写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 11月 29日

ダイス(2)&大輔

1.おめでとう!村上大介(2) 
 彼の喜びの表情に、感無量!
あの2年前の残念な思いを知っているだけに、心からのおめでとうを言いたい。
 SPで3位ばかりでなく、FSですべてのジャンプを完成させた。フィギュアスケートをすることの気持ちよい表情を出すこともできての勝利だった。信じられないという表情で喜んでいたが、持っている技術はもともとよかった(19歳でクワド2種類)し、意欲も高かった。

 なんだか、いつもと違うおかしな空気も背負っている大会だったけれど、村上君の笑顔で爽やかに終えてよかった~!
c0067690_1237289.jpg

 ヴォロノフ、演技にメリハリと貫禄がでてきた。無良くん、最終滑走のFPは緊張を持ったままの演技で固くなってしまったようだ。しかしこれも経験。人間だもの、優勝に一番近いと思ったら緊張するさ~!
先輩たちがそういうプレッシャーの中で戦ってきたことがわかったと言っていた。
 でも自分で分かっていての失敗だから納得しているみたい。
表彰台のダイス・ヴォロノフ・無良くん、みんないい笑顔で本当によかった。おめでとう!
(唯一、ジェレミーの点が彼の良さを表せていないことに驚いたが・・。) 


2.ダイスケ×2 
 NHK杯で、いい声で名前の呼び出しがある。
ダイスケ~、とはじまると高橋と脳内で勝手に再生が始まってしまうのだが、
いやいや違うから~、ゴメン、村上大介(ダイス)くんと脳内修正をする二日間だった。

◆村上大介は親の仕事の都合で幼いころからアメリカですごし、今もロス在住であるが、日本の選手である。

 そして、ニュージャージーでニコライ合宿の時、大輔さんと一緒の時代があった。
大輔さんは同じ名前であるダイスを弟分のようにかわいがってくれたという。

 初カラオケも連れて行ってくれたという。また、夜遅く帰ってきてから大輔さん得意のキーマカレーを野菜をみじん切りにして汗だくになって作って食べさせてくれた。そういえば若大輔さん、のカレー作りと煙探知機のベルがなって焦りまくっている動画もあったのを思い出す。

引退の報を聞いて、
「僕は大ちゃんみたいな最高にアーティスティックでかっこいい、
ハートの優しいスケーターになりたい」
です。
次に会った時に『ダイス、よく頑張ってるね!』と言ってもらえるように一生懸命頑張ります。大ちゃんのハッピーな毎日をお祈りします。」 こんな言葉を引退に際して発した村上大介だった。引退に際しての言葉はクワドラプルにたくさん載っていたが、後輩の中でとくに熱い想いがこもっていたのが、このダイスやショウマの声だった。
 あぁ、どこでも変わらぬ大輔さんの姿が浮かび上がってきたものだ。


◆今季のプログラムにもダイスケつながりがある。今シーズンのSPは「風とライオン」からの曲だったが、点数が伸びないことからフランク・キャロルコーチとの話し合いでボーカル入りの曲もいいし、曲を変えるなら今だという話になったという。
 その時、引退した大輔さんへのリスペクトの意味もあって大輔さんの使用したプログラムの「ロクサーヌ」にしたという。
 「僕にとって大ちゃんは昔から先輩というより、お兄さんという存在で昔からすごく優しくしてもらったてたんです。引退を決めた大ちゃんへのリスペクトの気持ちを僕なりにあらわしたいと思って、きめました。」 (Quadruple2015より引用)

 ロクサーヌの振付けはジョナサン・カサーに頼んだという。どこかで聞いた名前だと思っていたが、大輔さんとのことをかいていておもいだした。大輔さんが「道化師」を演じた2012-13のシーズンの選手権で、道化師を演じていたのがカサー選手だった。道化師はいいろいろな選手が演じてきているが、カサー選手は身体の傾きが尋常でないイーグルが特色の選手だったのを覚えている。ダイスの振付けをしてくれた人として名前が上がりやはり、フィギュアの世界は知った名前に出会うことが多い。。

 ダイスはさらにこのロクサーヌについて、ブラッシュアップして、NHK杯では自分のベストを更新したい。ノーミスを目指して、NHK杯まで頑張って練習していきたい。このプログラムで80点に届きたい。あと、かっこいいと言われたいと熱い想いを語る。とてもこの曲が気に入り、気持ちが入っているということだ。

