写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 29日

歌舞伎Face Packの話

1.日本の土産品人気 
 円安とともに海外からの観光客が劇的に増えている。それに伴って、だいぶ日本ならではの土産品に人気が出ているとのことだ。電気製品が人気があるのは定番なので、今回はそれ以外のものについて。お菓子の出来の良さ、種類の多さだけでも大したものなので、以前より興味を持つ人が増えている。アメリカ大統領が大好きな抹茶味はもちろん土産品の定番になっている市、最近ではわさび味のお菓子まで海外に持って帰るそうだ。

 そんなことをふと考えたのは、実は昨日、某講座の集まりの定例クリスマス会(今年は過ぎているので忘年会)があって、講師の先生があちらこちらを歩かれた時に買い集めてきたお菓子が並んだ。かじると砂糖菓子や小物が登場するお菓子。大阪ならではのユーモア商品、白い恋人ならぬ「面白い恋人」などは命名上の傑作だと思うし、お話と共に味わいたいのは岡山のきびだんごであるし、何しろこれは何でしょうねと楽しく語らいながらいただく。

 そうしているうちに恒例のプレゼント交換があり、そこで当たったものに目が奪われた。
c0067690_1343627.jpg


2.歌舞伎フェイスパック 
 これは歌舞伎に使われる隈取りをパックに印刷したものである。隈取りとは、歌舞伎ならではのメイク法で、役者の性格や人柄を一目でわかるように表現したものであるという。
 顔の血管の盛り上がりや筋肉の動きを、色の筋をつけることで強調させている。これほしかったのだ。一時、人気で品薄とか言われていたのが、運命のごとく19分の一の確率で私の手元にきた。
 

 隈取りにはいろいろな種類があるのだが、市川染め五郎が監修したもので、赤い隈取りは演目「暫(しばらく)」に登場する鎌倉源五郎景政の隈取りで、青いのは「船弁慶」に出てくる平の知盛の霊の隈取りである。
c0067690_1351938.jpg

 Tokyo Midtown Awardというコンペティションがある。
明日を担うクリエイター発掘のために「日本の新しいお土産」というデザインコンペ(2008年)で小島梢が受賞した作品である。これに専門家の市川染五郎が歌舞伎にしかない摩訶不思議な世界へきちんとした解説でいざなってくれるというものになったのである。
c0067690_1355280.jpg

この方は?
これは実にユニークであり、それでいて日本の伝統文化に親しみながらパックし、ついでに今の写真を撮ってはすぐにアップするという風潮にピッタリの素晴らしいお土産である。


      鼻は自前の方がかっこいいので、とり直し!

c0067690_137012.jpg

   わが娘のトトロ君に登場してもらった。
      トトロが青隈取りでちょっと怖い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
なお、既出ですが、こちらにも・・・、

スケーターのインスタグラムに載せあって楽しんでいた様子はこちら↓
くまどり3兄弟
全員世界チャンピオンの歌舞伎フェースパック、目がみな素晴らしい。
   
   怖い隈取りが可愛くなっているのはだれ・・・?

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-12-29 13:09 | Comments(8)
Commented by jasmine-boo at 2014-12-29 16:26
おもしろーい!
すごいアイデア商品ですね。

かなり前ですが、海外で暮らしていたときに、子供が通う日本人学校に地元のインターの演劇部の生徒さんが歌舞伎をやるので見てほしい、と来てくれたことがありました。
でも、歌舞伎を知らない私が言うのもなんですが、英訳したセリフをすごみのある口調でいうのはすごかったのですが、衣装がお土産屋さんでよく見かけるサテン生地のガウンのような着物で、メイクもなんだか、(舞妓さんのような?!)ただの白塗りで・・・・・・。
このマスクがあったら、絶対雰囲気出せたのに!
Commented by chai at 2014-12-30 14:40 x
あはは、面白いですね。
パックが出来て、日本文化が味わえてと1枚で2度楽しめますね。

今年もmiriyun さんのブログで楽しませていただきました。
私は、明日からリフレッシュでちょこっと出かけてきます。

来年もブログを楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。
Commented by 霧のまち at 2014-12-30 18:25 x
なるほどですね~。安価で嵩張らないし いい土産になるかもです。 私たち日本人が思いもかけない物が土産品として売れているようですね。 ランドセルを成人が使うなど。
100円ショップやスーパーにもお宝満載だそうですよ。
障子紙なども売れているそうです。
Commented by petapeta_adeliae at 2014-12-30 21:24
このマスクは美容液は別なのでしょうか?

マスクは明記されている時間以上の装着はダメです。
それは美容液が逆戻りするそうです。
装着後に居眠りをしていまうとエステシャンに話したら
注意を受けました。^^;

今年もありがとうございました。
良いお年を。
Commented by miriyun at 2014-12-31 12:11
jasmineさん、まあ、素敵な経験ですね!
海外で歌舞伎をまねて演じた生徒さんの心意気はすごいですね。
 確かにこの歌舞伎フェイスパックがあったら大活躍だと思います。
Commented by miriyun at 2014-12-31 12:15
chaiさん、日本ならではのものが最近なかなか面白いものが出てきているので、ちょっとそんなことに気付くのも楽しいです。
 いろいろな場面でコメントをいただきありがとうございました。いつも嬉しく読ませていただいています。
 どこにおでかけでしょう、楽しんできてくださいね~。
Commented by miriyun at 2014-12-31 12:18
霧のまちさん、そう、ランドセルをおしゃれバッグにしているとか驚きですよね。
 いつも見慣れすぎていると、小学生のランドセルなんてと思っていましたが、そういえば色はカラフルになっている市、本革でつくりの頑丈さもどのバッグにも負けないし・・・。
視点を変えさせてくれることでした。このパックもそういう意味で楽しめる文化素材でした。
Commented by miriyun at 2014-12-31 12:22
ソーニャさん、このパックも他の市販物と同じように美容液にひたひたで、すぐにパックできるようになっています。ですからちょっと旅先でもすぐに出してやってみることが出来ますし、不思議とこれだと、写真を撮って人に見せたくなるようなので、コミュニケーションにもなりますね。
 今回の写真のは美容液がトトロにつかない工夫をして撮っています。
 今年もスローペースのブログにいつもコメントをありがとうございました。よいお年を!


<< やさしい気持ちで大真央コラボ…...      レッドサンタ!モロゾフ・・・高... >>