写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 01月 06日

トップアスリートの挑戦(2)…高橋大輔

1.要素課題の続きから  
④スパイラル
 大輔さんは競技にふだんスパイラルを入れない。フィナーレなどでは演出に合わせて入れることがあるがふだんは入れない。しかし、ここでの課題は「鏡餅を完成させる。
c0067690_18591574.jpg



⑤ジャンプ。 さいごのクジは「ジャンプをしながらくす玉を割る」となる
3mの高さから下がるくすだまをわるということで取っ手をジャンプしながら引くというもの。
c0067690_194212.jpg


c0067690_19153792.jpg

アクセルジャンプでと条件が付いているので飛び上がりながら取っ手を引く。
「絶対離さへんと思って」
大輔さんは関東へ来ると、標準語、関西では関西弁、岡山に戻ると岡山弁となるのだが、この挑戦系をやると自然な関西弁になるね!

こうして5つの課題のうちネクタイステップ以外をクリアしたが、ステップそのものはすごかったので、ネクタイが表を向いていなかったのはくやしそう。

2.エッジ捌きで魅せるひつじ書初め 
これこそは、大輔さんならではの真骨頂。
  幅がずんずん狭くなり、角を曲がるコントロールのためスピードを殺す。すると一枚刃のスケート靴は立っていることがそもそもできない。それをバランスと、片足でのコントロールとケンケンで飛ぶことによるわずかな推進力で進みながら 『 ひ   つ   じ 』 のひらがな型の障害物が並んでいるところを通り過ぎていき、最後に両手に持ったみかんを『 じ 』の点代わりにおく。この課題を3回目でクリアして、満面の笑み。
 何事も真正面から取り組む。失敗するけど、2回目、3回目と進むほどに前のミスのある点を修正して、同じ失敗はしない。これがアスリートの修正力なのか~!

*動画で確認。動画主様、お借りします!h

◆D1sk SHOW GUTS SPORTS 2015  2


高橋大輔さんという華がある人が、真剣に挑戦し、フィギュアスケートの技術の粋をこれでもかと見せてくれる。しかも心地のよい声と笑顔つきで・・・、堪能させてもらった。

                        

                               一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2015-01-06 19:34 | Comments(4)
Commented by miyabiflower at 2015-01-06 23:12
明けましておめでとうございます。
動画、↓も一緒にたっぷり楽しませていただきました。
いつもmiriyunさんの大輔さん応援記事では心から共感しています。
今年も楽しみにお伺いしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by miriyun at 2015-01-08 03:40
miyabiflowerさん、新年おめでとうございます。
共感していただけるところがあるとうれしいです。やさしいタッチの花の写真も撮ってみたいと思いました。
本年もよろしくお願い致します。
Commented by prin at 2015-01-17 15:59 x
これ面白かったですね~!!もう何度リピしたか分かりません(笑)
笑えるお題ながらに、大輔さんの技術と修正能力の高さがしっかり出ていて、中々の番組でした。
「難しいのに難しそうにやらない」と番組中でコメントしてくれたのも嬉しかったですね。

どのお題も見どころ満載で、大笑いして観てました。また合間の関西弁でのトークが良かったですね!
こんなに喋るの上手だったっけ?と思ってしまいました(^^ゞ

最後に自分の事ではなく「フィギュアスケートをよろしくお願いします」と言うところが、大輔さんらしいですよね。
Commented by miriyun at 2015-01-20 01:41
prinさん、こういう挑戦系、いいですね!
やはりスケート一直線の方なのでスケート関係では燃えてきます。こんなお題でも集中して、どんどんとクリアしていってしまう。その背景の確かな技術と笑顔と人柄、堪能しました~!


<< ブレなき高橋大輔      トップアスリートの挑戦(1)…... >>