WTT*6人で頑張った!・・・高橋大輔


動画お借りします。
ISU WTT(ワールド チーム トロフィー)フィギュア スケートの結果を改めて見てみよう。
代々木国立競技場は 何と言っても地の利がある。1 日あたり 8 500 席が一杯になり、熱戦が繰り広げられた。世界の中でもこれだけの人気があり、席が完売になる国はそうそうない。
オリンピックとかならば完売もあるだろうが、国別対抗戦、ISUZU
主催とはいえ、ワールド終了後のこの時期に延べ34000席もうめられる国がほかにあるだろうか。否である。
日本が強くて魅力がある選手がいて、しかもそれらの選手が互いにチームの仲間と仲よく見ていてきもちがいい。だからこそ、人は見たいと思い、その場の空気を味わいたいと思うのだ。


c0067690_762311.jpg

だが、盤石の布陣であった昨年に比べてペアがいない状態で、しかもキャプテン自身も不調の極みであったのに、目指すは優勝でしょ!と鼓舞して始めた団体戦。
どこが競争相手と聞かれて、キャプテンは即座にアメリカ、カナダをあげていた。
その通りの展開になったが、3位という成績立派なものでしょう!!!
ペアとアイスダンスは1組しかでないので、7〜12点が与えられる。つまり出場するだけで7点入ることになる。ペアいない状態でよく3位入賞まで持って行ったものだ。
どの種目も1位は12点獲得するようになっているのだが、4種目のうち男女シングルで12点を獲得した高橋大輔と鈴木明子の活躍、真央ちゃんと無良くんも5位確保、そして昨年は怪我で苦しんだリード姉弟の躍進、これらが全部合わさったからこそ、6人でも世界と張り合えた。


Ex 日本チーム演技     


ティーム日本の演技動画お借りします。
今年も奈々美先生の振付で爽やかに演技。
c0067690_763944.jpg

c0067690_764635.jpg

いい演技でしたし、頑張り通したキャプテンタカハシの笑顔がうれしい。
自分のプログラムはぐ~っとだれよりもきもちがはいっていくのが高橋大輔だけれども、普段こうしてちょっと演技しても心から楽しいという気持ちが表情にすぐでてくるのね。

◆3日目、女子シングルが終わって総合順位がアメリカ、カナダ、日本という順番になった時、高橋キャプテンは桜吹雪のような紙が入った袋を素早く開けては仲間に渡していた。あの紙吹雪?の行方を見たかったがTV放映はリンク中央にカメラを変え、何をしているのかわからなかった。
もしかして優勝チームを祝福するためだったのか、あるいは自分たちの応援のフィナーレ用なのか、とうとうわからずじまいで残念だった。
( 3日目現地でこの場面をご覧になった方、教えてくださいませ)

☆≪追記≫
早速、この時の様子をご存知のすずなさんに教えていただきました。
ありがとうございます!追記させていただきます。

あの紙吹雪はチームアメリカへの祝福用だったということで、
そしてその場で大ちゃんはジェレミーから頭を撫でられていたとか。

ほのぼのの場面みたかったですね!
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-04-18 07:05 | Comments(2)
Commented by すずな at 2013-04-21 10:59 x
はじめまして。いつも楽しく拝読させて頂いています。
私は現地ではなかったのですが、聞いた話によるとあの紙吹雪はチームアメリカへの祝福用だったそうですよ。
そしてその場で大ちゃんはジェレミーから頭を撫でられていたとか。
本当にどのチームも和気藹藹とした楽しく幸せな気持ちにさせてくれる大会でしたね。
大ちゃんの演技もキャプテンぶりもとっても素敵でした。
Commented by miriyun at 2013-04-21 20:54
すずなさん、ようこそ!
やはりアメリカの優勝をお祝いしたのですね。
貴重な情報をお寄せいただきありがとうございます。
この紙吹雪やケイトリンのバースディを祝ったことなど、
人と人、国と国とのふれあいがあったならみんなが知った方が心が温かくなりますよね。
 それにしてもさすが、気配り大ちゃんです!
せっかくの情報なので、本文にも追記させていただきます。


<< 鎌倉*流鏑馬2013(1)・・... 国別対抗戦*応援2キルビル&鳥... >>