王道を行く高橋大輔

雑感

他にどんな方法を考えようというのか・・・。

  あの会見での寂しげな瞳を見て思った。
    彼の責任ではない、彼がファンに謝ることではない

誰もがそう思っているだろう。
テレ朝の加藤アナも高橋選手が謝ることではないと言った。(これ実は大事!)

高橋選手は他のすべてを配慮した言葉で、自分の反省を述べて、全てをおさめてしまった。

 ゴースト問題の時も高橋選手の清々しいばかりにさばさばとした返事に、メディアはそれ以後黙った。
 今回もこれで終わりだ。
 終わっていい問題ではないが、あとは連盟の側で自己反省と酒自粛、連盟内のルールづくりあるべきだろう。(当然自己反省やるだろうね、と連盟のある東京方面を思わずにらんでしまう)
そして、あの場にいて、いつか有効に使おうという悪意を持って写真を撮っていた誰かがいるという事実は実におぞましい(こここそが、ほんもののジャーナリストなら追及するところではないか)。

 今シーズン、ここまで頑張ると言って大事にしているアイスショーのリハーサルの日に、
 ほんとは、気持ちを上げてノリノリにいかなければいけないし、外国からの選手とのコラボに向けても波長を合わせていかなければならないこの時期に、

   他にどんな方法を考えようというのか・・・。

いろいろ考えても、高橋選手が純粋にスケートを自分の理想に近づける道をじゃますることばかりが見えてくる。


◆困難な状況に出会った時にこそ、その人物が見えてくる。

遅刻したときにも、謝れない、
歌子先生とケンカしても謝れない
そう自ら言っていた大ちゃんが、自分が謝ることで、全てを受けてまとめてしまった。

すごい人だ。
  
      渡部文緒トレーナーが以前に新聞の特集で言っていた。
    
       トレーニングしていくのに
       (高橋選手は)ものすごく繊細で、普通のアスリートと違う。
       (普通のスポーツ界の)精神論で叩いたら、つぶれてしまう・・・と。

◆そんな繊細な人が、困難を乗り越え続けてきた軌跡。
 ニコライ・モロゾフが他の選手のコーチになったことで、自らコーチから離れたあとの心の嵐。
そのすぐあとの「eye」の時はまさしくこころの嵐が内在しているかのような激しい「eye」だった。

 そして、大怪我。
 自らの太ももの2本の腱を断裂した前十字靱帯に移植した後の厳しいリハビリ。
迫りくるバンクーバーに備えて厳重なテーピングをしながらの競技復帰。

 GPFでの曲かけ練習中の他の選手との衝突とその後の長い不調、
  とどめはブレードのビスハズレとスケート靴の壊れ。

 2011-12も12-13も傑作作品を生み出しながら、彼の努力と点数がしっくりこないことが多くなり。

 そうしている間もひたすら努力する彼の膝は悲鳴を上げ始めるが、休むことも認められず
国別対抗戦まで出て最大限の責任を果たした。

 ソチに向けての苦悩と、自分に課した責任の果たし方と神々しいまでの透明感のある演技。

思い出すだけでもなんていう人なのだと思う。
そして、どんなに不調でも怪我をしてもそれを言わない。
困ったことがおきても他人を非難しない姿勢。

こんな中で大人の対応、生活年齢の問題ではない。
             苦しむたびに深い深い人になっていく。


◆もっと、言ったっていいじゃないかという意見もわかる。(そういう意見も大事、だが大輔さんにそれを求めてはいけない。他の人がどこをどうすればいいのか相手側に意見すればいい。今後のすべての選手に対する尊厳を持った対応について意見をしていけばいい)

他人がどんなに正論である意見を言ってみても、
誰も高橋大輔になりかわって、かわりにすべての法律問題も人間関係の調整もスポンサーへの対応も、もちろんスケート連盟に所属をしている一選手としての対応もできるわけではない。
 
 だから、彼は全てを受けてまとめた。
高橋大輔選手の人柄を知っている、そしていつも快く取材をさせてもらっているメディアはもうこれ以上、この件で彼を追わないはずだ。

    
 結局、
彼の人柄と王道の生き方がものをいう

たくさんの言葉を言わなくても納得させてしまう生き方がある。
かっこつけないのに最高に格好いい生き方がある。

     大輔さんの選択はいつも結果的には正しい王道だ。
                  誰に対しても恥ずかしくないまっとうな道だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*大輔さんを応援することで、わかっているよと伝えたい。 
     あなたには何があっても気持ちを添わせてくれるファンが世界中にいる。
         その一部が新横浜に集まる。疲れた大輔さんにエナジーを送りたい。
         D1skタオルもバナーも活躍時だ。
                     
