最初の一歩…高橋大輔

大輔さんらしいなぁ
 現役引退後、高橋大輔さんはそのスタートを何から始めるのかと思った。バラエティでも、海外でも呼ばれまくるだろうとは思っていた。
  12月のX'masは新横浜、1月のSOIで大阪・東京、2月のAOIはチューリッヒ・ローザンヌ・ダボスと出演が決まっている。プロスケーター高橋大輔さんという呼び名に慣れていかなければ。

 そうしているうちに、大阪で中学生へのスケート指導が大々的に計画され、5000人に及ぶ中学生にコーチをという依頼があり、長光先生や本田先生に声がかかる。長光先生といえば高橋大輔ということなのだろうが、やはり、大輔さん、3か月は氷にのらず休養と言っていたが、中学生指導にやってきて、スピンの模範演技にさらに2年生をひとりで担当となって指導していた。

 いや~、中学生にスポーツ教室で200人の生徒であるのに、普通はほとんどいないはずの客席の保護者の来ている率が高いんじゃないかい・・・と笑えた。(内心、うらやま~)
c0067690_13133498.jpg

c0067690_13142182.jpg

 それにしても、世界の高橋大輔、二度と現れないスケートとアートの融合したるもの、彼に教わる中学生って、すごすぎる。
 中学生が、大輔さんのことを、「キラキラしていた」という。感じるんだね、だれでも。
「ファンになった。」「ファンやろ」「優しかった」「ジェントルマンだった」とも。
 
◆動画をお借りします。

2014-11-20 グッモ○2 髙橋先生 投稿者 syuri591984
中学生の声多い。大輔さん、本当にフィギュアスケートの先行きを案じ、スケートに出来るだけ多くの人が親しんでリンクに来てくれることを願っているのだということが伝わってきた。

11-20-%E3%82%B0%E3%83%83%E3%83%A2-2-%E9%AB%99%E6%A9%8B%E5%85%88%E7%94%9F_sport

◆さらに中学生の声
http://www.dailymotion.com/video/x2akk2v_141119-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%83%BC-%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%A4%A7%E8%BC%94-%E7%94%BB%E9%9D%A2%E6%92%AE%E3%82%8A_webcam


これは絶対スケート愛好者がふえて、リンク稼働率も良くなるでしょ!
「惚れました!」という声まででて、大輔ファンも増殖中!ww


2.揺るぎなき存在 

 十代のころから、全くブレのない大輔さんの言葉を聞いてきた。
当時は舌足らずの話し方で、今の落ち着いた話し方とは違っていたが、話している内容は芯が通っている。
 この人は自分が弱い弱いと言いながら、
     他の人には達成できないことを地道に積み上げてきた。
       たとえそれが遠い道であってもいとわずにやってきた。


*言葉には伝わる過程での危うさもある。
  言葉はつくられる。
    言葉は真似られる。
      言葉は曲げられる。
      (例*今回の中学生指導の時のインタビューで、大輔さんが使わない言葉を勝手に載せたスポーツ紙があったり・・・、某関係者の話とか、某テレビ局スポーツ担当者談とかをもっともらしく書いてしまう記者とか、あれほど丁寧にメディア対応を誠実にしてきた人に対して礼を失する質問をするとか、枚挙にいとまがない。)


本人の言葉は筋が通っていて、言葉を選んで自分らしく語っていても、
  言葉は人によって勝手に変形されたり、捻じ曲げられたりもする。     

だから、他人から聞いた言葉の一端だけでは何もわからない。
信頼に足る名前を明らかにした人の言葉や
利害のない、例えば今回の中学生たちの言葉が集まって見えてくる人柄こそが本物。


そして、行動は曲げられない。
   やってきたことは捻じ曲げられない。
       ひっそりと目立つことなくやっていても見る人は見ている。

  臨スポの存続活動、倉敷の現ヘルスピア存続へのかかわり、
  震災チャリティ演技会の4年もの継続、小さなこどもたちへの指導教室・・


◆メディアが来る来ないにかかわらず、
 黙々と行動を進めていく大輔さんの姿に、人間としての格が違うと感じさせられる。
       まだ、28歳だというのに・・・。

