写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 14日

月光に舞うステップ・・・高橋大輔

世界選手権SP新衣装きた~!!”月光”    

衣装、先日の4CCの青もとてもよかったけれど、動きを考えるとまだ変化できる余地がいっぱいと感じていたけれど、やはりきました。

行きつけの美容室マリアンベスで衣装のことについて電話が入っていたということでアメリカに行く直前まで衣装チェックもしていた様子。それがこれ!
c0067690_22194663.jpg

デザインは大輔さん本人か、衣装さんか、チーム合作だろうか・・。
   こういうデザインが似合うからだろうが、それにしてもセンスが良い。

黒で透け感のあるブルーグレーがひらひらとなり雰囲気があっている。
 良い、とっても良い!
ロンドンのひどく狭いリンクで暗い感じのところであったが、この衣装の大ちゃんはとてもいい!

動画お借りします。
ユーロ、ブリティッシュ版はいつものダイスキタカハシと解説する人。


聞いていた通り、クワドは不調で両足着氷だったが、

c0067690_22194823.jpg

シュタッ!!
 絶対あのままではいるわけがないと思っていたトリプルアクセル、そしてステップ、

レイバックスピンの美しさったらない。

c0067690_22195218.jpg

c0067690_22195062.jpg

スピンから出たところでのまなざしはしっかりと見据えている大輔さんまなざし

極上ステップ
タン!と跳ねるような音のところが目立たなくなったので、流れを重視する方向に変えたのだろうか。

そして最後に向かうところのステップ、
こんなに速く、複雑に、ディープエッジで・・・
  クライマックスには首のグルグルも入って
もちろん、レベル4で各ジャッジがほぼ全員が+3をつけた。
観客の喝さいとは別にステップになかなか、レベル4がつかなかったもとのSP:ロックンロール。
新SP:月光に変えてやっとレベル4のしかも極上のステップになった。
もともと不調だったクワドはともかく問題のステップをようやく操れたので、フィニッシュは満足げ。
点数的には4CCより2点アップの84.67であったが、演技として高橋大輔の世界観を表せたので清々しい笑顔を見ることができた。
c0067690_2261517.jpg

この表情を見てひとまず安心した。
長光コーチによると、あの4CCのあと、自らすさまじい練習をしてきたということで、疲労が残らないかと心配されていた。やはり、ソチへ向けての大輔さんの気持ちの持ちようはすごい。


そして、余談ではあるが、1か月ほど前にマリアンベスにカットに行ったときてっぺんを残して両側刈り上げてしまい、コボちゃん状態とまで言われたヘアスタイル・・・うん、ちゃんと決まっている。ここまで考えてカットし、SP/FSに合わせてセットしてくる大ちゃんてスケートがトータルパッケージだけなのではなくて、衣装やヘアスタイルまで含めてトータルして考えているのだとつくづく感じさせられた。


◆~~~~~~~◆
 さて、問題のリンク、基準が60m×30mのフィギュアスケートであるのが、ここはいくら認められているからと言って61m×26m、1mの長さは音楽とステップの間隔を狂わせそうだし、4m短い短辺は演技の軌道をかえざるをえない選手も出てくる。

 高橋選手のフリープログラムはさらに氷上を広くダイナミックに舞うプログラムであるので、尚更リンク内での動きをコントロールするのは難しい。枠が異なると複雑な演目になるほど影響を受けてしまう。
 ぶつからないよう、怪我をしないよう、そしてコントロールがくるわないよう祈るような気持ちでいる・・・。
                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2013-03-14 21:42 | Comments(8)
Commented by Maria at 2013-03-14 23:18 x
動画up ありがとうございます!
今回は順位よりも何よりも高橋選手の“月光”を堪能しました
クワドは残念でしたが その他は演技を壊すものはなく
“月光”を既に自分の手中に収めつつある!と感じました
衣装も以前のものはそれなりに美しかったのですが
ベートーベンが浮かんで来てしまって…
彼の様に内なるものを放出して来る人はこういったコスチュームのほうが彼らしさを出せるように思います

Commented by tsurukame_ko at 2013-03-15 01:13
ありがとうございます(≧ω≦)
短期間でここまで持ってくるには、どれだけの練習が、努力が、あったことでしょうか。

Commented by 谷間のゆり at 2013-03-15 10:17 x
珍しく高橋さんの演技を見ていたのですが、採点には大いに不服でした。
リンクが狭いと言う事は余り詳しくない私にもわかり、広いリンクでの滑りが見たいです。
他の選手も何時もの演技では無かったようですね。
Commented by miriyun at 2013-03-16 11:10
Maria さん、そうなんです。不調なジャンプはそういうときもあるとおもってみていて、またアップダウンも覚悟していたので、でもこだわった月光の演技を自分らしく演じることがまずは復調のカギと思うので、まずはよかったです。
そしてステップは見れば見るほど魅了されるものでこんなステップできる人はいないよとかんじいるのでした。自分の手中に収める・・・いい表現ですね!
Commented by miriyun at 2013-03-16 11:13
tsurukame_koさん、本当に高橋選手、ここのところの気に入れようはすごいと思っていましたが、今回は歌子先生もおどろくほどの練習だったようで、あと一日ですね。思う存分演じられることを祈っています。
Commented by miriyun at 2013-03-16 11:15
谷間のゆりさん、リンクの幅4mの違いはスケートですごいスピードで動くのですから影響が大きいですよpね。練習用リンクは大きいということなのでどうして狭いところでやるのか理解できないです。
さいたまアリーナやソチのような広いところが似合っています。
Commented by ノービス at 2013-03-17 08:37 x
spとfpともジャンプで同じ問題があったのは、省エネジャンプを直前にロシア式に変え、それが裏目に出たとか。歌子先生とタケシコーチがついていながら、なぜそんなリスクをとらせたのか? 6位に終わった大輔が痛々しくてなりません。あの才能をこんな風に無駄にするなんて。
Commented by miriyun at 2013-03-18 02:29
ようこそ、ノービスさん、スポーツ紙にそうでていたらしいですね。
武史先生の省エネジャンプから変更をこのじきでしたのでしょうか。ジャンプの調整は時間のかかるもの。きびしいですよね、というか、怪我した膝で飛べるよう、みんな必死なんだとは思います。とくに大ちゃんがこれだけ跳べないことについては本人が何よりもどうにかしたいと思っているのでしょう。なんといってもケガ以来5年越しのジャンプへの挑戦です。
大ちゃんとチームで戦略会議してもう1点を目指すしかないでしょうね。


<< 世界選手権SPイタリア翻訳版ス...      花を見て思う、世界の花産業 >>