 〇そしてNHK杯SP
  自己ベスト更新・・・SPだけど 9点も更新!
  ジャンプはノーミス クワドサルコウ
  80点まであとわずか・・・79.68点(四捨五入でピッタリ80点だよ!)
  かっこよかった

〇FS
4S、4S+2を含めてすべての要素をノーミス。クワドサルコウSP・FS合わせて日本人初の3つ成功おめでとう!
  もちろん自己ベスト更新どころか、166.39の高得点。
  落ち着いて滑っていたし、見ていて心地よかった。
  
僕の演技を大ちゃんが見たときに,
「いいじゃん」って褒めてくれたら、すごくうれしいんですけど。


  

ダイス!
 大輔さんは絶対褒めてくれるよ~!

~~~~~~~~~~~~~~~~~
大輔さん!
 あなたが牽引し続けた美しいフィギュアの世界で、
 あなたが優しく接してきた後輩たちが動き始めている。

あなたの困難に立ち向かう背中、
 どんな時にも美しい立ち居振る舞いと心
   選手としてリスペクトされ、
   先輩として友人として人間として愛されてきた。

きっとあなたは、「ぼくは何もしていないですよ・・・」というのでしょうが、
そんなあなたを意識している後輩たちがどれほどいることか・・・・。

   
                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2014-11-29 23:30 | Comments(11)
Commented by なごやん at 2014-11-30 01:10 x
村上大介君、すっばらしかったですね!! BSと総合で見ていたのでSP・FSともしっかり見ることができました(^^)v 無良君はちょっと残念でした。でも自国開催、SP1位で挑む最終滑走、4位以内で初のファイナル進出、というとんでもないプレッシャーは初めてでしょう。この経験を次に生かせるようにガンバッて!!

以前大輔さんが「真央ちゃんには勝てない」と言ってましたが、いえいえ十分勝ってますよって思います。
羽生君の存在は大きいけど、そこには町田君がいて無良君がいて深みの増した小塚君がいて、若い刑事君宇野君がいて今また村上君が…
人気と厚みのある選手層 ・・・大輔さんが目指してたものですよね。女子の人気を越えたと思います。素晴らしいヽ(^○^)ノ 皆大輔さんの背中を見、追いかけてきた選手ですよ。

マスコミの扱いにはまぁ色々思うところはあります。
昨シーズンのチャンピオンが出るかどうかで、視聴率や観客動員数が変わることはあると思うので偏りがでるのは分かりますが、赤スーツ大輔さんが言うように「出るということは大丈夫」なのだから、あまり押し付けがましくされてもねぇ って感じました。
ただ羽生君自身は、なんだかつきものが落ちたようないい顔をしていたので安心しました。

ファイナルが楽しみですねぇ~(*^ー^)ノ♪

Commented by prin at 2014-11-30 14:30 x
記事を読んで、思わず泣きそうになりました・・・。
その人の生きる姿勢は、自分で思う以上に周囲の人はよく見ているものですよね。
今発売されているファンブックも読みましたが、大輔さんへ宛てた多くのスケーターのメッセージがどれも温かくて、昌磨くんのメッセージなんて立ち読みしながら涙ぐみそうになりました(笑)

大輔さんがここまで多くの人に愛され、長年絶対的なエースであり続けたのは、実績だけではなく、トップアスリートとしての人間的資質を持っていたことと、闘う姿勢が素晴らしかったからだと思います。人の心を動かすのは成績や点数ではないですよね。

正直、今後のフィギュアスケートはどんな方向に行くのかと不安に感じる事もありますが、大輔さんの背中を見ながら成長している若手を見ると、素直に応援したくなりますね。
Commented by hinagesi-k at 2014-12-01 12:58
NHK杯の結果でファイナルに出る日本選手が3人と知り厚くなった層の深さに驚きました。
今日の記事を読み和やかな雰囲気が伝わってきます。
年かさの者は知り得た知識を次の世代に伝える事が仕事だと言っていた職人さんを知っていますが、そうですね。
Commented by windy at 2014-12-01 17:51 x
こんにちは、miriyunさん。私もジェレミーのアダージョにうっとりです。本田さんがこれはジェレミーにしか滑れないと言ってましたが、私はつい大輔さんのアダージョを見たいと思ってしまいました。ジェレミーのようなスケーターにPCSが???であることが、これからはアイスショーで見たい演技を見るという傾向になるかなと思っています。今回のNHK杯は、引退発表時にNHK刈谷さんが言っていたことが的中しましたね。大輔さんの背中を見てきた後輩たちがどんどん成長してくれると思います。メディアは、うんざりしている人たちが多くなっていることに早く気づいてほしいものです。
