D&ナナナの話・・・高橋大輔

1.ナナナの話
 TV東京でジャパンオープンを見ていた。   
日本チーム・北米チーム・ヨーロッパチームがそれぞれ4人ずつでて、フリープログラムを滑ってその得点の合計点で競うシニア最初の試合。
でも、書きたいのはJO報告ではなくてバナナの話なのでご承知おきくだされ。
c0067690_1532114.jpg

 キスクラの様子が出てくると、時にバナナのぬいぐるみを掲げる選手もいて昨年のことを思い出してしまう。

①テレビ東京キャラクター
 ジャパンオープンの放映権はTV東京であり、テレビ東京のキャラクターがバナナだ。いや、もう名前は昨年公募で決まって『ナナナ』となったという。
 なぜ、ナナナなのか?ナナナのサイトにはプロフィールが次のようにのっている。
<名前> ナナナ
<性格>スベっても気にしない、マイペースなバナナだが、おもしろそうなことには、かなりやる気を見せる。
<趣味>床に寝そべっていろんな人をスベらそうとすること。
<落ち着く場所>マイバナナスタンド
<「7ポーズ」の秘密>テレビ東京をPRするために徹夜で考えたキメポーズ。(普段は直立だが、あえて腕の上の肩と思しきところから90度左に曲げるポーズ。そうするとTV東京のチャンネルを表す「 7 」になる。)
<誕生ストーリー>もともとは、テレビ東京の社食ランチメニュー(Bセット)についていたデザート。
食べられる寸前、危機意識がマックスになりバナナからキャラクターに進化した。その後、なんだかんだあり、居候のバナナ社員としてテレビ東京で働くことに。(テレビ東京ナナナサイトから引用)


 このバナナのナナナは2013年の9/12から出現していた(公式誕生日は命名後は7月7日になっているが)。

 昨年ジャパンオープンで、初めて多くの観客のいる中へ投入された着ぐるみバナナくん(まだ名前がなかった)がスケートパフォーマンスを見せたがなぜバナナが突然出てきたのか「えっ?なぜバナナ?」という感じだった。可愛いわけでもないし、よくわからない存在だった。
c0067690_52129.jpg
しかも各地域キスクラの間にはテーブルにバナナスタンドが置かれ、そこにぬいぐるみの小さいバナナが吊り下げられていたのだ。

 バナナマンが滑るパフォーマンス後は、バナナの存在は観客にも選手たちにもそれっきり忘れ去られていた。

② ところが・・
 ところが、選手の中で一人だけ、
     落ち着きがない人がいた。 

      好奇心に満ち、
        じっとしていられなくて、
          見たり触ったりしないといられなくて、
              それでいてよく物をおとす人がいた。

その人は、他の選手が滑っているときは真剣に見て応援している。
周りをよく見ているし、いろいろな気配りもできる。
だから仲間が戻ってきて落ち込んでいれば励まし、頑張れば讃え、場を盛り上げる。
だが、選手が入れ替えで少し空いている時や練習のときなどは、ちょこちょこ気になるバナナのぬいぐるみを触る。
c0067690_4572688.jpg


 そう、触っていたのは高橋選手だった!
だって、こんなに近くにあったのだから。
触らないではいられないだろう。
c0067690_15232417.jpg

TVの画像をじっと見たら高橋選手の近くにバナナが写っていることがわかる。(低画質!)

 バナナスタンドから外したら、つけられなくてアセアセ(^_^;)状態だったり、
ぽとりと落として余計焦ったり(^_^;)しているのがよくわかる。
手に持ったり、挨拶するように折り曲げてみたりいじりだして、仲間にもこんなのあるよとアピールするがほとんどみんな興味を持たない。


◆自分は、たまたまこの時キスクラが見える席にいた。といっても、リンクを挟んでいるのでそんなに近いわけではないのに、その好奇心やら落としてあせっていたりするのが手に取るように分かった。目や表情がはっきりしているからだろうか。

 現地でキスクラが見える位置にいた観客だけが目撃していたと思われる。
 いつも大輔さんをリアルにもキャラっぽくにもその時の臨場感とDさん愛を込めた素晴らしい絵を描かれる方がアメーバブログをかいていらっしゃる。いつも楽しみに見させていただくのであるが、この方がやはりキスクラをご覧になっていて、この様子を4コマ漫画で4連作ほどで表わして下さり、素晴らしい再現性と感嘆した。登録者しか見れないので紹介できないので残念だが、絵にしたいほどの名(迷)場面だったのだ。
  TV東京としてもこれから売り出そうとする自社のキャラクターを、老若男女から人気があり表情がくるくる変わる高橋選手がいじくり倒してくれているので、きっちりそのキスクラ映像を撮っていることだろうと思った。
 
