草のざわめきの中で--暑中お見舞い

暑中お見舞い申し上げます  
照りつけたり降ったり蒸したり、暑い日が続いております。
皆様、きっと創作活動や旅や芸術とのふれあいに夏ならではのお料理など充実した時間をおすごしのことと思います。

暑さに気をつけてどうぞお身体大切にお過ごしください。

〜〜〜〜〜〜〜〜
c0067690_6561780.jpg


高原で細い小道のハイキングコースを歩いていると
ほどよい風が涼風そのもので心地よい。



だが、開けたところでは谷底から風がブワーっと上がってくる。

目に見えぬ風が見える時、
それが砂漠であれば、砂のサラサラと動き続け風紋ができていく様子に見ることができる。
c0067690_6561185.jpg

そして、それが高原であれば、
草が波打つ姿にとらえられる。
c0067690_656886.jpg

短い草々(くさぐさ)ではあっても、谷からの風は
急峻な崖面に押しつけんばかりにふきわたる。

その草のうねりも波打つ草の音も、
涼しげでなぜか懐かしい・・・



                                             一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-07-31 11:36 | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2013-07-31 12:40
高原久しぶりに見ました。
ハイキングは富士山を登って完結状態です。

草がさざ波の様に動いている様はなんとも気持ちの良いもの
ですよね。ステキな暑中見舞いありがとうございます。_(_^_)_
Commented by miriyun at 2013-08-04 04:06
ソーニャさん、背丈の低い草なので波打つ様子が上手くあらわせないのですが、風が渡っていくときの音はいいものですね。
子どものころにはもう少し身近に
もこういう光景があったようにも感じています。


<< ヤマホタルブクロ・・・美ヶ原 天より注ぐ >>