ローリー・ニコル(1)・・・高橋大輔

1.ローリー・ニコルのDaisukeのとらえ  

 ローリー・ニコルは有力なスケーターにプログラムをつくり続けてきたコリオグラファーだ。
日本でも真央ちゃんや織田信成くんの振付けをはじめ、数多く手掛けている。オリンピックでは4回転抜きで優勝してしまったライサチェックの火の鳥もそうだった。

 いつも、大きな大会では振付けた選手の演技をリンクサイドでしっかりとみているので、高橋選手の練習風景など見ていても、あぁ、ここにローリー・ニコルがいる・・・とかよく思ったものだ。

 そうしているうちにローリーの声を聴く機会が増えてくると、想像よりもずっとやさしく心地よい声で、包み込むような言い方をすることに気付いた。

 そして高橋選手の演技もとても楽しみにして見ていることがわかるようになった。
ではその一つを・・・。


動画主様、お借りします。
◆2010年。スケートアメリカのSP「マンボメドレー」 

 ブレンダの他に二人の解説者がいた。カートとローリーだ。
c0067690_21494192.jpg

カート・ブラウニングもとても暖かいコメントをしてよい声で解説をする人で技術的な面で他にはわからない難しさなどを解説してくれるのがとても良い。カートの解説もいつもとても嬉しいのだけれど、今回のテーマはローリー・ニコルなので、ニコルの言葉だけ動画の中の翻訳から抜粋させていただく。

これを見るのを楽しみにしていたのよ。

出だしでわしづかみにされちゃったわ。

このファンタスティックなスピードを見て!

彼の情熱と元気いっぱいのかんじが大好き
ステップシークエンスが始まるのが待ちきれないわ。

ダイスケがステップではじけるのを見るのが今日のハイライトの1つよ!

残念ながら3AはUR(回転不足)だから得点にはひびくわね
なんというか、スピードも元気もありすぎて飛び上がっちゃったからジャンプの後も飛び跳ねちゃったみたいね。
スピンについてはもっと練習が必要ね。フライング・シットスピンとか、それからレイバック。本人もちゃんとわかっていると思うけど。
身体の反らし方、スピード、ポジションの維持など、改善すべきところは多い。
それでポイントを落としているからもったいないわ。

まちがいないわ、全てがあるもの、全てがね!
私、ジャッジじゃなくてよかったわ。
「誰がスピンを気にするの、このプログラムすごくファンタスティックよ」っていえるもの。



◆同じ陣容で、
2010年スケートアメリカのFS『ブエノスアイレスの冬』


3Aで大きく転んだとき、ローリーの息を飲むのが聞こえている。

そして、カート・ブラウニングとともに失敗がいくつかあるにもかかわらず、それにめげることなく立ち上がっていくことやDaisukeの美しいスケーティングについて言及している。

~~~~~~~~~~~~~
ふ~、ずっとライバルについている人と思って見ていたけれど、これだけ的確につかんでいる人がFSの
振付けをしてくれたということはすごいことだ。

振付けしたときには、スケート・スキルまで基本のところをしっかりと見てくれたということで、その本気度が伝わる。


2.充実の北海道合宿 
 5月にはもう振り付けしていたという、ビートルズの5曲のメドレーで愛がテーマである曲。
もちろん歌は入れられないのだが、一部ラテン系であったり、曲はオーケストラによるものらしいと伝わってくる。
 そして、ニコライ・モロゾフもすべては高橋大輔が決め、僕はそれをサポートすると自ら言っている。
全てが順調に滑り出しているが、かんじんの高橋大輔選手の、ローリー振付のFSへの相性はどうなのか。

気になっていたのだが、ようやく昨日、練習の様子、FSのビートルズの曲について練習の様子がニュースになった。


その中で、大輔さんは
いい曲に出会えてうれしいといい、また、練習時の表情もとてもいい。
c0067690_2142680.jpg

c0067690_2142432.jpg

                           うん!いい表情!!
c0067690_2161449.jpg

         ↑4回転後の着氷もきれいに流れていた
練習披露の日、プログラムの中では失敗するもその他の練習では4回転を数回きれいに跳ぶ。着氷が安定してきたというニコライの言葉通りだった。
 「たとえジャンプができなくても、いいプログラムにする」という決意が語られた。

c0067690_216893.jpg

                ↑ 高いバレエジャンプ
 身体がかたいとぼやいていた十代の時からレイバックスピンとバレエジャンプはできていたから不思議な人だ。


やはり、早めの振付け、そして望んでいた振付師に示された曲とテーマが気に入ったからだろうが、その充実ぶりが見ているものに伝わってくる。


c0067690_2161055.jpg

伸びた髪をちょんまげ状に結っている。だいぶ前にマリアン・ベスでヘアセットしているときのこと、練習するときに上で髪を結わく想定で、店長さんと話をしていたのが記憶に残っている。
 大ちゃんて、そういうことまでしっかりと先を考えているんだよねと、改めて思う。

◆こちらに短いFS練習動画をリンク

 肌の色も更に焼けて、髪も結ってすっかり夏バージョンの大ちゃんだった。
c0067690_216456.jpg

 このまま、充実した練習ができますように、
   靴がずっと合いますように!


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-08-11 19:28 | Comments(0)


<< ローリー・ニコル(2)・・・高橋大輔 横浜の港で跳ねるもの >>