写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 04月 01日

高橋大輔・・世界選手権2012完璧FP*動画

2012世界選手権・・日本勢の活躍
 2012年の世界選手権・・・余りにもすごいことが多くて、どこから書きはじめたらいいのか、でも今のうちに書いておきたいので、いつものごとく、あとから追加もしながらやっていこう。

 ニースの世界選手権が終わった。
◆ペア初のメダル(マーヴィン・トラン、高橋成美組の銅メダルおめでとう)
◆女子は鈴木明子さん、銅メダルおめでとう!                
◆そして、男子は表彰台で見る国旗は赤と白の国旗ばかりで配色シンプルだった。
  W表彰台おめでとう!
  羽生くん、7位発進でフリーで渾身の力でジャンプを跳びすべてのジャンプを成功させた。何でもない滑りのところで転倒があったが、その必死さが表情にも演技にもに現れている彼の必死演技は観客を巻き込み高い評価を受けて総合3位にまで浮上した。第3グループが終わった時点で2位以下を大きく引き離す251点を出していたので、これはもう第4グループに確実に入りメダル争いに食い入った。17歳が4回転をきれいに跳び、喝采を受けたわけなのだが、第4グループはその異様な雰囲気の中でそれぞれが演技をしていく。

◆さすが、世界1を争う、最終滑走グループ。 6人全員が4回転を成功させていったのだ。そして、4回転は緊張の中でみな跳ぶのだが、そのあと、平常心で間違いなく充分なレベルを取りながら自分らしさを出して演じられるかというところだ。それにはあまりにも長い4分半であった。だからジャンプがからとびになったり、つなぎが悪かったり、残念なところがたくさん出てきた。それでもフェルナンデス以外は大きな失敗でなくまとめていたのはさすがだったと言える。チャンも完璧ではなかったが、2回の4回転を入れることで追い上げをかわした。
 こうした中で、男子総合成績(Final Results)は、

1位・・・パトリック・チャン   266.11
2位・・・高橋大輔    259.66
3位・・・羽生結弦    251.06
4位・・・Brian JOUBERT  244.58
5位・・・Florent AMODIO 243.03
6位・・・Michal BREZINA  239.55
7位・・・Denis TEN   229.70
8位・・・Jeremy ABBOTT  226.19
         
 (小塚は少し順位を上げて11位)

また、上位2名の順位を合計しても13以内になるので来年も男女シングルとも3枠ずつ確定
          すごいね、日本フィギュア界!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 とくにすごかったのが、4回転を入れないと上位に立てなくなった男子シングルの熱戦!!
力が入る、応援する側も熱くなったり、青ざめたり・・・

高橋選手は今年度、世界を見据え、身近なところでは羽生君をも意識に入れて何しろ4回転を入れるという固い決意で練習してきた。
パトリック・チャンは自分がNo,1であると自負しながらも、唯一のライバル、好敵手として高橋を見てきた。

 いずれも終わってみればその見識が当たっていたというか、二人のチャンピョンは見方が冷静で力をよく知っていたと言える。

高橋大輔のFP*Blues for Klook 

 コロラドスプリングスでの4大陸選手権終了後、高橋はカメレンゴさんの本拠地へ出かけ、振付の修正をしてきた。プログラムをより綿密に難易度をあげたのだった。何度もあの振付を見てきて慣れてきてしまった眼には新鮮であったり、ふんいきが変わった部分もある。

◆ニコニコ動画・イタリア版*日本語訳つき

↑ が見えない方は右のリンクからはいってください⇒【ニコニコ動画】【イタリア版日本語訳】 高橋大輔 世界選手権2012 FS:Blues for Klook
   ↑ 
 このまま進行マークを押すと、小さな画面。PCに余力のある方は是非大画面にしてご覧ください。(Wクリックして、ニコニコ動画にする。ここでログインをもとめられたらメールアドレスとパスワードを決めて入れる。右下の大画面表示のところを押す)

 「道」以来の名作です!