◆彼は子どものように濁りのない透き通った目で人を見つめる。
       もう、28歳だというのに・・・。

        自然な微笑みと共に彼のスケートへの愛に周囲もやさしい笑顔でいっぱいになる。

うん!選手でもプロスケーターでも
           高橋大輔は揺るぎなき高橋大輔だ。


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
by miriyun | 2014-11-22 13:19 | Comments(9)
Commented by キク at 2014-11-22 16:27 x
私も色んなニュースを見ながら、大ちゃんの顔、子どもの頃に戻ってるなあ!って思いました。スケート好きなんだよねって。幸せな気持ちになりました。世界選手権でキャスターなんて話が出てるけど、リポーターやゲスト位はあっても、それはないかな?私は、スポーツに関係する特番(大ちゃんの能力を見せつける系)なら少し出てほしいな!と思ってます。
Commented by えるだーおばば at 2014-11-22 18:12 x
こんにちは、おばばも大輔君の映像をみて、存在感が違うなあと再認識しました。
やっぱり、画面から目が離せませんでしたね。
決して自意識してない筈なのに、オーラーが飛びちってました。
先日、車を運転しながら珍しくカーラジオを付けましたところ、ピアノ演奏が流れ、「月光」のメロディーが。
途端におばばの脳が反応、大輔君の「月光」がクルクルとリンクの演技が目の前に再現、あの青い衣装が舞ってましたわ。
恐るべし、大輔君。
Commented by windy at 2014-11-23 10:54 x
こんにちは、miriyunさん。素晴らしいスタートですね。こういう姿勢が演技にもでてくるのでしょうね。このところ、凛として美しいスケートが見たいとずっと思っていました。氷上の大輔さんのスケートを見てすがすがしさを感じました。Cristmas on Iceが待ちきれません。
Commented by windy at 2014-11-23 10:57 x
Christmas hが抜けてました。済みません。
Commented by miriyun at 2014-11-23 13:41
キクさん、声が落ち着いて聞きやすいし、いろいろな場面ますますよばれているようですね。気配りし過ぎて選手のことは言いにくいと思いますが、どんな分野で活躍するのか楽しみですね。フリートークが楽しいという面もありますが、スケートの可能性を伸ばすことを中心に活躍していってくれるとうれしいです。
 
Commented by miriyun at 2014-11-23 13:44
えるだーおばばさま、存在感・・・それです!
本人が目立たないようにしていても存在感がありますよね。スケートに絶対的な彼の世界を作り上げた人ですので、私も曲を聴くと、大輔さんの演技が勝手に脳内で動きはじめます。
Commented by miriyun at 2014-11-23 14:10
windyさん、一つのプログラムとして胸に迫ってくる大輔さんの演技が見られないのが、こんなにも寂しいということを改めて感じています。
せめてXmas on Iceでと、勇んで申込んでいたのですが全滅に次ぐ全滅で気持ちがガクンと落ちたままです。大ちゃん影響力思った以上です!
Commented by prin at 2014-11-23 14:34 x
大輔先生に教わった中学生、いいな~。うらやましすぎます(笑)
ソチOP後、初めて氷上に現れたのが東日本チャリティ、引退会見は地元岡山、そして引退後のスタートが中学生へのスケート指導と、本当に大輔さんらしいですね。
変に恰好つけることなく、本当に大事にすべきものを大事にする方なんだなあと思います。

今の大輔さんは、とても良い顔をされてますよね(イケメンというだけでなく。いやイケメン度数も上昇の一途ですが(笑))
人間誰しも生き方が顔に表れるものだと思うのですが、過去動画などを見ていると、大輔さんの顔つきがどんどん変わっていくことに今さらながら驚きます。20代の内に、本当に密度の濃い経験をなさってきたのですね。そして、どんな辛い経験であっても糧としてきたその生き方が、今の大輔さんの良い顔を作ってきたのだと思います。
でもたまには、28歳男子とは思えないカワイイ姿も見たいですね~(笑)
Commented by miriyun at 2014-11-24 09:46
prinさん、ようこそ。
2008年のケガの後から、深まる内面と共に顔つきが変わっていきましたよね。やさしさはそのままなのですが、スケートへの思い入れと生き方において深まっていく様子をみさせていただきました。
 自分がのほほんと過ごしていたような年に、なんという深まりを見せるのかと驚嘆しました。オンアイスとオフアイスでの違い・ギャップが楽しかったですが、今思うと、オンアイスでの自分への厳しさと入れ込みようを普段の生活でも続けていたらそれこそ心身ともにまいってしまいますよね。
大輔さんなりのバランスの取れ方だったような気がします。


<< 秋色3 ビロードのなめらかさ*黒光 >>