写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 23日

ソチEx・・・高橋大輔

1.大輔さんのオリンピック

 競技を終えて、もう日本に帰ったトレーナー渡辺さんが言っていた。
高橋は感性の人、日々違う膝の感覚に合わせて跳び方を変えるなど苦労していたのだという。
ソチで、高橋大輔は人から見えないところでは膝を冷やしながら競技に臨んでいたとも。そして、奇跡的な演技をしてくれた・・・。

 やはり、あの怪我は大変な怪我だったのだ。大怪我でもじっくり休んで完治させればともかく全日本という関門があったから悪化するとわかっていてもやるしかなかったのだ。

 でも、そんなことを感じさせないほど、演技は美しく、最後のコレオステップのサーペンタインステップ風のところでは何度見ても胸が熱くなる。
 そんな大輔さんの演技は、初めて見た人や、ロシアしか応援する気がなくてやってきたロシア人をも引き込んでいって感動させたという。本当に頑張ったのだなと分かる。できる限りを出し尽くしたのだなと分かる。
 本調子でない状態でも人を感動させられる・・・それが高橋大輔なのかもしれない。もちろん、大輔さんがあの演技で満足したわけではない。きっと、真央ちゃんのようにやりきった感のある演技もしたかっただろうことを考えると無念だろう。


2.エキシビション
c0067690_4503439.jpg

エキシビションは、出場選手の国の旗を映像として透過し、そこにその選手が立つところから始まった。
ロシアの子機が多いのはメダルが多いうえに地元参加枠の選手がいるから。日本の国旗も多い。


 本来の今年用のEXは今までお披露目されたことがなく本人も振りを忘れたとさえ言っていた。あまりにも多忙で競技用をこなすのがやっとだったこともあるだろう。また現役を去る時にこそと思っているのかもしれない。だから今は大輔さんらしさを表す、タンゴがあっていた。


大輔さん、予定通り、第一部のトリで出演。
衣装はブエノスアイレス春のように黒ではなく、薄紫のシャツに濃紺のズボンのいでたち。
c0067690_2231996.jpg

この高速でしかも、情熱のこもった作品は初期には野性味を帯びており、それが秋のJOのころにはステップが実に軽快で都会的になり、そのあと、冬には情念に燃えてるようにキレキレになりという変遷をたどったプログラムだった。オリンピックでは動きがはやいのだけど余裕がある洗練された動きになっていた。
c0067690_22321572.jpg

c0067690_22311619.jpg



2.フランスからの映像 

◆フランス語版 ブエノスアイレスの春
         感謝してお借りします。


*↑が見えない方はリンクから→http://www.nicovideo.jp/watch/sm22951565



3.フィナーレ
c0067690_456205.jpg

真央ちゃんや町田君や顔なじみの人たちと絡み合いながらオリンピックを楽しんでいた。
気配りもすごいが、その場その場で大いに楽しむことも全力。
だから、どんな時も表情がくるくる変わり、いい笑顔でいっぱいになる。

c0067690_22311265.jpg

大ちゃん、メリルさんと一緒に収まって嬉しそう。優しいチャーリーが手撮りしてくれた。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2014-02-23 23:04 | Comments(0)


<< あのソチクマは主役だった*閉会...      ソチEx練習ではじける笑顔・・... >>