Turn Off the Lightの曲想に入り込むAOI(2)…高橋大輔

曲想に入り込む  
 大輔さんのプログラムを見ていると、いつも回をこなすほどの進化ぶりに舌を巻く。
アートオンアイスでの新作は「Turn Off the Light」。

 ネリー・ファータドが謳いあげるんだが、なに?この曲に合わせて滑るのってとんでもなく難しい!
アートオンアイスはアーティストとその歌が決まると、これは誰、あれは誰にとか割り振るという。大輔さんは音とりの名手だからって決められたのだろうが、これは難しい!

実際、初日緊張していたからだろうが表情も固くて、動きもぎこちなかった。お疲れもあるだろうが、まだ音に身体が馴染んでいない感じがした。
 でも、大輔さんはそのままで終わらすことは絶対ないので、徐々に合わせてくるだろうとおもっていた。



c0067690_732236.jpg


c0067690_19295481.jpg

しかし、チューリッヒでの公演の間にもうこの表情!
 
  ワルイ顔の男
     肩と腰で語る男
(ホワイトクリスマスを滑ったときのあの人には絶対見えない)      

c0067690_731775.jpg

爽やかさも自然と出ちゃうけど・・・。
          その変化と対比がおもしろい。


*すごく大輔さんらしいポイントで撮影しているお写真は、AOIのこちらに!
その一部をお借りします。
http://www.geoffpegler.com/Sports/Figure-Skating/ArtOnIce-2015/i-W2k9fm8


c0067690_73693.jpg

 そんなに跳んで膝への衝撃は大丈夫?と思ってしまいそうな高いジャンプがXmasからではじめている。
でもジャンプというより、プログラムをダイスケ風にしてきたことが何より・・・。

     このターンオフザライトという曲を
          彼が奏で始めたということに快哉をあげた。



                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
by miriyun | 2015-02-10 07:05 | Comments(6)
Commented by windy at 2015-02-10 20:50 x
miriyunさん、こんにちは。チューリッヒで観てきました。おっしゃる通り初日は疲れが出たようですが、回を重ねるごとに素晴らしい演技になりました。8日の夜はすべて素晴らしいものでした。ブエノスアイレスは今まで見たことがない男っぽさがでていました。Turn off the Lightではダンサーでした。こんな動きはやはり大輔さんしかできないと思います。さらに進化してあっと驚くような動きになる予感がします。今まで見たことがないような氷上のモダンバレエダンサーが誕生するような気がします。
Commented by miriyun at 2015-02-11 11:33
windyさん、
スイスでご覧に慣れたのは素敵ですね。
詳しい様子をありがとうございます。
回を重ねるごとに常に進化&深化していく大輔さん、
見ずにはいられない・・・そういう気持ちにさせられてしまいますよね。
これからも、語学留学中も滑る楽しさは忘れずにいてほしいですね。
Commented by なごやん at 2015-02-11 11:38 x
こんにちはmiriyunさん(^^)/
さっそくのリポートありがとうございます。テレビで見られないのが残念です。
大輔さんがプロになって初めて出演したXOIをTVで見たとき、心の底から湧いてきた言葉が「大ちゃん、すごい!!」でした。現役のときとは全く違う、魅せることに徹するプロとはこういうスケートをするのかと、正直驚きました。
一度切れた靭帯は元に戻ることはなく、4回転を飛ぶには跳躍力が足りず苦しい思いをしましたね。試合ではジャンプは大切な要素ですし、そこに魅力を感じている人には物足りなかったかもしれませんね。
ですが私は、かつて日本の選手たちが技術ではなく音楽との調和や表現といった感性の部分で苦労した時代を長く見てきたので、大輔さんがどれ程稀有な存在かよく解ります。大輔さんは世界基準なのでしょう。
これからが楽しみです。
Commented by きっしー at 2015-02-11 21:35 x
いつも読ませていただいてます。
ほんとに初日は表情も硬く、ジャンプもミスが多くて心配しました。ヨーロッパに日本人一人という完全アウェイ状態。おまけにみんな背が高くて体格も良くて、きっと幼く見えてしまって気後れするだろうなあ、、、。女性とのダンスもただでさえ慣れてないのに、あんなに過激な振り付け!それでもあっという間に進化してドヤ顔まで出てきましたね。さすが大輔さん!きっと大きな自信になることでしょう。嬉しいですね。
Commented by miriyun at 2015-02-15 10:11
なごやんさん、
心から同意いたします。
かって、欧米選手に体型負けしているし、海外の選手ばかりが雑誌の表紙を飾り、日本選手は技術はあるんだけどやはりかたいよね・・・なんてずっとず~っと、言われてましたね。
 仕方がないのかと思っていたけれど、大輔さんはそうは思っていなかったですね。技術を磨き新しいものに挑戦し続け観客に視線を送り、一体となって進めるうちにどれだけ世界を魅了することになったのか。今回の公演だけでもこの人の常に前へと進んでいく姿が感動をもたらしました。
 本当にこの人を応援できるって幸せです。
Commented by miriyun at 2015-02-15 10:20
きっしーさん、
今回のショーでヨーロッパタイプと北米タイプのショーの違いが分かりました。
 このすべての一体感、ぞくぞくしますね。
もうTOLやManeaterの曲が頭の中を渦巻いています。
 慣れないところでいつも遠慮がちに始まる大輔さん、公演を重ねるたびに大きく鋭くドヤ顔も出て、ネリーさんとの歌と演技のやり取りが情熱的になっていくのもすごいなあと感嘆していました。
 これからもどこにいても輝いていく人だと思いました。


<< AOI(3)ローザンヌ02.1... AOI(1)Maneater…... >>