写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 06月 01日

カザフスタン(4)打楽器とD&D・・・高橋大輔

1.練習風景 
◆練習風景
http://instagram.com/p/olfeLdniLz/

2.ドラムとDaisuke&Denis
     
◆すばらしい動画はこちら
 大輔さんの挨拶から入っていて、しかもきれいな映像
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=puAbBvgRbhk
  
◆こちらはより近距離で見られる。
動画お借りします。




 ドラムと大輔さんとなったら、そこに何が起こるか日本人は一瞬で分かって、目は瞬きするのも惜しいくらい凝視し、レンズはねらう。
c0067690_5221986.jpg

      前髪のフサフサ感も、跳ねるように動くときに効果!

c0067690_7555936.jpg


c0067690_7561281.jpg

踊っていてもこんなにディープエッジ。スピードがあるから立っていられるけどなんという角度!
c0067690_7563693.jpg

低い位置もよく入れる。
c0067690_757834.jpg

高橋大輔はステップの途中で軽く跳んで美しいシルエットをつくるのが得意だ。右足が見えにくいが、それを影が補ってくれる。

c0067690_7572084.jpg

ドラムの音の最後にすべてピタりと音が決まると何ともかっこいいものだ。
 
水を得た魚

c0067690_55384.jpg



c0067690_4561927.jpg

一瞬止まって手の動きがピッとなる。
こちらからは見えないけれど、この時観客は高橋のダークチョコレート・アイに魅入られているはずだ。
(それも一人二人ではなく、この目の向き全部!)

c0067690_4564746.jpg

そのあと、バッグストロークで離れていくのだが、その時にはカメラのレンズは高橋の動きを追い、観客の目も吸いつけられたまま
c0067690_5233018.jpg

店長さんをやってはビールを飲んでいて、練習もあまりできなかっただろうに、絞ってきて、顔もシュッとしてきているのに驚いた。自己管理すごい。
c0067690_5161041.jpg

ドラムの最後の音とガシッと二人の手が高い位置で合わさるのが見事に一致して終了。
c0067690_721364.jpg

c0067690_5241689.jpg


◆花束を持って、バックして退場の時、
c0067690_5243597.jpg

      これは、よろけたのではない(笑)

      ドラムの音が聞こえたとたん、思わず膝でリズムを取っていたのに、ツボった!
           意識しなくても動いちゃうんだろうな~

~~~~~~~~~~~
3.彼が呼ばれたわけ
このデニスのショウに真央ちゃんが呼ばれ、次に大輔さんが呼ばれた。
実績も人気も高い二人だから不思議はないのだが、ただ大輔さんは負傷しての休業宣言していて、ショウには出ると言っていたがまだ、どこから復帰できるかわからない、ソチ後全く滑っていないし、出演依頼する方としても、よく高橋大輔をに依頼したなと思っていた。

 ところが、この演目を見るに及んで、これはテンくんのショウにおける一つの目玉として最初からテンくんの計画に入っていたのではないかと思った。

 なぜなら、大輔ファンはほぼ100%、これが昨年の国別対抗戦のExの後の粋な演目からの流れだとわかるからだ。あの時、激しい「ブエノスアイレスの春」をトリで演じた大輔さんはアンコールがあって「ある愛の物語」をやり、さらにそのままリンク中央に残っているうちにまた別の曲がかかり、ゲストとしてきていたテンくんが登場、互いにセクシーさと、次にはツイズル対決を見せて拍手喝采だった。

 あの代々木体育館での演技と観客の熱狂は深くデニス・テン君の脳裏に刻まれたに違いない。

 つまり、高橋大輔は呼ばれるべくして呼ばれたのだ。
渡航して1~2日の練習だけで、ドラムに合わせてフリースタイルで重要な演目をこなすことが容易にできる。そういう選手であることをわかっていての出演依頼だったに違いない。
 そう思って振り返ると、一番最初の大事な記者会見でもデニスの隣は大ちゃんであり、新聞でもニュースでもしっかりと高橋の名が取り上げられている。

 大輔さんは膝にまだ水がたまる状態で、無理なジャンプ合戦になるようなものでなく、心から楽しめるものでよかった。
 テンくんが主催者であるので大輔さんはちょっとしたしぐさで必ずテンくんを立てていた。
また、テンくんは思った以上に楽しい人だとわかったし、また人と人との繋がりを大事にしていることもわかった。

 テンくんのショウはカザフスタンという国が2017年の万博の世界へのカザフスタンアピールの一環としてバックアップしている。それに対して日本では呼んだ選手をカザフのようにVIP扱いすることはできないだろう。
 だが、一つのショウの企画に選手同士の人脈?、いや人間関係が大いに関係することは日本でも参考になる。大輔さんの将来の道にも、今回の経験や人との繋がりは生き続けるのではないだろうか。
 

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2014-06-01 05:25 | Comments(4)
Commented by 谷間のゆり at 2014-06-01 15:50 x
その場にいるような気分の記事に思わず涙腺がゆるみました。
人間同士ライバルの良さを認め合う心があればいさかいがなくなるのにといつも思います。
Commented by tsurukame_ko at 2014-06-01 20:26
一つ一つの動作が力強くて美しい
高橋大輔選手の凄さが太鼓の音にマッチして素敵
そしてテンくんのアクロバット的な動きもかっこいい
もうこの合戦は、すばらしすぎて一時も目を離せない!
立っているだけでも美しいって、なんて見事なパフォーマンス
ジャンプなしにこれだけ魅せてくれるなんて。。
もっともっと高橋選手の演技を見続けたいのです
がっちりと握手する二人が素敵
こんな企画をしてくれたテンくんに感謝です
こんなうれしそうな大ちゃんの表情が観られて幸せです
Commented by miriyun at 2014-06-06 09:19
谷間のゆりさん、主催のテンくんの心遣いと、出演者全体のぬくもり感の伝わるカザフスタンショウでした。
どんな集まりもぬくもり感のがあるかで雰囲気が違いますね。
Commented by miriyun at 2014-06-06 09:48
Tsurukame-koさん、わぁ!言い足りなかったところを全てクリアに表現していただけてうれしいです〜。
大輔さんの楽しそうな様子を見るのが幸せというのを自分でも認識しました。


<< カザフスタン(5)・・・高橋大輔      カザフスタン(3)…高橋大輔 >>