 千の言葉で宣伝するよりも、大輔さんがもってくれていじっている様子を写した方がずっと宣伝効果が高いのは、後にソチで大輔さんがソチクマを抱いて可愛く見えたのでその後一気に売れたのでも分かる。
 だから、その映像が出るだろうと思って楽しみにしていたのだが、とうとう出てこなかった。

 テレビ東京さん、
    あんなに新キャラクターに触っていてくれたのにもったいなくない?・・・と、思ったものだ。

◆そんな、昨年の名場面を一気に思い出していた。
  二年前の時は素晴らしい道化師の演技をした後のタオルの件。
チームジャパンタオルを振っていたら、あっ、逆さだとやっと気づいたかと思ったら、まだ裏表逆だったとか・・・。
c0067690_15212887.jpg

アーティスト・アスリートとして演技中の大輔さんのきりりと集中したのを見つつ、キスクラでアワアワしながらもみんなに呼びかけては盛り上がっているのを見るのもすきだったな~などと感慨にふけってしまっている。


2.D&木下工務店 
JO(ジャパンオープン)放映の間のコマーシャルに、スポンサー木下工務店のCMが流れる。ソチ以降も大輔さんの、「スクープ記者編」、「その続編」、「道化師練習編」、「ただいま編」(題名はかってに自分でよんでいるもの)などが次々と流れる。

 う~ん、この合間のCM、癒しだわ~!!
ありがとう、木下工務店さん、工務店が必要になったら木下さんに頼むわ、親や自分の身体が不自由になったら木下の介護も使うわ・・・とまで思ってしまう。

 とくに、「ただいま~」とふわりと温かいまなざしと声で家に帰ってくる時の姿に、思わずおかえり~と答えてしまいそうだ。
 屈託なくおかえりといえるような状態になるといい。
    Dさんのこころも
         膝の傷も癒えるまで、
               じっくりと待とう。
           
 
3、D&2000days

 18000人が入るさいたまスパーアリーナに8037人の観客とあった。
代々木第一体育館だったらちょうどよかったかもしれない。ショートサイドが写るととくに下の方からすかすかしているし、カメラマンは少なめだし寂しい。ロングサイドは下の方はかなりいっぱいだが、それもやや上が写ると空いていて寂しい感じ。

 P.チャンがいい演技を見せてくれたし、小塚君は体調が良くなかったらしいが、そのプログラムの良さはFOIで見て知っている。宮原さんは131点越えするし、佳奈子さんも精一杯いい演技をしてくれた。ラジオノワちゃんの成長ぶりも見れた。

 あぁ、それでもさびしいね!
 (もちろん真央さんや大輔さんが何年ぶりかの休養をやっととってくれたことには大賛成している自分だが)
 
 昨年を思い出せば、真央ちゃんと大輔さんとが揃って出ていて、たとえ点数がよくなくても笑顔でやっちまったよという感じや、みんなで応援しあうときの雰囲気はとても楽しいものだった。

そんなときに来ましたよ!

    さわやかマリーン大輔さん
c0067690_5365776.jpg

               (2000daysのサイトの写真をお借りします)
冬に発行予定の2000daysの著者Dさんの近況が、
       この寂しい想いで見ているファンの間に届いた。 

 大輔さんはなんらかの撮影があったようだ。
     マリンテイストは何を体験されたのか。
       どこにいようと何をしようと前向きな大輔さんを応援している。


 
                                              一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2014-10-05 06:04 | Comments(2)
Commented by Aya at 2014-10-05 14:42 x
ご無沙汰してます。
今回もまるっと賛同です。読みながら昨年のJOの記憶も甦ってきました。
私もこの戯れが見える向かい側の席だったんですよ。お陰で他の選手の演技中も気になって気になって、リンクとチーム席を見るのに目が4つ必要なくらい忙しかったです(笑)。これがJOでの楽しみなんですけどね…。
今年は数年ぶりにTV観戦。休養が勿体ないくらい素晴らしく、来季復帰するならば一段とパワーアップしそうなパトリックの演技に、大ちゃんは何処かで観たのかな…と考えてしまいました。
「ただいま~」、の時は、いつでも「お帰り~!」と言える準備をして、時が満ちるのを静かに待ちたいです。
木下さんのCMコレクションと著者Dさんからのタイミングのいい便りは、D砂漠がちょっと潤いましたね。
Commented by miriyun at 2014-10-06 05:56
Ayaさん、JO好きなんですけどでね。
見ていると思い出すことばかり多くて~!今年のメンバーの門出を祝いながらも、やはりDさん出場の時の存在感をビシバシと感じてしまっているのです。
 今後また見せてくれるであろう分野を楽しみにしていきたいと思っています。


<< ペルシアンアート*植物文様(3) ペルシアンアート*植物文様(2) >>