ソチに舞うビートルズメドレー・・・高橋大輔

1. FP
 夜中のソチ。興味のない家族が寝静まったところでもそもそと起き出して、この日のために買ったで聞きカーペットを敷いての夜中の観戦2日目。

 ただ見て応援して仕事に行ってまた見ているだけでも時間が24時間では足りない思いで見ている。

c0067690_21481866.jpg

TV観戦者でも慌ただしいに、選手は?と考えてみたら大変なことだった。
アップして公式練習に臨んで、ケアして戻って少し食事して少し休んでまたアップして、
試合してインタビューをうけて、いや~、忙しい。別にこんなに詰めなくても一日おきにできるんじゃない?と思ってしまう。
c0067690_1903348.jpg

c0067690_19568.jpg

c0067690_1945525.jpg

c0067690_1945618.jpg

でも、公式練習でも動作の一つ一つが決まっている。
                      ここにdaisukeあり!・・・と。



 そんな忙しい中で、緊張しきった男子フリー。
予想外のいい演技もあるが、上位陣は緊張の色が隠せない。

ショートで大ちゃんは86点台で4位だ。1・2位がとびぬけていて、3位に可能性があるのは3~12位までほとんど一斉にフリースタートと言っていい位置にいる。
 その中で自分のできる最高の演技をと言っているが、それはその膝を抱えての苦しい中でのぎりぎりできる最高の演技を目指すことになる。公開練習では3回転はコンビネーションでもきれいにさらりと飛んでいる。大ちゃんの代名詞であったトリプルアクセル・・は単独はうまくいくがコンビネーションはなかなか決まらない。でもコンビネーションにしなくてはならない。4回転は確かめる練習をするがそこまでの高さが出せない。

 全日本のような悲壮感はない。祈るような気持ちでいつの間にかかたく組んだ両こぶしを握り締めた。
4回転はダウングレードでほとんど点になっていなかった。2つ目は3回転にしてきた。
 

◆動画をお借りします。いつも翻訳ありがとうございます。
≪イタリア語翻訳版FP≫



イタリアの解説者と実況が悲鳴を上げるかのようにしゃべる。
フィギュアスケーターのひざの故障がどんなものかわかっているようだ。
3回転でいいのよ!・・・・と。


2.微笑みを浮かべて最高の滑りを見せた 
c0067690_196023.jpg

そして滑りは、ローリー・ニコルの振付け部分だけでなく最後も本当に見ているものを幸せにするような表情をしてくれた。


◆こちらはジョニーウィアが解説に入っているNBCのFP実況・・・お借りします。


 荒川さんをして滑りは男子の中で一番よかったと言わしめる滑り。

ほんとに復調はしてきており、ただこの膝では4回転はできないという状態だった。それはよくわかる。それでも祈るような気持ちで得点を待ったのだ。
 その時、ファンからのシロクマは印象的であったし、そうしたものに触れていられたのはよかったのかもしれない。
c0067690_1972733.jpg

思ったより技術点が出ずにメダルを逸したことがわかるが、
大輔さんは歌子先生とニコライ・モロゾフの間にいつものように座り、
                     ソチのクマを手にして微笑んでいた・・・。

  素敵なオリンピック・プログラムをありがとう!
    精一杯の演技をありがとう!!
       ほんとに見入ってしまった4分半だった。



                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2014-02-16 19:06 | Comments(2)
Commented by donatama at 2014-02-16 19:47 x
大ちゃんのとても良い笑顔の写真ありがとうございました。
演技の前の厳しい表情の大ちゃんもいつもと違って良かったですが、
やはり、楽しそうに演技しているその表情をみるとホッとします。

今回のオリンピックで、大ちゃんはプレッシャーに強いんだなって、初めて感じました。
残念だったけど、伸びやかに滑走している姿は最高でした。

いま、気が抜けちゃいましたけど。

しかし、イタリアのあの放送は、なぜあれ程大ちゃん贔屓なのでしょうか?
Commented by miriyun at 2014-03-02 12:32
donatamaさん、
あとになるほど、大輔さんのひざの状況は聞いていたより大変だったとわかってきて、
この笑顔で滑り終えたときのほっとした感が今にして理解できます。
そして全日本からのプレッシャー+膝状態+作曲者騒動などとおして大人の対応をするほどにため込んだ苦しさ、大変なものだっただろうと思います。ほんとにご苦労様でしたと思います。


<< ソチのFS(2)・・・高橋大輔 カザフスタンのウェアと世界遺産... >>