写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 04月 03日

東日本大震災チャリティー演技会2014・・・高橋大輔

1. 行きたかったな、ポートアイランド     
c0067690_6202713.jpg

3/30の日曜日は神戸にいた。その時山の上から見たポートアイランド。
この右側の方にスポーツセンターがありスケートリンクがある。
4/2はすぐだったけど、仕事で行くことはできないから、山の上からポートアイランドをうらやましく見ていた。



2.大輔さん活躍! 
 そして、きょう東日本大震災チャリティー演技会2014がポートアイランドのスケートリンクで開催された。2011年の大震災のあと、自分たちにできることをと、宮本賢二先生や高橋大輔選手が中心となって初めて開催されて今年4回目、志ある人だけで地道に行われている。当時、最終目的としていた世界選手権前の大事な時期であっても、「世界選手権は毎年ある、今やるべきことはこれだ」という気持ちで開催のために奔走した大輔さんたち。

 たとえ怪我で演技ができなくても必ず来て募金活動をするだろうと思っていた。
c0067690_13145894.jpg

ところが、演技こそできないものの大活躍だった。
進行役として司会や挨拶、氷の上での先導などできる限りのことをしていたという。

c0067690_13145298.jpg

 氷上の小芝居にも一役。アダムスファミリーの田村岳斗さんの演技中にメガネ大ちゃんがふらふらっと出てくる。勝手に動く右の手袋君にはたかれる役でした。


 ポートアイランドのスケートリンクはメインリンクとサブリンクが隣り合っていて、メインで演技会をする。
しかし、大輔さんはサブリンク側の観客のためにわざわざサブリンクへ移っての周回も先導したということで、そういう細やかな配慮がいかにも大輔さんらしいなと思った。
 行かれた方、ほんとにうらやましい!

3.真央さんの緊急参加!

 2日前に突然真央さんが出演してくれることになって、最後の募金活動まで大輔さんと並んでやってくれた。翌日には名古屋でアイスショーがあるというのに、真央ちゃんありがとう!
 真央さんの大きな決断によって、引く手あまたのショーの中で、あえてチャリティ演技会に来てくれた。真央さんは、「参加できたことをうれしく思う。ジュピターは誓い、願い、希望をテーマに作ったプログラムなので、復興のイベントに一番ふさわしいと思った。」という。

 日本では、現役の選手は何かと自由な意思を通せないところが多い。その中で、これまで日本のフィギュアスケートを牽引してきた二人は、自分たちの意志でこうした演技会に高橋大輔さんは主催者の一人として、浅田真央さんはそれに共感するものとして、それぞれの立場で参加していることに大きな意義がある。

≪追記≫スポニチに真央さんの出演について経緯が書いてあったので追記。
『同演技会の発起人の一人である高橋大輔から誘いを受け、当初は出演する予定がなかったが、3月31日に急きょ出演が決定。』

4.この先
演技会が終わるとメディアが高橋選手の今後について尋ねる。
  まだだって!
      足が直って練習してからでないと何も言えないだろうに!
  

でも、どんな質問にも真摯に答える大ちゃん 
c0067690_5532532.jpg



 大輔さんはすごくまっすぐに自分の心を語るので、そのままだと思う。


①現役やりたい(・・・と聞こえる♪)・・・状態が許せば気持ちはやはりやりたいんだよね。

② 勢いで言っていいものではない・・・・自分一人だけではないものね。サポートスタッフのこともスポンサーもつかないとね。

③ やるなら1・2年でなくオリンピックまでと思ってしまう。

④やるなら相当の覚悟必要!
 今、たっぷり休んでリセット、膝が完治すれば、そのあとその相当の覚悟を出来るところまで積み上げていくのかもしれない。

⑤やらないという決意は難しい・・・これ新たに加わった。やらないというのは大輔さん的には選択したくない選択枝なのだ。しかし、これを選ばなければならないときもある。

 今は膝に水も溜まっていないし、痛みもないという。そう、安静にすればよくなるんだよね。普通の生活ならば・・・。 ただし、クワド合戦に入ってしまうと酷使・酷使となってしまうので膝が悲鳴を上げるから、やはりどう練習し、何を目当てにしてやっていくのか、考え直さなければならないかも。
 まだどうなるのかは時間がたたないとわからないが、高橋選手の気持ちと身体が癒えるのを待ち、
彼自身が選択する道を応援していこうという気持ちがますます高まってきた。

