恩返し&『もんげー岡山』・・高橋大輔

1.恩返し⁈
 高橋大輔は引退して、何をしたいのか模索している。未来へ向かって思うところもあるようだ。
その反面、忙しく恩返しになるような仕事を選んでしている。なんだか、飛び立つ前に猛烈に恩返しをしないではいられないかのようだ。

 もともと、中学2年で歌子先生についた時から「ここまで来るのにいろいろな人の世話になってきている、ボクはどう恩返ししたらいいのでしょう」と言っていた。歌子先生は中学2年でこんなことを言う感性に驚き、また「いい成績を出すことで恩返しできるよ」と答えた。
 そして、10月の引退の日に、歌子先生は充分恩返しできたと思うよと述べている。



2.そういえば・・・Ryobi
ryobiという青白の両備グループの社名ロゴ入りボードの前で急遽会見というのも、大輔さん自身が両備に申し出られたことだったという。ロゴ入りボードというのはTV局名や大手のスポンサーがのせることのできる非常に名をアピールできるものだ。

両備グループと高橋大輔さんにはどんな縁があるのか。
両備グループ代表の小嶋光信氏の言葉の中にそれはあった。
「第一回スポーツ振興奨励大賞」は高橋大輔さんが受賞

 歌子先生の言葉の通り、昔から続けての恩に対して自分のできる範囲での恩返しできるよう精いっぱい気を配っているのだった。

3.故郷の岡山を中心としたTV局の公開録画にヘルスピアオープニング

情報追い切れないうちに次々と仕事をこなしているのだが、岡山だからこその意向が読み取れる。




そしてもう一つのテーマはこれからのフィギュアとこどもたち、フィギュア振興のために大阪の中学生にスケートを教えるという地道な仕事を選んでいる大輔さん。
 


そして・・・、

4.大丈夫?・・・・「モンゲー岡山」
あぁ、大輔さん、知事が感謝するほど、岡山に貢献しているよ。
岡山が全国に岡山をアピールするために立ち上げた特設サイトに、
大輔さん映像が、たまらなく魅力的。

c0067690_2315391.jpg

大丈夫?       。・゚・(ノД`)・゚・。 苦難を越えてきた人の言葉はなんてやさしいのだろう!

c0067690_23154692.jpg

ぼくは岡山で生まれた・・・
c0067690_23163625.jpg



c0067690_22503647.jpg

c0067690_2251570.jpg

最初のシーンといい、アングルが新鮮で、子どもからの目線になっているので、大輔さんの優しさを熟知した人による制作作品なのでは?と思う。
c0067690_22511791.jpg

このあと、小さな女の子と手をつないで滑っていく。ここで、最初の大丈夫からのつながりがわかる。
いい作りだ!!

◆もんげー岡山のサイト
http://monge-okayama.jp/


◆ニュースでは、岡山県知事が絶賛する様子も見られる。
c0067690_22533816.jpg

https://www.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=QmSm9BMlcyI&app=desktop


  大輔さんのこどもたちへのあたたかい目線も
        スケートへの純な思いも
             すべて飾らずそのままだから・・・

     ドキュメンタリー映画のように心にぐいぐい入ってくる

 恩返し・・・と思わず書いたが、そんな言葉で縛られる必要もなく、
大輔さんの心の欲求のおもむくままがこうだったと思うべきなのかもしれない。
 そして、また次の段階へ雄飛しはじめる時をファンもじっと待っている。


☆☆☆
ケーブル倉敷を見ていらっしゃる方、もし可能なら大みそかの3時間半の一端でも感想でも
       高橋大輔特集何らかの形で見させていただけませんか~、と空に向かって叫んでみた。
あぁ、倉敷市民になりたい!

                                                   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
by miriyun | 2014-12-19 23:24 | Comments(0)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun