2013荒川静香と高橋大輔対談より

今年の高橋大輔×荒川静香対談    

c0067690_6202323.jpg

        2013.01のフレンズ+より引用
荒川さんと大ちゃんの対談いいですね~!
毎年連続しているので、その中での話もあるし、お互いによくわかっているのでかまえずに話している。荒川さんの自然体の中で案外私たちが聞きたいと思っているポイントを押さえた話をさりげなくききだしてくれるのがいい。
~~~~~~~~~~~~
2013年*高橋大輔に迫る
①荒川さんから見た高橋
 変わった部分は貫禄。毎年経験することが増えるにしたがって自然に演技ににじみ出てきている。
メンタル、自分をコントロールする力がある。才能があるのにメンタルをコントロールできない時代が長くて、その頃から見てきたので、そこがすごく成長したところ。
 変わらない部分は弟気質なところ。リンクから降りたときはお茶目でもあるし、リンクとのギャップというのも彼の面白さであるのかな・・・と。

??荒川さんて、ほんとによくわかっている。^ - ^


②こんなんでへこたれていられない
ベテランは後半に向けてあげていくので。ピークを持っていかないように最後に向けてセーブしながら調整するのだけど・・。
c0067690_6202754.jpg

余りベテランカ感がなくて、今年は余り年齢が上とか感じないので。メンタルも充実、身体の方もケアしているから。思いっきりやって疲れたら疲れたなりのまた思い切りやって
周りの成長のスピードが速いからセーブしていたら全然勝てないなって。
自分がやるぞと攻めていかないと全然勝てなくなってきている。
やるしかない!みたいな

男子は一個の持っている得点が大きいので、守っていられるメンタルには中々なれないだろうと思う。たいへんな時代にあるんだ。
危機感がある方が伸びるんでしょ。

そう、
どっちかっていうと負けず嫌いなので---。
ショウとかでも、練習になると日本男子で一緒になってあっちで跳んだらこっちも飛ぶぞ、こっちで跳ぶとあっちでも跳ぶとなっていく。親父負けないぞ!と。

   *それは練習時間を見て感じていた。えX,練習からそんなにヒートアップして、疲れちゃわないかなと思うくらい、意識してジャンプ合戦になっていたりしていた。

おやじじゃないし、私の前でそういうこといわないの(・・・と、しーちゃんに叱られている。やっぱり弟だ)

ほかのアスリートとかって30代前半や後半で世界のトップで活躍していらっしゃる方がいっぱいいるんで、26じゃまだ若造だなって。
周りを見てそうなんだ、こんなんでへこたれていられない。
アジア人は体のピークは28歳なんですって。ぜんぜんまだまだじゃん。

◆五輪1年前のメンタルとフィジカル
 メンタルはかわらない。
 フィジカル面は疲れもたまるし、モチベーションだけでできるものではない、日々変わっている。これっていうものがない。形をつくっていない。変わるのでその時その時で
 
③おさえられない、あふれるような演技だった
2012-13前半戦ベスト演技は全日本の道化師
今シーズンのベストは全日本のフリーだったと思う。

僕もそう思う。

すごい入っていたよね。

初めてだった、
お湯が沸騰するようなふつふつとしたものをぶつけるしかない、おさえようとしても、あふれでるようだった。
ほんとにあれは気持ちよかった。
最初抽選でユズが最終滑走なので、そのひとつ前を引きたかったが、1番滑走だった。
引いてしまったものはどうしようもないし・・。
ぶつけていくしかない。
攻める気持ちを試合にぶつけられるのっていままでない感じ。


あんなに目を見開いている高橋大輔を見たことがない(A)

映像で見てどうしたこの子はという感じで、気持ち悪いぞって(T)

(普段は)よく引き込むんだよね、引き込むのではなく、わぁ~と・・・出したような

いつもはお客さんとコミュニケーションしてやっていくのに、この時は見せつけるんだというかんじだった。
ふだんはできない、

あれをやりたいけどやろうとしてできるものではないよね。

あぁ、なりたいけどね。

応援のお客さんも一体となってすごかった。
みんないっしょにたたかっているんだな~。

6分練習は全日本独特の雰囲気、それぞれのファンが声を出して応援、そこから戦っているような・・。


④音楽へのこだわり
はいりやすい曲とそうでないきょくとか、メンタルをコントロールしやすいのとかある。
今年のショートのように明るいのは入りにくい。
クラシックやオペラとかミュージカルとか。

ブルースはよくやったね。
自分の度量しだい。表現の仕方はとよく聞かれるがブルースってよく知らんし・・・・
音楽ってジャンルはあるけれど、自由に表現してできてきたものであるし・・・、それからはあまり考えずにやっている。

集大成と思うから曲はそれらしいものにしたい。
選んだ曲がかぶるとか。それはそれで俺の方がよく見せられるようにしようと思うから気にしない。
シーズン途中で納得できなかったら変えると思う。

オリンピックは気持ちを出せる曲にしたいから、そうでなかったら変更したい。

◆荒川静香はトリノの前一か月でSPとFSの両方を変更した。
トゥーランドットのイメージが湧く。なじんで使ってきた曲でもあるので最後は一瞬で決めた

いいなあ、そんな出会いにしたいな。
道はオリンピックで使いたいなと思ってはいたが、使う予定ではなかった。
僕も道は怪我をしたからやってけど、偶然怪我をしたからオリンピックでつかえた。
曲を聞いただけでも感動できるような曲でやりたいな。

ナレーター)道・・・感動の曲から感動の名演技が生まれた。

⑤五輪の曲選び 

こだわってはいない。
好きな曲なら簡単、お客さんを巻き込めるきょくにしたい

ソチを感じてきた。雰囲気も知っている

1年以上前に情報を得ることができたのは大きい。
バンクーバーは行った瞬間にこのリンクすき。ウッディなのが好き
ソチも包み込まれる感じが好き

知っていてつくるのは衣装を考えたり想像しやすい。このオリンピックは準備できているかも
選手村について

選手村大事だよね、生活の場。

どうなるのかね・・・互いに顔を見合わせる
バンクーバーはよかったが、
トリノは選手村サバイバルだった。
シャワーカーテンがあるほうがいいのか、バスタブがある方がいいのか、両方はなかったから
エレベーターがあるのに使っちゃいけないとか、4階なのに。
よく落ち着いてやれましたね。

開き直って使うしかなかった。
開き直るしかなかった。

モスクワ選手権で惨敗15位・・・2005年
次のトリノへ
モスクエアの世界選手権5位・・・2011年
ソチへ向けてやると言ってしまった。終わったと思われたように感じて寂しかったんだ。


以前は今できなかったらいつできるんだ。
今は今日できなかったら明日できると考えている。じゃちょっとやっておくか・・・と。

競技者としてのいい年のとり方をしている。

ライバルがいる・・・伸びる。ライバルがいなかったら4回転2回もやっていない

⑥ダンサー大輔・カラオケでも座らず踊りまくる大輔

大輔@カラオケ。常に動いている。椅子には基本的に座らない 3時間くらい踊り続けている

画面にこれを歌うと何カロリー消費という表示が出るじゃない。その5倍くらい踊っている。

そう、翌日筋肉痛になっているくらい

◆初めてのプロデュース

◆アルバイトもしたことがない。仕事してみたい。
自由にできないのがだめかも。
アトリエ南下でクリエィティブな仕事がいいんじゃない
または、ラーメン屋
それはだめ
現役やめてすぐ太るじゃないですか。体型維持できないのが怖い、デブ食すきだから。

⑥ ゴールが見えるということ

◆先がある、ここまでと決めた、ゴールが見えるというのはいい、あと1年
まだやらなくてはいけないこと、
やること    ジャンプ。クワド2種類。トゥーループもいっぱいいっぱい。どんな状況でも飛べるまで行っていない でもスピンやステップを確実にしていきたい

正確にやっているじゃない

いや、ニコライがまだまだダメだと

あの人まだ駄目としか言わない人だから・・

バレエ
3年では成果でない、引退してもバレエはつづけたくて、ショウをやるとしたらそれがどう変わるのか

できないもの
    イーグル?・・・いや、イーグルは間に合う
   イーグルからのイナバウワー・・・それは間に合わない

今やっていて一番楽しい時
試合でやりきったとき、楽しいというか気持ちいいかな・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 いろいろな特集番組があり、それによる現在の検証もありがたいが、この対談はリラックスしておふたりが語り、しかも肝心のところをテーマにしてくれるので貴重だ。
 それから聞きながらつくづく感じること。
 荒川さんも、高橋大輔も声がいい。ほんとにいつまでもお話を聞いていたくなる。

 それに無駄がなくてさばさばとした言い方で、でも相手を見つめ思いやりながら的確に今の状態を聞いていく。同じ厳しい競技の場にいたからこそ、わかる視点があってこういスケーターとの対談には最高だ。高橋大輔は後輩で弟分なので、よくわかっていて話を振っている。

 高橋大輔もここではリラックスして本音で語れる。まあ、どこででも本音で語っていると思うが、普段は出ないところもするっと自然に話せているような感じで見ている私たちも気持ちを楽に見ることができる。

そして大ちゃんの競技者としての心理と
           表現者としての思いにも近づける貴重な対談だと思う。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2013-03-05 04:20 | Comments(0)


<< エッジワークの話…高橋大輔 スケートへの思い・・・高橋大輔 >>