写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 09月 17日

高橋大輔&モロゾフ・・ノヴォゴルスク通信

モロゾフと高橋大輔 
フレンズオンアイスの後、カナダのシェイリーン・ボーンのところに飛び、フリーの振り付け後、さあ、いよいよロシア。
 7日にはもうモスクワ郊外のノヴォゴルスク( Novogorsk)の国立トレーニングセンタースケートリンクに到着していた高橋選手。
c0067690_11164014.jpg

いい笑顔が届いていたし、すごく充実させている今年度。
c0067690_1272412.jpg

                    ↑ ノヴォゴルスクのページより引用
新しい環境でも、もとからのモロゾフのチームのアリョーナ・レオノワやアモディオも喜んで迎えてくれているようでまずは一安心。
  あとは、ニコライ・モロゾフとの5年ぶりのタッグとフリーの練習。

日本からの取材が行くと聞いてはいたが、NHKだった。
 まってました、ありがとう!

動画あり・・・もう見えなくなりました
  ↓
         
NHKWeb
c0067690_126071.jpg


まだ、表情硬い感じだが、大輔さんにはちゃんと長光歌子コーチや渡部トレーナーがともにいた。
なんだか安心。栄養士さんは行ってないのかな。
栄養を気遣って食堂では食事をとれるように用意してあると、ノヴォゴルスクでは力を入れているようだ。
だが、ロシアは食材の少なさに以前驚いたことがある。冬は無論のこと、夏でさえ野菜は少ない。食材の実態は驚くほどだったが、今はよくなったのだろうか。
 体調良く安心できる状態があって練習に専念していかれるといい。

≪追記≫
 雑誌のインタビューの中で食事について大ちゃんが答えていたので追記
 
ノヴォゴルスク国立トレーニングセンターは周りに何もないので練習と寝ることだけしかしない。
練習以外には食べることくらいしか楽しみがない。そのためビュッフェは豪華でおいしくて、昼を食べると次は夕食のことを楽しみにしてしまうくらい、太ってしまいそう。(『フィギュアスケート2012-2013シーズンガイド』より引用)


 モロゾフ氏の言葉もまだ固いがまだ、新しいプログラムを見たばかりだから仕方がない。
これまでのニコライが高橋選手のためにイメージも曲も衣装も作り上げてから指導してきたのだが、今度は他の振付師が作り上げたプログラムを持ってやってきた。そうした中でモロゾフ自身がこのプログラムの振り付けを飲み込んだうえで指導していかなければならない。
 
 高橋選手はモチベーションを高めているのでよかった。今年も来年も楽しみだ。

フリーはオペラ 
NHKさん、言ってましたね「オペラの曲」で滑ると・・・

SP ロックンロールで軽快に・・・「The Stroll」 
FP オペラで重厚に・・・レオンカヴァッロの「パリアッチ(道化師)」

オペラは昨年の鈴木明子選手のこうもりをはじめフィギュアではよくつかわれる。
道化師も過去かなり古くから今年の世界選手権まで実に多くつかわれていて、調べるとメンズシングル・アイスダンスなどに次々と見つかる。
たとえば
ロシアのセルゲイ・ヴォロノフが2011年ロシア選手権3位のときのFPだった。世界選手権では17位・・・「パリアッチ(道化師)」

しかもモロゾフ振り付けでいかにもモロゾフ衣装っぽい衣装。

◆アダム・リッポン2009

ジュニア選手権で優勝したときと、シニアでも演技した。曲は最後の方に道化師を使っているというが・・。
衣装はこれもハートで分かる。モロゾフデザイン!

◆そういえば、シェイリーンはモロゾフのもと奥さん。アイスダンスは曲が命だから、やはりこういう曲がたくさんある中で生活しているんだろうか。

 この曲よく知って自分でも振付しているから、モロゾフ氏もいろいろ言いたいだろうな~!
でも、まずはお手並み拝見!

道化師

短めのオペラとはいえ、その中のどの4分半余りを使うかで雰囲気は違うだろうが、それにしてもオペラはドラマであり、心情が色濃く出てくるのであるから表現力が別格な大ちゃんが、これをいかに表現していくかすごく楽しみなところだ。

 それにいろいろな音楽分野で真摯に邁進する大ちゃんをひたすら応援していくだけだ。

≪追記≫
・・・・・・・・・・・⇒10月6日ジャパンオープンで魅せた 「道化師」はこちら

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   

                                                                  
人気ブログランキングへ

by miriyun | 2012-09-17 12:02 | Comments(6)
Commented by tsurukame_ko at 2012-09-17 18:08
歌子先生もいっしょなら安心。などと、思ってしまうわたし。
新しい大ちゃんを、ドキドキ心待ちにしています。
それにしても、まさかモロゾフと共に闘う日がまた来るとは思わなかった、、。
進化し続ける高橋大輔。
Commented by petapeta_adeliae at 2012-09-17 21:43
アイスダンスはその曲が好きだからだけでなく、
その曲が書かれた状況、どんな気持ちで書かれたかを
理解していないと表現のしようがないですね。

>ロシアは食材の少なさに以前驚いたことがある。
ワタシが行った頃は10月でも中央アジアから野菜・果物が
運ばれて食材が豊だと思いましたが、独立して流通が
かわったんですね。
Commented by at 2012-09-18 23:46 x
今晩は。
フリーのプログラムは久々のオペラですね。
道化師・・・音とともに自分の中にとりこみ、どんな表現をみせてくれるのでしょうね。表現の幅を広げるというよりも掘り下げる、そんなプロになるのでしょうか。とても楽しみです。
それにしても、いろいろ意味を考えてしまう(笑)、シェイリーンのチョイス。モロゾフさんへのある意味課題のような。
モロゾフさんとの再タッグは、本当に興味深いです。
何の得があるのかないのか、ということより、人間としての鮮やかさがよりますのではないか、そんなわくわくするような気持ちがあります。
一緒に応援させてくださいね!
Commented by miriyun at 2012-09-22 04:32
tsurukame_koさん、
やはり、いつものスタッフが一緒にいることは安心ですね。
モロゾフのアドバイザーとしての第一歩、
まだ遠慮がちだけど、接点がきちっとつながるとよいです。
Commented by miriyun at 2012-09-22 04:34
ソーニャさん、食材が豊かになったのなら、もとより設備はよさそうなのでいいですね。
ここまで打ち込んで集中している高橋選手を見るのはほんとに楽しみです。
Commented by miriyun at 2012-09-22 04:38
翠さん、一曲をこなすたびに自分を深めてきている高橋選手ですね。
大ちゃんの精神の深まりと充実度がこの演目ではどのようにいかされてくるのか、
まだ一瞬しか見ていないのに、すごく楽しみになっています。


<< イスタンブルの朝      お届けもの..アラブの街角サナア >>