  


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2014-08-22 13:50 | Comments(18)
Commented at 2014-08-22 14:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by キク at 2014-08-22 15:43 x
一字一句その通りだと思います。今新幹線の中です。会場にいる方、行けないけど見守っている方々と精一杯エールを贈ってきたいです。
Commented by tsurukame_ko at 2014-08-22 22:08
ありがとうございます。
これからも、高橋大輔選手を応援します。
新横浜に駆けつけることはかないませんが、
離れた場所からも、どうかエールが届きますように。
Commented by なごやん at 2014-08-23 08:13 x
はしめまして、私は40年来のフィギュアファンです。今回のことマスコミには感謝します。高橋大輔という人は叩かれるほど強く大きくなる人です。こんなつまらない、どうでもいいことで強くしてくれて感謝したいくらいです。(-""-;)
次のシーズン、大輔さんがいなくて寂しく思いつつ、若い選手たちに期待し楽しみにしていたのに、ガックリきちゃいました。大輔さんにはファンが多いけど世間の風も強く、こんなに頑張ってるのになぜあんなに冷たいんだろうって何度思ったことでしょう。ソチオリンピックでも大輔さんが全ての風を受けてくれたから金メダルが獲れたのでは?と感じています。本当に守るべきものは何なのか、本物は何か、いまさらですね(笑)
とは言え今回のことで少なからず大輔さんの心は傷ついたはずです。私は行くことができませんが、直接会いに行ける方、応援よろしくお願いします。


