写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 21日

Dオフ・・・高橋大輔

ローズ色のシーサー

 人がオフをとることに、こんなにうれしく感じたことはない。
      もちろん、全力応援中の高橋選手(選手です!!)について。

もうだいぶ前の沖縄行は
  ラフな大輔さんの笑顔と、美術は好きだったというクリエイティブなところが出ているので
工房にリンク。
◆工房まーる。さんのブログ
http://ameblo.jp/koubou-ma-ru-ishigaki/entry-11902295396.html

 以前に書いたように、ほとんど休みなく気を休めることもなく、体を鍛え試合とショーに臨み、スケート靴を持たずにでかけた旅は何年か前の友達とのハワイぐらいか・・・。
 あとは全力、性格からしてもおざなりにできない。自分をまだまだと追い詰めていく。
そんな人が沖縄で見せた短い休日の笑顔がとても印象的だった。

そして、最近焼きあがったそうで、
◆緊張しました~(>_<)
http://ameblo.jp/koubou-ma-ru-ishigaki/entry-11927553735.html
 ラブリーな色合い!
    この色を付けている時の楽しそうな様子を想像してしまう。
        
 工房まーるさんのところから、大輔さんのところに送られるシーサー、明るいローズ色が可愛いすぎる。
インテリアをびしっと決めているであろう大輔さんの部屋にホワッと和みをもたらすのだろう。

◆鈴木明子さんが最近、連載記事を載せている。
 その中に、世界選手権に足の激痛でもう耐えられないから引退しようかと相談したら、
「みんなが待っている」と答えてくれた。「成績やメダルでなくてあっこちゃんが演技してくれることをファンが待っている・・・」といってくれたので、世界選手権にでることができ、また、さいたまアリーナの大勢のファンから選手としての最後の演技を見てもらえたと言っていた。
 大ちゃんも絶対出ると言っていた。ファンのために絶対!と。しかし、直前に出場できない足の状態に断念。どんなにか無念だったかと・・・。

 それほどファンを大切に思ってくれていたんだ(そういう人だと知ってはいたが活字で目にすると改めてズゥンと感じる)。 あとになるほどわかる。
 自分では言わない人だが、
         歌子先生が語り、
           あっこちゃんが語り、

そのスケートへの思いと、それをすることが出来なかった怪我の重さ、

でも、自分としては世界選手権に出なかったことにほっとしていた。
怪我をおしてまで出ることはない。

  先のことを考えてくれてありがとう。
       休養を決めてくれてありがとう。

  今ムリすることよりは、大輔さんの演技をずっと見続けたい。
       現役ではプルさん、遅咲きのメンショフさんがいるよ。
       引退組ではカート・ブラウニングがいるよ。

 それに感性豊かな人が、美しい海や空、波の音、そよぐヤシの木の葉、星降る夜、
・・・・こうしたものに接すると、そこにまた新たな表現の可能性が広がっていくように思う。


◆神戸の髪師さんのところでだけ聞こえてくる楽園のお話
 きれいな海で、完全リフレッシュできたのだろうか。

 いつか大輔さん自らドロン話もあるかも・・・。 それを待とう。

繰り返しいう。
  人がオフをとることに、こんなにうれしく感じたことはない。  


2.大輔トーク

ティーンエイジャーのころはまだ舌足らずのところがあったが、
  声音の心地よさ、お話の上手さ、何よりも相手を見つめる真剣なまなざし
     ~いつのまにか、トークの上でも一流人になっている大輔さんである。

 *ドキュメンタリーで見せる氷上やトレーニングでの真剣なまなざし、陸での人懐っこく気配りで心底優しいまなざし。
 *バラエティでも、『うちくる』で魅せた1時間引き付けられどおしの話(もちろん、ビジュアルもだけど)、
 *それに、アスリートの挑戦もの(東神奈川スケートリンクの上り傾斜のある氷上で、びっしりおかれたボーリングピンの間を片足で通り抜けるという鬼チャレンジ)では達成まで見せる根性。
 どんな番組でも、ハズレがない。
 
