秋色3

1.黄色

c0067690_12211281.jpg

光則寺。金柑が山門にかかるかのように実っている。
c0067690_12213632.jpg

おいしそうに実っていたので、思わず砂糖煮の姿まで想像してしまったよ。

c0067690_12215178.jpg

モミジは、緑から赤に至るまでのデリケートな黄色に染まった姿を見せてくれている。黄色の色(カロチノイド系キサントフィル)は若葉のころから葉に含まれているが、秋にクロロフィルが分解されてしまうことで、もとからの黄色が徐々に見えてくる。それが、このデリケートな色変化の正体だ。 


2.オオモミジの色変化 
◆夏のオオモミジ↓
c0067690_1222737.jpg

 大ぶりの葉に、若緑とピンクと赤の世界。
緑の清々しい葉はクロロフィル(葉緑素)が活発に光合成をしている。
ピンクのプロペラ型の種がこれから飛んでいく。カエデ科の種はみなこうしたプロペラ型で、風にのれば100mも飛ぶ。


◆秋のオオモミジ↓
c0067690_12223422.jpg

 11月中旬には紅葉しはじめる。普通のモミジは黄色であるのに、オオモミジの葉は濃い緑から黄色・真紅まで混ざり鮮やかな着物を見るよう・・・。

 赤の色素(アントシアン)は緑の葉の中には存在しない。
秋に葉に蓄積した糖類、そこに気温・水蒸気なの条件によって酵素が発現していくことによって赤や褐色の色の違いが出てくるという。
 オオモミジは、温度変化が大きく作用したのか、葉の位置により色が複雑に出現して極彩色になっていた。

   一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
Commented by 霧のまち at 2014-11-24 18:38 x
自然の色彩は何と素晴らしいのかと 最近とみに感じます。
モミジのプロペラのタネ、美しいですね~。
なかなかカメラで捉えられないと思いますが、よくキャッチされましたね。
日本人はこう言った自然にとても興味を示します。そんな日本に生まれてよかったとつくづく思います。
Commented by miriyun at 2014-11-25 04:58
霧のまちさん、日本という国は、季節という観点からその変化を見ただけでもなんて美しいのだろうと思うのです。
見逃せないものがたくさんあり、色彩と共にこれからも見ていきたいなと思っています。
Commented by petapeta_adeliae at 2014-11-25 12:57
この金柑は無農薬なのにこんなにつやつやしているんですね。
こんなにたわわに成っていると木の下で帽子もって
受け止めてたいですね。^^

>ピンクのプロペラ型の種がこれから飛んでいく
全く関係のない木から伸びて絡まっているかの様ですね。
ちょっと食虫植物の様でもあり、不思議です。
Commented by miriyun at 2014-11-26 08:48
ソーニャさん、モミジのプロペラ種、色も綺麗なので見ていると楽しいです。
モミジの地味な花を見つけるのも、
プロペラ種も若葉も紅葉??も、み〜んな好きです。
by miriyun | 2014-11-23 12:25 | Comments(4)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun