いくつもの顔を持つもの・・・高橋大輔

いくつもの顔をもつもの   

一日の中で、くるくると表情を変える大輔選手。
いつもすごいと思っているけれど、とくにこの2年ほどの変化が大きい。今年は表情でもプロフェッショナル。



普通、選手は2つの演目はやらない。
しかし、ジャパンオープンとカーニバルオンアイスは同じ日の昼と夜とでまったく雰囲気をかえて行われる。
しかも、シーズン初めで、それぞれ新プログラムを持ち寄り試す緊張感のあるジャパンオープンではオペラで重厚な演技をした。
 そこから表情だけ拾ってみた
c0067690_15581931.jpg

   まずは普通の状態。バレエをやってからは立つ姿さえもいい。

★『道化師』の最後の2秒から

c0067690_13564941.jpg

怒り
c0067690_13565123.jpg

苦渋
c0067690_14441551.jpg

次第に狂気がおさまり・・・
c0067690_13565946.jpg

天を仰いで、「喜劇はこれにておしまい」と、あとは天に身をゆだねたかのような目をしたラスト


そして、
c0067690_13571618.jpg

 目が素に戻った

~~~~~~~~~~~~~

c0067690_13201442.jpg

きびきびとタンゴの世界を舞う
いやいや、テーマからそれてはいけない。
肝心の表情だが
まずは、以前のミヤソラ(宮本賢二振付のビアソラ)から、
c0067690_15135465.jpg

c0067690_15394588.jpg

男の哀愁漂う顔に、こんな高橋もあるんだと感銘していた。

★それにたいして、カーニバルオンアイスで、衣装と髪型を変えたためか、ミヤソラは明るく主人公がWキャストで入れ替わったかのような雰囲気の変え方だった。

c0067690_13202310.jpg

では、最後のステップの前にショートサイドの端に立ち、観客側を向いての3秒間

c0067690_13202530.jpg

両手を広げて、観客席側に目をやる。いつも点数を歌子先生に見てもらっているのだからあまり視力はよくないのだが。その目が向いているショートサイドの人はみな自分の方を見ているかのように錯覚する・・・そんな目力がある。
いや~、マジ、見られている気になった。
この人の目はTVを見ていてもこちらを見ているかのように感ずることがある。
c0067690_1321521.jpg

体はもう進行方向へと向きながらその視線はまだ観客側に残している。


★ラストポーズ
c0067690_15414632.jpg

音はめバッチリで、大きく開いた両手で肩を抱きこむようにして終わる。
c0067690_13211254.jpg

そして、そのアップ。いつものニコニコ大ちゃんとも練習中のストイックな大ちゃんとも違う、完全にプログラムの中の人物になっている。

(読者のみなさんいかがでしょう、大ちゃんに見られている気になりませんか?)

さらに、SPでは、ロックンロールの青年になる。


それにしても、たった2作品のほんの2~3秒を取り上げてみただけだが、魅せるとはこういう人かと思わせられる。

◆スケートの才能にジャンプもスピンもステップもすべての面に努力が加わり、
いくつもの障害を越えてきたから強さも加わった。
  心があり、華もある。・・・・・すごくある‼

そんな人がソチに向けて一歩一歩確実にステップアップしながら、これでもかとさらに力をつけようとしている。
そんな天才の円熟した表現者への道を今見続けているのかと思うと、ほんとに鳥肌が立ってきた。

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ
by miriyun | 2012-10-10 14:38 | Comments(6)
Commented at 2012-10-10 22:03 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2012-10-11 06:50
鍵コメさま、こころ揺さぶられましたよね。
最近は、見たとたんに鷲づかみにされるされる感じです。この人の力はどこまで伸びていくのだろうとすごく楽しみですね。
形に動きにあらわされた音というのはなんて気持ちがいいのだろうと思わされます。
Commented by じんじ at 2012-10-13 04:48 x
2005年のロクサーヌと共に道化師は見ごたえがありますね。バトルの同じ演目の振り付けは、今一つ。高橋さんのはレイバックで揺ら揺らと心が迷い絶望へ、その後打楽器が高鳴る頃に手を振るわせる動作が
もう終わったと言っているのですね。運命の力、カバレリア・ルステイカナ、マノンレスコーなど一連のイタリア歌劇を収録したカラヤン指揮の
CDを持っています。8年前に兄が術後、合併症で死にゆく時にこれらの悲しい曲が頭の中を巡りました。後戻りできない運命を表すのにこれほど似合う曲はないと思います。
Commented at 2012-10-13 09:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miriyun at 2012-10-14 11:17
じんじさん、レイバック一つにしてもただぐるぐる回るのと違って、回る速さからてが最後に天に向かっていくあたりまで心を表現していていましたね。まだグランプリシリーズも始まっていない段階なのにGPFか全日本を見ているような気になってしまいました。後戻りできない運命、スケートの動きで奏でていました!
Commented by miriyun at 2012-10-14 11:22
鍵コメ様、うわ~っ!、なんというメンバー、逢いたいです!
伺いたいです~~~~‼
でも、実は今3つのことが重なっていて行かれません。
どうぞよろしくお伝えください。すいません。


<< 振付師が語る(その1)…高橋大輔 道化師の演技に魅せられて*高橋大輔 >>