源平しだれ桃*野点

源平枝垂れ桃
鎌倉の神社仏閣では毎年鎌倉祭りの時に野点があり、ふるまわれる。
これまで大仏での野点に行ったことはあるが、まだ行ったことのない南東の方の寺に興味を持って出かけてみた。
c0067690_14151656.jpg


c0067690_14175158.jpg

桃は同じ木の中でこのように色が混ざりながら出現することがある。この寺の木は源平枝垂れ桃と言う。
源氏の白旗、平氏の赤旗からイメージした鎌倉ならではの命名だ。


野点
安国論寺での野点。橘流ということだった。
c0067690_14363727.jpg

背景は本堂。
c0067690_14374157.jpg

茶釜から湯気が昇り、
c0067690_1438269.jpg

    抹茶茶わんに湯を入れるだけなのだが、作法に元ずく動きはきれいであるし、日常を離れて、背筋を伸ばしてお茶を楽しませていただく気になる。

c0067690_14571581.jpg

          頭上には桃の花。
             だから茶会につきものの茶花は飾る必要がない。

c0067690_14365249.jpg

                           結構なお手前で、おいしく頂戴しました。
c0067690_14114699.jpg

                            しだれ桃の背景の木々もお抹茶色に染まっていた・・・。


                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ

                          
by miriyun | 2014-04-26 14:14 | Comments(4)
Commented by ynagamori at 2014-04-27 16:51
日本の美!
春は本当に美く、嬉しい季節です!暑くなるまでを楽しみたいですね。
Commented by miriyun at 2014-04-28 05:15
ynagamoriさん、やはり四季がある国は素晴らしいと思います。
衣替えはわずらわしいですが春や秋の美しさとそれにこだわるのは
日本らしいところですね。
私も季節感をレンズで切り取っていきたいです。
Commented by jasmine-boo at 2014-04-30 21:05
こんな柄物の桃もあるんですね。きれい!
お手前で思い出しましたが、高校の時は化学部を退部した後は、茶華道部でした。
文化祭では中庭に真っ赤な毛氈と和傘、色とりどりの部員たちの着物(ほとんどが振り袖でした)でちょっと有名だったんです。
あるとき、先生から写真を撮りたいのでお点前をやってほしいと言われたんです。ちょっと浮かれたのもつかの間、私の群青色の色無地が毛氈の赤に映えるから、ですって!(笑)
ちょっとお気に入りの生物の先生にときめいた私はバカでした~^^
Commented by miriyun at 2014-05-03 17:05
とてもきれいな絵のような思い出ですね。
やはり茶華道ともに日本人の心の根底となっているものの一つだと思います。
お点前をするのも所作がきれいで素敵ですね。私はお客専門です(笑)


<< ディーワーニーの花・・・アラビア書道 ナッツ感の正体 >>