フレンズオンアイス(6)・・・高橋大輔

続ソナチネ 
「ヴァイオリンのための ソナチネ」について書き足りない。
全然書き足りない!フレンズオンアイスで一番良かった8/25の昼公演を見ていないので、わーっと書き出せないで、おもいだけなのでもどかしいばかりだ。
完全放映があるのが先か、スケートアメリカが先かわからないが、その時の更なる完成形を楽しみにしよう。
今は断片をみながら思うことをとどめておく。
c0067690_6515373.jpg


c0067690_6463220.jpg

グッド ライン!
c0067690_6463440.jpg

腕を後ろや上に回すのがきついといっていたのは、はじめて熊川哲也さんにあったとき、
それからのストレッチ----きいているでしょう‼
c0067690_6515149.jpg

これ、普通の人だったらつまづいて転ぶ瞬間のショットとしか言いようがない。

でも高橋大輔は違うんです。

彼は最高に速いステップのときにやるんです。
グイーッと沈んで、傾いて恐ろしいほどの角度で滑りながら次の瞬間伸び上がるんです
柔らかい膝と高度な技術を持つ人だけのものがここから生み出される。
ただのターンが、心に切り込んでくるターンになる時だ。

◆動画お借りします

 全貌は見れないけれど、断片をこのくらいつなげると雰囲気が伝わってくる。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-09-02 06:43 | Comments(0)


<< ソナチネ 続々 全身ガラス⁈・・・高橋大輔 >>