Commented at 2014-12-01 17:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2014-12-03 05:00
なごやんさん、村上君の2年前もかなり期待していたのですが、脱臼ということで非常に残念に思っていただけに今回の快挙は最高でした。
 これによって、この競技の爽やかさがわずかに取り戻せた気分です。
 大輔さんは男子フィギュアの隆盛を願い、世界的に例のない演じ方で人を魅了し、男子フィギュアの後輩も育てたし女史に負けない人気の競技にしたことを誇りに思ってほしいですね。
Commented by miriyun at 2014-12-03 05:08
prinさん、大輔さんは演技でも人としての行動でも姿勢を示し続けました。
 その誠意とパッションがつくりあげた男子への人気、一朝一夕でできるものではなかったのです。へんなあおり放映でこの大事な競技を壊さないで淡々とやってと言いたくなります。
大輔さんの思いが引き継がれていってほしいものです。
Commented by miriyun at 2014-12-03 05:20
谷間のゆりさん、GPFへの出場というのはみなの憧れであったことでしょう。
男子は次々と現れる才能があるので、これからも楽しみです。
人に伝える・・・スロー発信ですが、私も自分ができることで伝え続け達けられたらと思っています。
Commented by miriyun at 2014-12-03 05:23
windyさん、ジェレミーの演技、美しいですよね。うっとりと見ていました。
大輔さんの後輩のいい育ち具合を見て、
大輔さんの成し遂げてきたことをまた振り返っています。
呟きの方もありがとうございます。私もその一言が気になっていたところです。
Commented by リコ at 2014-12-04 08:06 x
ずっと読ませていただいていました。書くのははじめてだと思います、よろしくお願いします。書かれる文章や言葉が素敵であったかくって、いつも私の思っていることを書いてくださっています。それから、私もお花が大好き、四季の移ろいも大好きなので、いつも楽しみにしています。今回のNHK杯、ダイスの優勝、そして日本の男子選手の大輔マインドの継承本当に大輔くんはいないけれど、存在を感じる大会でした。が、大輔くんあこがれ、リスペクトしている選手なのに、大輔くんの名前を言わなかったり(まわりのフォローに救われましたが)なんか、一人のスターづくりに躍起になっている雰囲気にはとても違和感を感じましたが。大輔くんは2002年の高校生の大輔くんを
NHKでみたのが最初で、今年まではブログや雑誌、DVDなどは買っていなくて、最後の年として見つめようと去年ぐらいからブログなどにお邪魔するようになったんですが、本当に知ればしるほど、彼は謙虚で純粋で、誠実で不器用ででも自分のものさしはちゃんと持っている人だと思います。

ダイスは大輔くんが可愛がっていた選手で雑誌のダイスの思いを読んでから観たNHK杯の演技だったので、髪型まで大輔リスペクトでかわいいかったですが、2012年の事をテレビで見たのでよかったと思います。伏兵3Мすべてが活躍してくれて、
ダイスに日本で頑張りなさいと背中を押したのは真央ちゃんの亡きお母様なんですよね。

はじめてのところでしゃべりすぎました。本当にこれからも読ませていただきます。ありがとうございました。
Commented by miriyun at 2014-12-07 12:38
リコさん、ようこそ!
大輔さんと四季の花で共通の関心がある方からのコメント、とても嬉しく読ませていただきました。
 お返事が週末になることの多いスローペースで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。
 日本のメディア、なんだか変ですよね~!
おかしい状態が普通と思って今の若いマスコミ関係者は育っていてしまうのでしょうか。
 敬意を以てしっかりと調べた内容で話せば自然とその競技への関心が高まってきますのにね。あおられると醒めるものです。
 2002年に見ておられたのですね。それはレア大輔さんですね。
あれからひたすら競技に打ち込み、それでいてギスギスせず、
おだやかな温かい人柄のままで
世界中で讃えられるスケーターになったというのが
まるで奇跡のような物語です。
ダイスはあのまっすぐで明るい眼差しで大ちゃんを見つめてきての今回の快挙、うれしいですね。
 


<< コウテイダリア(2)      NHK杯雑感&村上大介(1) >>