   
◆大輔さんの著作本『2000days』の、オフィシャルサイト
予告通り、近影が載っていた。上記サイトからお借りします。
c0067690_8494893.jpg

   
 そういえば、きょうは大阪pumaのトークショー、
大輔さんトークを聞きたいがために、全国からどれだけの人が大阪pumaに出かけて買い物をし、トークショーの抽選資格をえたものか。
 漏れ聞こえてくるのは、Dさんファンの想い・・・抽選に当たる確率は低くても、Dさん応援のスポンサーに感謝の気持ちだったりをあらわしたりしたいと。pumaの店員さんも想像範囲を超えに越えたダイスケ人気の反響に驚きつつ、親切な対応をしてくれている。
 なんだか、Dさんにかかわるところ、全てDさんの優しさに感化されていっているのではと思うことが多いこのごろだ。

  さて、きょうはどんなお話が出てくるか楽しみだ。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2014-09-21 09:22 | Comments(6)
Commented by なごやん at 2014-09-21 23:43 x
いつも素敵なお話しをありがとうございます(^^)/
実は私も大輔さんの世界フィギュア欠場にホッとした一人です。そのまま現役を退くことになれば、本人にとって本意ではないであろうソチオリンピックの演技が最後になり、無念!としか言えないけれど、「全日本でのような哀しい涙を流してほしくない、あんな苦しい思いを二度としてほしくない、させたくない」と思っていたので、心底ホッとしました。
その後『引退』ではなく『休養』宣言してくれて目の前がぱぁ~と明るくなったのを覚えています。
今後どういう決断をされるのかわかりませんが、最高のスケート人生をおくって欲しい、と願うばかりです(*^^*)

Commented by thavasasis at 2014-09-23 23:13
私も大ちゃんが南の島でリフレッシュしていることを知って、
どんなに嬉しかったことか!
休養宣言したのは春、その後海外や国内でのショー
店長さんに、営業部長さん、今日は東京かと思えば、翌日には大阪と
多忙な大輔さんでしたね。

話は飛びますが、今録画した過去のフレンズオンアイスをリピリピしています。
大輔さんの演技部分と同じくらいに何度も観ているのは、
フィナーレでの楽しそうな大ちゃんの笑顔。
大輔さんが楽しそうだと私も嬉しい。

オフなのが嬉しい。楽しそうなのが嬉しい。って、
これって『愛』ですよね。
Commented by コスギ at 2014-09-30 14:38 x
シーサーの記事は私もほっこりなりました!
でも、クリスマスもショーがあって、大輔君にはゆっくり休んでもらいたいけど嬉しかったり・・・複雑な乙女(?)心です。

ところで、以前もコメント欄にてお願いしました件についてです。
2014年7月31日の記事「まなざし特集」での画像を拝借致しまして、それを元に大輔君イラストを描きまして、ブログに載せました。(9月30日の記事です)

こちらのブログのご紹介と、トップページとまなざし特集の記事へのリンクも書かせて頂きました。
ご確認頂き、もし(私の絵のクオリティ以外で)何か問題があれば、訂正などさせて頂きますのでご連絡下さいませ。

大輔君のお写真について快諾して頂きまして有り難うございました。

これからもmiriyun様のブログを楽しみにしております!
Commented by miriyun at 2014-10-02 18:24
なごやんさん、ずっとお返事もかけずにごめんなさい。
やさしいお気持ちで見守るなごやんさんの言葉に
接すると私もうれしくなります。
ソチで十分過ぎるほど、あの怪我の中でやってくれました。
世界に誇るまたとはない才能ですから、どんな形であろうと、本人の納得のいくところまで追及してほしいので、
そのための長期休養は大事ですね。
でもあまり休養できないタイプかもと心配しています。
Commented by miriyun at 2014-10-02 18:30
tha vasasisさん、4年ぶりのリフレッシュ・・・スケーターのお休みの少なさ、
大変なものですよね。これで努力が報われないとすりへってしまいます。
やはりリフレッシュは大事。
 そしてそのあとはいつも右上がりDさんですから、だからずっと
見守っていられます。いくらでも待っていられますね!
Commented by miriyun at 2014-10-02 18:41
コスギさん、ご連絡ありがとうございます。
しばし停滞していたので、お返事が遅くなりました。
いよいよできたのですね。後ほど、うかがわせていただきます。
コスギさん、渾身のDさんが楽しみです!!


<< お詫び&ペルシアンアート*植物...      アラビア書道展「砂漠の薔薇20... >>