全日本フィギュア余話、そして世界選手権へ*高橋大輔  

ジョニーウィアーのWow!

全日本の演技を見て、つぶやかれる声をツイッタ―から拾ってみた。
c0067690_1624630.jpg

ジョニーウィアは一言、Wowとひとこと!
そして、全日本の高橋のFS you tubeを貼っていた。
 それにしてもツイッタ―のスキン柄かわいすぎる。

c0067690_13274942.jpg

ミーシャGEはこれこそがスケーティングと率直に感想を言っている。


全日本選手権と涙
 全日本は世界選手権並と言われるすごい男子の熾烈な争い。
そして女子は続々とジュニアたちが勢いよく参戦してきたのが刺激的だった。SPトップだった鈴木明子がどうしても波に乗れず4位に落ちた。その代りに這い上がってきたのは宮原知子14歳で、そこまでがメダリストだった。
 いつも明るく元気な鈴木明子が涙し、応援に来ていた無良君と大ちゃんがなぐさめていた。

 大ちゃんはいつも必ず男子が終わると客席に女子の応援しに来る。
NHK杯でもそうだった。最初選手席に行って応援していたが、周囲のおばさまに気づかれてしまって引き揚げ、そのあと目立たないところで応援していたようだった。今回も応援していて、鈴木選手の落ち込みに対して声掛けしていた。あんな風にともに励まし合う仲間がいるのっていいな。

 全日本では堀之内選手がSPの自分の番で、前の選手の得点待ちの間にスケート靴のブレードが折れた。最後の全日本だったのだろう、彼が棄権し観衆に挨拶をした直後、ほほに涙があふれ出した。その気持ちを思うとこちらも泣けてくる。通りかかった町田君が肩をポンとたたいて励ました。

 海外の選手が、日本の選手は仲が良くてうらやましいということを聞くが、確かに温かい雰囲気があり、こうした励まし合う場面を見ることがある。強いだけでなく温かい雰囲気ができている日本なのだ。


 世界選手権等派遣メンバー
c0067690_8252099.jpg

選考基準は1.グランプリシリーズ
        2.全日本選手権
        3.ワールドスタンディング
を総合的に判断してとなっているが、

その結果、世界選手権派遣メンバーが決定した。
男子ー羽生弓弦・高橋大輔・無良 崇人
女子ー浅田真央・村上佳奈子・鈴木明子
ダンスーキャシーリード/クリス・リード
*女子3位に入った宮原知子は、年齢制限の15歳に届かず出場資格がないので、4位の鈴木明子が派遣されることに決定。グランプリファイナルでも世界選手権でも実績のある彼女なので、選考されるのは当然であるし、必ず今回のくやしさ、悲しさを癒した後、またたて直してきてくれるに違いない。
 なお、四大陸選手権もこのメンバーということだ。
c0067690_819275.jpg

◆蓋をあけてみればほぼ予想通りの順当だったが、無良崇人くんが入ったのが大きな変化だった。
 世界選手権への初出場。大きな演技力強いジャンプのある無良くんは今季、グランプリシリーズではフランス大会で優勝した。グランプリファイナルへの出場はできなかったが、今回の全日本で3位に入賞。
 無良君は、4年前にも世界選手権に出場しているが、その時はエース高橋が怪我で全休なため、3位に入れた。今回はGPシリーズで優勝、全日本で3位とショーグンで勝ち取った出場権。切磋琢磨した中で勝ち取った権利に自信をもってさらに世界に向かって伸びてほしい。

 それにしても接戦だった他のメンバー(織田信成)を派遣しはしないのだろうかとちょっと思ったり。
日本での開催だから最強の布陣で行くようだ。選手も大阪なので身体への負担は少なくて済む。

 さて、こうして世界選手権大会派遣メンバーが決まったところで、スケート協会橋本聖子会長の下、2020年東京オリンピック招致の垂れ幕をみなで持って写真撮影、最後に2年ぶりにスケート靴をはいた会長とともにリンクをスピードスケート風に滑る。手の振りあげ方は聖子会長に及ばないが、足さばきはけっこうフィギュアのみんなも様になっている。
c0067690_13282659.jpg

 その時の最高の笑顔はやはり大ちゃんだった。

この高橋選手の笑顔と気配りがあちらこちらの和みの一要因なのだろうなとつくづく感じてしまう。
人が好き
   その時を楽しむのが好き
       じっとしているよりも何かしていたい・・・というのがよくわかる笑顔だ。


                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2012-12-24 14:49 | Comments(0)


<< 心と演技*高橋大輔 歴史に残る『道化師』*高橋大輔 >>