 いつものように曲とともに片足を軸にして足さばきよ周りはじめてスタート。そして、リンクを大きく回って4回転へ。祈るような気持ちだが、以前の運がよかったら跳んでくれという気持ちからたぶん跳べるだろうという気持ちに変わっている。そして、成功!

 この日の練習ですでに3回もクワド(4回転ジャンプ)を跳んでいたというから4回転が軽くなったと昨日感じていた通りなのだ。なんと長い間、跳べていた4回転ができないという状態を我慢してきたことだろう。過去の栄光も点数も引きずらず、いつも最初からの挑戦ととらえて新しいことに挑戦していくかれだからこそ何年もの間耐えられたのかもしれない。
 ようやく、SP/FPとも4回転を跳ばせるようになった・・・・その場限りを考えれば、4回転を無理に入れなくても安全に勝てる場面でも、あえて入れてきた。そのようにしてきた彼の勝負していこうという気持ちをおもうと、4回転できるようになったことだけで涙腺が緩んでくる。 
                                                   
 しかし、演技はドンドン進んでいく。トリプルアクセル さすが、きれい!
トリプルサルコウ、なんて軽やかに氷の上に降り立つのだろう。あまりにもさらりとやってしまうので、その凄さが伝わらないのか加点が少なすぎる。
 かまえずに演技の中でさらっと跳んで、、降り立った途端に手のひらを返し身体の向きを変える、切れのある演技だが、ジャンプの後、ことさらにその跳べた姿勢を見せる選手が多い中で、正当に高橋のジャンプが評価されているのだろうかと心配にもなった。

 今季、グイッと曲がりながら飛ぶ迫力のトリプルアクセルートリプルトゥーループも順調、歓声が上がる。
 演技構成を変えたところはすぐに分かった。かなり複雑にステップを踏み音合わせをしてもある。最後の方は3連続ジャンプもいれた。最後の3F(助走なしのくるくるフリップ)さけが回転数が微妙だったのかダウングレードになってしまった。イタリア人解説者はどのジャンプもクリーンだといっていたが・・。
c0067690_16202487.jpg

 しかし、そこまで乗り越えて、コリオステップに入ると、ほんとにうれしそうに高橋選手は生き生きとした表情でステップを踏む。
c0067690_1665025.jpg

ブルースにしてはちょっとはじけすぎかと思うくらいのキレキレステップ!

 劇的な音と歌詞のない声が盛り上げる「ロミオとジュリエット」のような曲の迫力はなく、最後も淡々と終わる。その曲をここまで完璧にノーミスで仕上げた。しかも追い上げ厳しく、小さな失敗も許されないような極限の中で力を発揮してミスなくいい笑顔でステップをすべった高橋大輔。
 最後の方ではだれもが苦しくなり脚が重くなるというのに、最後のステップまで力の衰えないどころか、一番の魅力を見せてくれる。
c0067690_1615478.jpg

                演技が終わったところでの笑顔、バックはスタンディングオベイションの観客

   いや~!あなたが一番!、世界一だよ・・・心から喝采した。

 もちろん、点数的に2度の4回転を成功させたP・チャン選手がすごいことはわかっている。スケーティングがきれいなことも知っている。ISU的にはチャン選手の優勝なのだけれど、
             私の中では