 なにはともあれ、オリンピック以来の元気な姿が見られてその笑顔をみられて本当によかった。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2014-04-03 07:28 | Comments(8)
Commented by thavasasis at 2014-04-03 08:19
私も行きたかった~。

大ちゃんの人柄が表れていますね。
まだ、大ちゃんを応援できる可能性は大なのですね。
どんな結論に至ろうと、私は大ちゃんに着いて行きます!
Commented by k-ai at 2014-04-03 12:48 x
miriyun様

初めまして。
大輔君のblogを検索していたところ、このblogのソチ熊の記事を見つけまして、以来楽しく読ませて頂いております。

とにかく大輔君の演技についての表現が洗練されており、落ち着いた文章でありながらも大輔君への愛情が溢れていて、miriyun様の記事についつい引き込まれてしまいます。

もしかして海外での英語などでの競技会の解説はmiriyun様はヒアリング可能で記事にされているのでしょうか。
羨ましいです。

私も大輔君のために英語再開しようかと思いました(笑)

私としては大輔君には現役続行して頂きたいものの、膝の状態を見ると、今はゆっくり休んで欲しいです。
チャリティーでの去就についてのコメントは、私はちょっと希望を持ってしまいました。

これからも更新楽しみにしております。
Commented by miriyun at 2014-04-03 16:37
tha vasasisさん、どんな場面でも、間違いなく
大輔さんのお人柄ならではのエピソードが出てくるのが楽しいですね。
たくさんの情報に出会って久しぶりの安心の気持ちよさを感じています。
Commented by miriyun at 2014-04-03 16:54
k-aiさん、ソチ熊気になっちゃいましたね!
何しろあの可愛くないと評判だったクマを改心?したかのような可愛さに
見せてしまう大輔さんて、もうどう表現したらいいんだろうという感じです。
大輔さんの深みと技術とが合わさったフィギュアスケートを表現するには、
自分の語彙が少なくて単純な言葉でしか表現できないので歯がゆくて仕方がありません。
あの演技に見合う言葉なんて見つけられないので、
こちらも分相応な範囲で素直に綴るだけにしています。
ヒアリング力なんてないに等しいです。
英語文やロシア語文については見てはいるんですがgoogle翻訳をあてにしてもきちんとは入ってこないので
全体像を大まかにつかんだうえで一部気になるところだけ訳すだけです。
やはり動画に翻訳者様が現れることを望んでいる方です。
今後もともに見守っていきましょう!
Commented by Maria at 2014-04-04 10:57 x
一番上の動画 私もお借りしたいと思います
その時は多分何か書きたい気持ちが…
高橋選手が引退なら…と色々な企画を考えていましたが^^;
高橋選手は現役続行の気持ちが消えていないのだ…と感じますね
どんな形であれ 自分が納得した形での引退をしたいのだと思います
アスリートとしては当然ですよね
何しろ浅田選手、高橋選手にはユックリした時間を過ごして頂きたいと思います
真央さんに向けた言葉はその通りであり、同時に高橋選手に送りたい言葉でもあります
miriyun さんが少しお疲れのご様子でしたので
コメントを書かずスルーさせて戴いていました
miriyunさんもユックリとした時間を過ごされます様に
Commented by 谷間のゆり at 2014-04-04 11:02 x
高橋さんの気持ちの中に未だ続けたいと言う思いがあるのではないかと察せられる事は嬉しいです。
私に父方の祖母のような能力が有ればと思ったりしてしまいます。
Commented by miriyun at 2014-04-05 23:20
Mariaさん、まずは現役選手として自分が納得できる演技を見せること、
そして知名度がある中で自分が貢献できることを続けていきたいこと、
この二つに強い思いがあるのでしょうね。
何よりも広いリンクでの滑りが格段によくなり、怪我していないときは本当に気持ちよさそうに滑る。やはりスケートの申し子なんですよね。
Commented by miriyun at 2014-04-05 23:23
谷間のゆりさん、彼のような才能は競技をする中でやはり世界中の人の目に触れ、感じてほしいものだと思います。
努力の人でもありますけれど、他の人が持っていないものを持っている人ですね。


<< ミツマタ      朝の桜 >>