Commented by きみどん at 2014-08-23 13:00 x
なんでこんな騒動に巻き込まれるのか、理不尽でなりません。
大輔さんのコメントに関しては、色々と言われてますが、彼の立場上あれで納めるしかなかったと思います。
悔しいけれど…
分かってくれる人は、たくさんいるはず。
多くのファンも。
私もFOI行けませんが、行かれる方は、精一杯の応援をお願いしますm(_ _)m
Commented by gatta at 2014-08-24 01:08 x
いつも、素晴らしいコメントをありがとうございます。一言一言に賛成いたします。
穏やかに鋭く、何より対象の方へのリスペクトをもってかかれているので、こちらのブログを読むとほっとします。
Commented at 2014-08-24 08:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2014-08-25 20:06
鍵コメさま、ようこそ!
このブログは写真を使って、素敵な人物・物異国や日本の素晴らしい文化や自然を発信しているものです。
しかしまれに、写真もなしで心のなかに蓄積されたものを書きたくなる時があります。
いろいろ不足なところはあると思いますので、自分がこんな発信をするのは控えようかとも思ったのですが書いてしまいました。
このようなコメントをいただき勇気づけられ、これを書いてよかったのだと思えました。ありがとうございます。
Commented by miriyun at 2014-08-25 20:07
キクさん、新幹線の中で、このような長い文を読んでいただいていたのですね。ありがとうございました。
皆さんの応援の声、素晴らしかったです!!
Commented by miriyun at 2014-08-25 20:10
tsurukame_koさん、新横浜に集まったのは、
大輔さんを応援する人たちのほんの一部だと持っています。
参加している人たちは、こうしたブログやツイッターや茶の間やいろいろな場面から
聞こえてくる応援の気持ちを背負って、
応援の限りを尽くしていたのだと思います。
Commented by miriyun at 2014-08-25 21:38
なごやんさん、ようこそ!
長くフィギュアを見守ってこられたのですね。
今回のことといい、いろいろな場面でこんなのあり?と驚くようなことが続きます。
でも、それに屈服しない大輔さんは素晴らしいですよね。
Commented by miriyun at 2014-08-25 22:08
きみどんさん、ようこそ!
どんな場合にも、勉強不足でものを言うメディア(といっていいのか?)関連もいますし、
それを鵜呑みにする人もわずかながらいるものです。
そのわずかな非難を気になるでしょうが気にしないようにして、
素晴らしいスケートで魅せていってくれるのをまた待ちたいです。
Commented by miriyun at 2014-08-25 22:20
gattaさん、いつも心のこもったコメントをありがとうございます。
そんな風に言っていただいて、大きな勇気をもてました。
大輔さんの長期休養直前に、大勢のファンによる
リンクの天井までふるえそうな地鳴りのような声援に参加できて嬉しかったです。
Commented by Aya at 2014-08-26 17:34 x
miriyunさん、全文、まるっと賛同致します。
これまでも、理不尽な出来事に遭うたび、大ちゃんの人間力の高さを見てきました。
今回の災難は、例え一部でも誤解される可能性があり、社会的なイメージダウンも懸念されますが、これまでも逆境は彼を人としてもスケーターとしてもスケールアップさせてくれましたし、おっしゃる通り、彼が自身を助けることになりますよね。
フレンズ2日めの土曜公演後、会場から出てきた彼は、元々の小顔が更に小さく、身体は細く、どこかで寂しげで、先程まで氷上で縦横無尽に躍動して観客を魅了していた人とは別人のようでした。公演中も出番を終える度にマッサージを受けるくらいハードなショーで疲労困憊だったというだけではないと思います。
今回の一件は、当時のこと以上に今、こうして晒され、騒がれ、言われなき誹謗中傷を受けるという二次的三次的なハラスメントが起きていることの方が彼には酷いと思うので、笑顔の下の心労はいかばかりかと繊細な心を思うと胸が痛みましたが、それでも氷上では渾身のパフォーマンスをみせるプロ意識の高さにも改めて感嘆。
(続く)
Commented by Aya at 2014-08-26 17:56 x
(続き)
今年のフレンズは、特別なショーになると思っていましたが、初日からまるで千秋楽か?というくらい観客のテンションは高く、毎公演、観客席を埋めるD1skタオルとバナー、会場が揺れるような大歓声と拍手が大ちゃんに注がれ、胸熱でした。
幸運なことに全5公演、観ることができましたが、このファンの愛情とエールが込められた空気にずっと包まれ、なんと心地よかったことか。
きっと、大ちゃんには何よりの癒しとパワーになったと思います。
楽のフィナーレ後、会場を見渡す大ちゃんは、この光景を目に焼き付けたかったのでしょうか。
私の脳内には、東の観客席へスケーターが1列になっての挨拶にきた時の、びっしょりの汗すらもキラキラして見えるくらい、しっかりした瞳のいい表情の大ちゃんが刻み込まれています。
そして、ファンの歓声の中、前夜より穏やかな表情で会場を後にする姿を見届け、真の休養であるドロンへ少しでも元気に送り出せたのではないかな?と思いました。

長々と、そして、先走ってフレンズについても触れてしまいましてスミマセン。
Commented by やまねこ at 2014-08-26 23:58 x
ソチの辛い戦いの後、抜け殻状態だった彼の心の隙を狙って、仕組まれたような今回の件。選手を守れない組織。リークした恥ずべき人々。怖い世界です。でもこれが世の中。彼も、人間だから足をすくわれることもある。くやしいけれど、また前を向いていくしかない。きっと、またこれを糧にして強くなってくれると信じています。そして、ますます応援しますよ~! だって、これまで彼の演技からお礼の仕様がないくらい、たくさん幸せをいただきましたし、なんたってDaisuke Takahashiは唯一無二ですから。
Commented by miriyun at 2014-08-31 07:11
Ayaさん、静香さんの演技お休みで、実質的に大輔さん中心のショーになりました。
 実質5曲の着替えやヘアセットまでやってアップすると休みなしだったでしょうに
このフレンズを最高に盛り上げてくれました。
やるべきことを決めたらやり通す・・・いつものようにそれをやり通す姿に
涙の出る思いでした。
Commented by miriyun at 2014-08-31 07:20
やまねこさん、そうですね。前を向いていきましょう。
けっして揺るがないファンの様子をフレンズで見ました。
世界の高橋大輔はだれもまねできない高橋大輔ですから
演技でこれからも深めていってくれます。
誰よりも本人がそれを望んでいると思います。
頑張ってくれたのはすごく嬉しいけれど、膝は大丈夫なのでしょうか。
決して言わない人だけに、充分な休養となるように祈らずにはいられません。


<< FOI(1)*スケーターたちの... 「アイス・バケット・チャレンジ... >>