高橋大輔*世界選手権続編(3)

オリンピック年と同じように感動を呼び、それ以上に進化もしていた高橋大輔、
更に他の国のTV解説が入ってきている。
アップしてくださる方・翻訳してくださる方に感謝しつつ・・・。

 
◆British Euro Sport版 SP  ・・・・音が大きいので注意。音量を小さくしてからどうぞ。
British Euro SportのSP解説     

↑が見えない方は右のリンクから→【ニコニコ動画】≪British Euro Sport≫高橋大輔 2012 世界選手権 SP:In the Garden of Souls
 
音割れしているが、お客席からの集音もしっかりしているので歓声と拍手と・・・会場の空気感がよくわかる。 
    『魂が噴出している!』


◆British Euro Sport版 FP・・・ニースの会場にいるような臨場感。客席からの盛り上がり度、こんなにすごかったのだというのがよくわかる。

↑が見えない方は右のリンクから→【ニコニコ動画】【英EURO SPORT】高橋大輔 2012 世界選手権 FS

     解説者は彼を評して、『天才!』・・・と、うめいた!


◆フランスお茶の間版*日本語翻訳FP
弾丸解説者・・・しゃべるわしゃべるわ、弾丸のように喋り捲る実況アナウンサーと、演技が終了後に一気に感激して話し出すアニックさん

↑が見えない方は右のリンクから→【ニコニコ動画】高橋大輔 2012 WC FS[フランスお茶の間実況]

☆観客目線の動画

~揺れるけど臨場感たっぷり~  映像よりも観客席からの歓声など会場全体の興奮度がわかる


c0067690_3123636.jpg



2.振り返って 
c0067690_3125095.jpg

羽生くんは十分満足だろうが、高橋選手はくやしいはずだが、笑顔であくまで紳士的

 今後もかっこいい戦いぶりが見えるであろうこの二人、表し方が全く異なるがふたりともすばらしい。
今回の世界選手権を振り返ると・・、

1.女子よりも男子にハイレベルな熱戦がくりひろげられた。
 かって少年時代の高橋大輔は、女子はお客さんが一杯なのに、男子は見に来てくれないと嘆いていた。
それが、大ちゃんを見るためにはるばる北海道に大阪にあるいはコロラドスプリングスへ、ニースへと応援に行く人たちが増えた。それって、男子フィギュアを引っ張ってきた高橋選手自身がつくりだしたフィギュア人気だ。

 だが、世界各地で開催されているのを見ていると、客席がすかすかだったり、上の方も全く埋まっていない地域もある。せっかくすばらしい選手がたくさんいるのだからしっかりとしたジャッジシステムや観客へのアピールや開催地の整備などもできるといいなと思う。

2.時代は完全に4回転時代。
 今回各選手の4回転ラッシュはすごかった。
 高橋選手もようやく軽く飛ぶことができる4回転の復活を遂げた。来期は4回転を2回入れていくと言っている。つまり4回転フリップを入れようとかんがえているという。

3.やはり、ジャッジに納得できないと多くの人が感ずることがある。
  人間がすることなので、ジャッジの観点も微妙にずれるのはわかる。しかし、あまりにも多くの疑問の声が上がったときには、調べて説明できる理由を発見できればそれはそれでよい。ところがそういう振り返りができる組織であるのかは疑問が残る。
  単純ミスなり、意図的ミスがなかったかを検証するシステムが外部に構築されるべきではないだろうか。それがないといつまでもこんなことが続いてしまう。それは真摯に技術と芸術性を磨いている選手を翻弄することになるのではないかと危惧している・・・。 

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

 
by miriyun | 2012-04-04 03:48 | Comments(4)
Commented by ゆうも at 2012-04-04 11:25 x
こんにちは、miriyunさん。
私も以前から採点には疑問を感じていました。元ジャッジのパトリック・イベンス氏のインタビュー記事を読んだ時は憤りを感じました。(miriyunさんもご存じかと思いますが)
それが本当なら、様々な犠牲をはらって日々重ねている選手たちの真摯な努力を踏みにじる行為です。許されないことです。
公正なジャッジもいるんでしょうけど。
イベンス氏は高橋選手のことをすごく褒めてくれていたのでそれはうれしかったんですけどね。
藤森美恵子さんも以前解説で採点に疑問を投げかけていらっしゃいました。確かコンポーネンツのジャッジとエレメンツのジャッジを分けたほうがより正しく採点できるのではないかというような事を言っていたように記憶しています。間違っていたらごめんなさい。
プログラムコンポーネンツはジャッジの主観が入るでしょうし難しい部分もあるんでしょうね。
全ての選手に公正な採点がされるように、miriyunさんが言うように、外部に検証するシステムを構築する必要があるのではないかと思います。
Commented by なな at 2012-04-05 22:07 x
困った。
また来てしまいました
今夜も動画りぴして眠れないです^^;
Commented by miriyun at 2012-04-07 11:52
ゆうもさん、元ジャッジの方のお名前を教えてくださってありがとうございます。2010年のバンクーバー直後のTVで特集されて見ていたのですが、それきりで名前を覚えていなくて誰だったのだろうと気になっていたのです。高橋選手こそが世界一であると言っていましたよね。
プログラムコンポーネンツ・・・プロトコルをじっとみてみました。
いくらでも主観でできますね。
確かに分けて複数のそれも主催側が選ばずに抽選か何かでジャッジを選んだ方がいいのではないか、
半匿名性をなくすななり、説明責任をつけることを義務付けるなりした方がいいように思うようになりました。
Commented by miriyun at 2012-04-07 11:57
ななさん、すいませ~ん!!(^^;)ゞ
りぴ地獄、いや見ている間はリピ天国でも、次の日が~!
巻き込んでしまいました~!
でも、近年ない傑作でしたね~!動画・・・永久保存版にしようと思っています。


<< 遅い春 高橋大輔・・世界選手権2012... >>