音を追うのではなく・・・高橋大輔

*不規則な生活がたたり、とうとう風邪でダウンしてしいました。
 いつも来てくださっている方、今月はお返事も遅れがちで申し訳ないです。
イスラーム地域のこともアラビア語関連のことも、まだまだ書く状態でないので、あと少しお待ちください。
今、最悪の状態なので、あとは復活するだけだと自分にはっぱをかけています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 こんな時には心の清涼剤、短いフィギュアをひとつ紹介させてください。


音を追うのではなく・・・  
 外国の方が撮った高橋大輔選手の練習風景・・・・会場には他のBGMが流れている。
それに、大ちゃんの曲を載せてみた動画主さま、素晴らしい発想で楽しんだ動画主様お借りします。


上が見えない方は、右のリンクから→【ニコニコ動画】高橋大輔【FS練習】

c0067690_23542715.jpg

 フィギュアの選手はもちろん、音なしでも練習できるくらいに曲は覚えているものだろうが、普通はやはり曲を聞いてそれに合わせて動いている。そうするとどんなに合わせても、音にずれが生ずる。
 ところが高橋選手のプログラムは見ていて実に気持ちがよい。音が鳴って」体が動くのではなく、動きの中から音が生み出されていくかのようなのだ。



例えば、ブルースで複雑なステップや腕の動きをしていたかと思うと突然素早い動きで片腕が突き出される。その時、観客からは彼の指先から音がはじき出されたかのように感ずる。だから、高橋選手の音のとらえは他の選手の音感と違ってリズムと音を自分の中で熟成させながら、滑りやジャンプも練習しているのかなと思ってしまう。

 ニースの世界大会直前の音がけ練習で、会場スタッフが高橋選手の曲を途中で切ってしまったことがある。しかし、音がなくても普通に滑っている高橋選手、さすがにある程度きりのいいところまでやってやめていたが、いくらでもあのテンポで滑れそうだと思ったものだった。

 今回の動画では無音というか雑音の中で、滑っていた高橋選手だが、その動きはあの細かい振付のメリハリまで含めて、見事に音と合っていた。アイスダンスの選手も音を待っていてはできないのでそれに近い。
 音楽を身体からはじき出すかのような動きを4回転ジャンプや、美しい3アクセルを流れを崩さずに軽く飛びながらやっているから心地よいのだ。

 現地に行っていなくても、このように練習風景まで共有できる。ありがたい時代だ。

 


                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
by miriyun | 2012-05-19 23:49 | Comments(6)
Commented by orientlibrary at 2012-05-20 18:41 x
お大事になさってくださいね。休むことも大事!
辛い状態でもブログ更新なさって、、その気力と誠実さに、頭が下がります。
(このコメントへのお返事、お気遣いなきように!!!m(_ _)m!!!)
Commented by tsurukame_ko at 2012-05-20 19:22
お体大事になさってくださいね。どうか無理なさらないように。

それにしても、高橋大輔の動画、拝見しました(≧ω≦)b
さすがお見事!
ここまでできるからこそ、あのステージがあるのだと感激しました。
そしてmiriyunさんのコメントが、うんうんうん!とぶんぶん頷いてしまいました。
もー、大ちゃんが大好きー (≧∇≦)b
Commented by miriyun at 2012-05-21 17:22
orientさん、いや~、単に心のよりどころを求めてみたいなところがあって・・・、すいませんご心配かけました。
これを書いた後一日養生したら、急速によくなってきました。
でも、今後よく眠ることだけはしようと思いました。
Commented by miriyun at 2012-05-21 17:27
tsurukame_koさん、ご心配かけましたが、これをアップしたいと思った時点で、気持ちは上向きになれたようで、そのあと、体調も戻ってきています。
スケート同意してくださる方がいらっしゃるとアップする意欲が高まります。大ちゃん、これからも目が離せません!
Commented by キク at 2012-05-26 19:07 x
以前テレビ番組で、しーちゃんと亀田興毅君が体内時計の正確さを競うってのがありました。しーちゃんは、ショートプログラムを滑ったのですが、少しズレて負けてしまいました。前から、これ大ちゃんなら勝てると思ってました。この動画は、さもありなんですね。こういうところや、首の動かし方、美しい手のさばき、表情などが得点につながらないものでしょうか。大ちゃんは、もう来季に向かっているのに、まだこんなこと言ってます。でも、確かに風が大ちゃんの方に吹いてきていますよね。
Commented by miriyun at 2012-05-27 15:36
キクさん、体内時計ってやはりこういったスポーツの人は鋭いのでしょうね。大ちゃんは2013年度に向けて、いろいろと動き始めています。
また、次のシーズンがとても楽しみです。


<< 金環日食・・・横浜みなとみらいより ドバイモール・アクアリウム >>