モロゾフの呪文か

ちょっとまじめな話からそれてわらってしまうのだが、勘弁してください。

ニコライ・モロゾフの呪文・・・・いや、正しくは熱血コーチ 

*面白すぎて思わず見たものを皆載せてしまった。お時間のない方は一つだけ

↑が見えない方は右のリンクから→【ニコニコ動画】熱血コーチ ニコライ・モロゾフ アモディオSP編 Trophee Eric Bompard 2010 ②



↑が見えない方はこちらから→【ニコニコ動画】熱血コーチ ニコライ・モロゾフ フェルナンデスFS編 世界選手権 2010


↑が見えない方はこちらのリンクから→【ニコニコ動画】熱血コーチ ニコライ・モロゾフ 安藤FS編 ②

~~~~~~
いや~、おもしろい・・・と言っては失礼だが、おもしろすぎる。だれが選手の演技も見ずににコーチを撮るようになったのか。それだけ特徴があることは確かだが・・。
でも、演じている選手はこれだけ熱く応援されて、一緒に踊っているかのように気持ちが入ってもらえたならば、やはり力になっているだろうな~!演技したばかりの選手に同じようなテンションのコーチが出迎えたらそれはそれでいいみたいだ。
選手にもコーチにもスタイルがある。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コーチとキス&クライ

何かと劇的な振り付けとざっとした振付という面がある人だけど、少なくとも力を入れて振付けるとこんな感じになる。すでに高橋大輔の4年前だってすごい眼力で見て何か声を出している姿が一瞬うつったりしていた。 でも全力で応援しているのはわかったし、失敗して点数が悪くても肩を抱いて大丈夫だよと支えてくれていた。
 この間の世界選手権でブライアン・オーサーがずっと好調できたフェルナンデスがボロボロだったとき、一言も話しかけないでいたのを見ると、高橋にはモロの方がよかったなと思う。


 人間関係や振り付けやコーチの力として現在どうなのかはわからないし、高橋大輔はすでにこのコーチをも含めて選べる立場になっている。だから、たくさんのコーチや振付師に協力してもらってやっていけばいい。
でも、フェルナンデス君の様子を見て、2009年モロゾフと不本意な別れ方をした後、スケート協会からオーサーにつくようにいわれたらしいが、高橋は歌子先生だけでよいと、他を拒否した。 いま、思うとそれでよかったのかもしれない。今季のフェルナンデス君へのオーサーの雰囲気は高橋選手には合わなそうと思ってしまった。その後振付のカメレンゴさんがいい感じの人だったので、キスクラに一緒に入るようになったが、あのように気さくで粋であたたかい人がよく合っていた。

 高橋選手はこてこてのクラシック、バレエ曲のようなものに今関心を持っていると思う。その分野をだれがより高橋選手の求める形で提示してくるのであろう。モロゾフはステップで最後にぐうっと盛り上げていくのが得意だろう。 粋でセンスと物語性のあるのはカメレンゴさん、デービッド・ウィルソンの振り付けのすきのない作りは1回で大ちゃんにぴたりと合って競技としても高得点をえられる構成であった。
 
 このあと、高橋はモロゾフにアドバイザーとしてチームに迎え入れる。振付はすると言っていない。それでもこれはどうだとモロゾフがいってくるかもしれないし、その前に高橋が~に決めたよと言い出すかもしれない。
 モロゾフがどういう形でのアドバイザーになるかからないが、高橋の演技が思い入れの深いものになるほどにモロゾフスタイルのあの熱血応援を見ることになりそうで、それも悪くないなと思っている。

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
Commented by petapeta_adeliae at 2012-06-18 12:42
ここまで感情移入できてしまうことに愕きです。
ただ応援の言葉を発しているだけなんですか?モロさんも以前は
スケーターだったのかしら?
モロさんの行動もショッキングでしたが、

>選手にもコーチにもスタイルがある。
このひと言にmiriyunさんに懐の深さを感じました。
ワタシだったら、一歩ずつ後退してるかも。
Commented by ジョー at 2012-06-18 15:40 x
感情移入できる熱心な裏方があり、それに応える選手がありの持ちつ持たれつなのですね。
面白かったです。
仰るとおり、水分補給忘れないようにします。
Commented by じんじ at 2012-06-19 06:46 x
織田君はチャプリンがとてもよかった。アモディオもサンバを踊っていた。モロゾフは何が合うかよく見ている。大ちゃんがソチまで体力が維持できて、メダルが取れたらexでシベリア出身の野性的なバリトン歌手ディミトリ・ホフロスキーの生歌で「黒い瞳」を滑ってほしい。器の小さなスケターならこの歌手の存在感にかすんでしまうが、我が大ちゃんは
彼を凌ぐ才覚を見せるだろう。
Commented by miriyun at 2012-06-20 03:09
ソーニャさん、一歩ずつ後退(^^)・・・知らない人が見たら逃げますよね。
知っていて見てもやはり変ですもの。演技終了と同時に戻るのも
この人の常。アイスダンスの選手だった人で、実際に滑りながら教える人なので、演技を見ながら力が入っていってしまうみたいです。
でもあの身体が沈んでいくのはなぜなのでしょう。不思議な人です。
彼のような人が必要な選手には選手にとっては心強いのかもしれませんね。
Commented by miriyun at 2012-06-20 03:12
ジョーさん、振付けた選手への、あるいは振付桁作品への熱い思いはよくわかるんですが、
それでもここまでやるのかと改めて驚いてしまったのです。
Commented by miriyun at 2012-06-20 03:45
じんじさん、以前の高橋選手と違って自分で今季の作品も来期も考えようとしていますよね。そのなかで、周りの振付師たちは力関係やライバル関係など周囲が一生懸命考えていますが、ちかいうち、大輔氏が選んだ曲と振付が出されていくのでしょう。
 他の人にはまねできない作品に大輔氏自身がかえていくので、楽しみです。
by miriyun | 2012-06-18 01:44 | Comments(6)

*写真を使って、イスラーム地域や日本の美しい自然と文化を語ります。日本が世界に誇る人物についても語ります。フィギュアスケーター高橋大輔さんの応援ブログでもあります。


by miriyun