4年を考えるプルシェンコと大輔さん

1.うるうる大輔さん 
女子ショート、どんな時も女子の応援に必ず会場にいる大ちゃん。
歌子先生らと日の丸を掲げて応援していた。

ロシアの選手への大声援の後の騒然とした中で、大ちゃん、声をあげて声援。
「真央、がんば~」と叫ぶ大輔さん。

◆動画お借りします。

55点、16位という順位にDさん、ウルウル大輔さん---
人のためにも泣ける,
そして明日への期待を語る。

*2/21追記
フリーでは真央ちゃん完璧な演技で142点。
浅田真央のすごさを世界に見せつけた。

2.プルシェンコはピョンチャンを目指す⁈ 


① 大ちゃんとプルシェンコは4つ違いでオリンピック
4歳違いだから、バンクーバーのときも23歳の高橋に対して27歳のプルシェンコが本気でメダルを取りに来ていた。大輔さんが後にソチを目指すことを決心する時にその気持ちを後押しする要素になっていたはずだ。

② そして、つい先日の団体戦フリーでプルシェンコが堂々の演技をするのを見て感動したと言っていた。演技もそうであろうが、怪我を乗り越えきちんと王者の滑りを披露するところに感動していたのだろう。
団体戦でとくに印象的だったのだろう。

③ しかし、そのプルシェンコが個人戦のショート直前で故障で棄権し、引退という話が伝わってきた。

④ 2/18のTV番組の中でエフゲニー・プルシェンコは骨を更に人工骨にしてでも次のオリンピックを目指すといったという。
 その覇気が凄い。そこまでの燃えるようなフィギュアへの思い。
 手術しすぎているのが心配であるが・・・。

⑤ そのプルシェンコのオリンピックを目指すという言葉が2/20ソチの大輔選手に伝えられた。


3.大輔さんはまずは休んで!
以下、日刊スポーツ~から
http://number.bunshun.jp/articles/-/790217
 フィギュアスケートの高橋大輔(27=関大大学院)が、現役続行を選択した場合は18年平昌五輪を目標にする考えを明かした。19日、練習リンクでエキシビション(22日)に向けて練習。6位だった男子シングルから5日たって、注目の去就について「世界選手権(3月、さいたまスーパーアリーナ)があるのでそれが終わってからゆっくり考えたい」と、悩める胸中を口にした。

 来季については「滑っていないと思う」と休養する考えを示した。その上で復帰か、引退かを熟考する。「やっぱり4年スパンで自然と考えるので。次、どうせやるなら、4年後の五輪を目指してしまうので。途中でやめるというのもありとは思いますが、五輪に1度、出てしまうとそうなる。休養が結果的に引退になるかもしれないし、それはわからない」。復帰する以上は、31歳で4度目の五輪出場を目指すつもりだ。

 9日の団体男子フリーでは31歳プルシェンコの演技に刺激を受けた。「ロシアの皇帝」は前日18日にテレビ番組で5度目の五輪に意欲を示している。高橋は「え、まじっすか!? 引退表明していたじゃないですか!」と仰天。「僕、31歳なんですよね、平昌。プルシェンコと4歳違いなので。年齢(が区切り)ではないと思う。ただ今までの『ソチに行きます』みたいに、勢いでは言いません。僕は1年間休んだこととかないので、ちょっと頭も休めたい」。笑顔でそう口にしていた。

~~~~~~~~~~~
やはり、大輔さんはオリンピックを中心に現役を考えている。そして現役をやりたいという思いも強い。それにはプルシェンコの強い思いや、葛西選手の銀メダルを取ったあとの金を目指すといった前向き姿勢、4度目にしてようやくメダルを取った選手など、年齢とは別のアスリート魂はきこえてくると励まされるのではないだろうか。

 日刊スポーツの「現役行けるんじゃないの」と暗に示唆しているような論調と、いくつかのメディアでの「羽生に任せた。やりきった」という終わった感を見出しに使いたがるメディアに分かれているように思う。

 高橋大輔はほんとはどうなのか?
本当も何も今結論を出す必要はないのだ。
周りが決めていってしまうのは控えてほしい。
 大輔さんは、世界選手権に出たい!・・・・それでいい!
 休みたい・・・それでいい!
 それから考えたい・・・・それでいい!

考えすぎないでやりたいものをやっていいのさという気持ちになってほしい。
体力は全く問題ないと言っている大輔さん、
年齢や他からの圧力でやめることはないですよ~
  自分の気持ちだけで決めていってくださいね。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2014-02-21 06:03 | Comments(5)
Commented by jasmine-boo at 2014-02-21 14:51
真央ちゃんについてのコメントをしているときに、優しい人柄がにじみ出てましたね。
Commented by jasmine-boo at 2014-02-21 14:53
↑動画のコメントはもちろんですが、フリーが終わってからのコメントも!
Commented by Maria at 2014-02-21 15:48 x
プルシェンコ選手の引退撤回と団体戦の頑張りを見て
やはりアスリート魂は刺激を受けたのではないかと思っています
miriyun さんが書かれていたかしら?…
高橋選手のしたいようにすれば良いと思いますが
同時に高橋選手の稀有な才能はショウの狭い銀盤で発揮できるものではないと
私も感じています
プルシェンコ選手やコストナー選手のように暫く休んでも復帰出来る基盤(競争相手があまりいない?)があれば…
高橋選手にも休養をとってもらいたい 復帰してもらいたい…との気持ちもありますが
高橋選手は浅田選手のFS に「尊敬する」とコメントしていましたよね
彼の中の炎がいま静かに揺らめいているのではないでしょうか
Commented by miriyun at 2014-03-02 13:00
ジャスミンさん、高橋選手は仲間を大事にしますね。
女子の応援は男子が終わったあとなので欠かすことなく、声を出してよく応援しています。
また、声もよく通るので応援されている方もよくわかるみたいです。
泣き方は違いますが、人のために泣けてしまう点では織田君と一緒です。
Commented by miriyun at 2014-03-02 13:07
Mariaさん、高橋選手はあの思いを込めたステップで引退も仕方がないかもと思っていたかもしれません。でも、真央ちゃんのFPを見たら、彼女のために喜ぶとともに、自分へのふりかえりもあって、競技への想いはまた再燃しているはずだと私も思います。想いの強さだけなら絶対選手として続行だと思っています。それほど彼の競技への思いは強いです。
 ただ、その想いに3か月間膝がついてこなかったです。いや細かく見れば2年間かもしれません。だからあの落ち着いた心地よい声と、みんなに見せる笑顔の陰で彼はフィギュアスケートへの想いで呻いているように思います。


<< ソチEx練習ではじける笑顔・・... その後、Ex決定 ・・・高橋大輔  >>