのですね。
 あれだけの作品を積み重ねてきた大輔さんのいないことをこれから本格的に味わうときがやってきます。想像しただけで喪失感が半端でないですね。
 しかし、いったん日本を離れて思いっきり別の世界を感じ、取り込んだうえで、また日本に帰ってきてくれることを祈っています。


<< アラビア書道*2015ロビー展開催      江ノ電が行く >>