ハッピー・バースD~…高橋大輔

1.ブルースターでハッピーバースD~   
高橋大輔選手、
    27歳のお誕生日おめでとうございます!

おめでとうの気持ちをブルースターに託して。(3.16に写真はもう用意していたのですが、FSで驚いてしまい、遅ればせですが・・・)

c0067690_11422442.jpg

5枚の水色の花びらが、星が輝くように見えることからブルー・スター、正式にはオキシペタラムという。
 
 星を表す花だが、色が月光を演じていたイメージに合っていたので、大輔選手のSPイメージで写真を撮った。花の写真を撮る前からどなたに贈ろうと意識して撮影したのは初めてだ。

 背景を含めて色は月光をイメージした。圧巻のステップに魅入った月光だった。
そして花の色は高橋選手の人柄をあらわしている。フィギュア界の星であるのにやさしい。
優しいのに存在感があるブルースター。
その技はつぼみがほころぶように次々と開花していく。スケーティングしかり、スピンしかり、苦手を克服して次々と開花し、光を放っていく。ジャンプも大丈夫さ・・。
 そんな風に見ていただけたらうれしい。

高橋選手の演技のキレのよさや華やかさ、ましてやセクシーさなどはとてもこの写真では表し切れないので別の機会に (^_^;)


☆花言葉は、『信じ合う心』 『幸福な愛』
    男子誕生に贈る花・花嫁のブーケにも好まれる花だという。

 『信じ合う心』はチーム大輔に凝縮されていると思うけど、
   他にもダイスケ&ファン
        ダイスケ&振付師、
          ダイスケ&世界の解説者とかいっぱいある。
      でも、やっぱり一番は 歌子&ダイスケだと思う。

 『幸福な愛』は、人が大好きで、誰をも大事にする大ちゃんには愛がいっぱいだよ。
   世界中のファンの言葉にも、世界の解説者の言葉の端々からハートがとびだしてきているもの。
   

2.ファンからハッピー・バースデー 
SPのときリンクサイドに戻ったとき、カナダのファンがハッピーバースデーを歌ってくれたと聞いている。


c0067690_334818.jpg

FPは日本時間16日、キス&クライについたとき、深刻な顔をしていたが、ハッピーバースデーの合唱が聞こえてきて思わずにこっとした。
CBCのFP放送でははっきりと聞こえる(お借りします)↓

c0067690_11411354.jpg


FSのリンクサイドへ大きなバースデーケーキが届く。
やってしまった―といううまくいかなかった後だったが、27歳のお誕生日が祝われた。

だいちゃん、どこでも愛されているね~。


3.リスタート「悪いものはここに落としていく」
 この誕生日について、大輔さんはこう答えていた。

「かなり苦い27歳のバースデーだったんですけど、
 でも26歳の悪いもの全部をここに落として新しいスタートをきれたらと思います。

チーム日本として全員、みんなで精一杯やってきたと思いますし、男女ともに3枠獲得することができたのですごく嬉しく思います。
3年前から気持ちをソチに向けてやってきたでぶれずに前だけを向いてやっています。
絶対にソチに行ってやるぞという気持ちが、
                  また強くなりました。」


おぉ!やはり、へこたれない大輔さんでした。
  おめでとう、そしてありがとう!!その言葉を待っていました。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-03-20 12:11 | Comments(4)
Commented by at 2013-03-20 13:59 x
miriyunさん、こんにちは!
素適なお花、素適なお写真v
こうして形にすることで、気持ちもまた深まりますよねv

歌子先生と高橋選手の絆って、とても深くて温かくて素適だなぁと思います。今シーズン、高橋選手があれだけ一か八かの挑戦という名の賭けをやってしまえたのは、歌子先生やチームとの固い絆があればこそ、なのかな思います。例え、その時点では成果という形にできなかったとしても、「待っていてくれる」から。・・・応援するだけのこちらは、ハラハラばっかりでしたけど(笑)。心の運動はなかなかハードでした。

臨スポ存続、GPF優勝、全日本の道化師、世界選手権の月光・・・アップダウンが殊更激しかった今シーズンですが、充実してたと思います。
「3枠確保」も達成しましたし、今度こそ自分自身の為に突き進むことができますね。楽しみです。

>絶対ソチに行ってやるぞという気持ちが、また強くなりました
私もこの言葉、まってました!
Commented by Maria at 2013-03-20 17:28 x
ブルースターですか〜…高橋大輔選手にピッタリだと思いますよ^^
良いお花を選ばれましたね
>高橋大輔の色は赤と青が揺らめくワインレッドの色
彼の輝きは誰にも知られぬ森深く眠る湖に
深く差し込む月の光のようです…

以前拙ブログにて高橋選手のことを自分なりに
こんな形容した覚えがありますが
私は高橋選手の中に咲く花は大輪の華やかな花ではなく
こんな密やかな白とブルーが混ざり合った花だと思えます
それに彼なりの情念「レッド」が重なった時ワインレッドの光を怪しくも放っていくのだと思います
>優しいのに存在感があるブルースター。
その技はつぼみがほころぶように次々と開花していく
素敵です 彼の優しさと開花の捉え方…
miriyun さんの目線がとても素敵です!
>絶対にソチに行ってやるぞという気持ちが、また強くなりました
お〜ぉ!私もこれ見ました!
ソチまで!と決めた高橋選手が 再び見直しを入れて
必ずや今以上の姿を来季見せてくれると信じます!
Commented by miriyun at 2013-03-23 10:03
翠さん、コメントありがとうございます。
気持ちを込めた写真を撮るのは楽しいです。歌子先生と大輔さんの絆・・・よく、世界の解説者たちがTV解説の中で、ずっと同じコーチですよね。
フィギュアの選手のコーチはめまぐるしく変わるので其の情報を追うのが大変とかメディアでは言われるが、その中で高橋選手が一貫してコーチを変えないのは珍しく映るらしい。
しかし、親とも運命共同体とも高橋選手が言うこの絆は引退するまで、いや引退しても壊れないでしょうね。
翠さん、ほんとに見直してみれば後半厳しい状態でしたが、部分的にはそれぞれ成果が出ていてGPFの優勝も一つの歴史になったのですよね。
みなが期待しすぎてしまう中で高橋選手も大変だったでしょう。でも、よく頑張った年でした。最後の年、雑事に煩わされずに進んでいってくれるようにとおもいます。
Commented by miriyun at 2013-03-23 10:54
Mariaさん、ブルースター・・
>私は高橋選手の中に咲く花は~
こんな密やかな白とブルーが混ざり合った花だと思えます
この花は高橋選手にはにはおとなしすぎるとひんしゅくものかとも思いましたが、そう言ってくださってうれしいです。
彼はオン・オフで激しく切り替え、それが魅力な人ですね。
Mariaさんのおっしゃっていたワインレッドはそのオンになった時を
ぴたりとおさえていってくださっています。
成長のやむことのない高橋選手はあまりにも多彩でずっと表し切れることはないのでしょうが、その時その時をs間ざまな視点からとらえていきたいです。
落ち込んでいるかと思いきや国別対抗戦でキャプテンとして自ら鼓舞している姿が見られました。休んでと言いつつ、こういう演技が見られることには期待してしまうファン心理です。


<< 国別対抗戦へ・・・キャプテン高橋大輔 世界選手権2013 FS&Ex >>