                              『大ちゃん、あなたが一番!』  でした。

********************* 

◆追記・・英 Euro Sportのこんな解説があった。こういうとき、ヨーロッパ系メディアは明快な表現で言及する。こういう面が日本メディアにはない。

  ↑が見られない方は右のリンクから⇒【ニコニコ動画】【英EURO SPORT】2012 世界選手権男子シングル競技結果【総括】

*********************

 
c0067690_21392751.jpg
     
 選手の皆さん、一年間ご苦労様でした。素敵な感動をありがとう!(チャン選手に表彰のときにブーイングがあってかわいそうだった。選手に問題はなく、採点の仕組みや採点者の問題だと思う。誰もが気持ちよく安心して競技できる環境をISUは整えるべきでは・・・。)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆高橋はクアドをクリーンに跳んだのは今シーズンこの大会が初めてだったと言っている。私たち日本人は全日本で彼がSPで4-3を完璧に跳んだことをしっているが国際大会ではないので、ここで初めて跳べたことになるのだった。そういう意味でも高橋は自分が言っていた自分の満足のできる演技を目指すということができてきている。
 かれはまた、膝のボルト抜きの手術のあとソチまでの長い道のりを目指すことにした時、ここで銀メダルを獲得できるとは思っていなかったという。
 
でも、「私はよくなりました。私は、まだよくなる ことができる ということを私自身に証明する ことができました 」と彼 はISUのインタビューに答えた。
 
c0067690_21392525.jpg

  大ちゃん、いまごろ、クロワッサンを食べているのかな?

        あなたのこの何年間かの心のもちよう、この一年の前向きでアクティブな姿勢は
         フィギュアスケーターだけでなくたくさんの人の勇気になったと思います。

              ありがとう、大ちゃん!
                     
          
                                                         一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      

by miriyun | 2012-04-01 13:25 | Comments(13)
Commented by tsurukame_ko at 2012-04-01 13:38
ああ、ゆうべは本当に!!すばらしかったですね!!
神様が降りてきたみたいに、すばらしい演技でした。
羽生先週の渾身のロミオ、そして高橋選手の神憑りのブルース。
心が震えました。
アスリートたちは、こんなにも強く、心を打つのだと感激しました。
それからジュベールも、まさに王道!素晴らしかったです。
どうか小塚君が来期は力を出し切れますように。

女子の( )書きに感謝します。ありがとう。
Commented by えるだーおばば at 2012-04-01 21:57 x
こんばんわ、おばばです。
良かったですねえ、銀メダルに銅メダル。
フリーは羽生君が大輔君を上回りましたが、おばば思うに、かなり音楽に助けられた面があったと思います。
これからが、彼の真髄を試されることでしょう、でも賢い子みたいだから、大丈夫でしょうね、美少年だし、ファンも増えそう。
おばばからしたら、しっかりしすぎてて、可愛げがない。
大輔君、風格があって、素敵!世界の高橋になってますし。
チャンの演技は見てないのだけど、現地で観ていた人によると、点数に会場からブーイングが激しかったそうで。
Commented by なな at 2012-04-01 23:43 x
いつもありがとうございます!
私はTVで見る必要がありません。
miriyunさんのセレクション動画が一番信頼できるし
miriyunさんの解説が一番わかりやすく同感できるから
それにしても大ちゃん突き抜けてるよね~♪
Commented by miriyun at 2012-04-02 04:46
tsurukame_koさん、あぁ、ほんとに高橋選手の苦労や努力を認めた神様がいるんだと思ったものです。信じられないくらいに素晴らしく、それでいて、信じられないほど点が低かったです。得点制はわかるけれど、流れを途切れさせないなめらかなプログラムのはこびや流れは評価されないのでしょうか。
 でも、そんなことよりも彼自身が自分で満足できるようにできたことを喜んでいきましょう。
わかる人はわかるとうなづきながら英国のメディアの言葉を聞きました。
 
Commented by miriyun at 2012-04-02 04:51
えるだーおばばさま、世界の大輔・・・そうですよね!
いいものはいいとわかるのです。
たくさんの人に現役のうちに高橋大輔選手の真価を分かてもらいたいものです。
最近演技に風格・品格が出てきました。
経験を経て一回り人間的にも円熟してきていますね。
Commented by miriyun at 2012-04-02 04:57
ななさん、わはっ、そんなに信頼していただいて、どうもどうもです((^_^;)
大輔選手の人柄と真摯にスケートへの立ち向かう姿勢がすてきですよね。
それにしてもこんなにも世界から愛され、スケーターとしての才能・技術・表現すべてを持っているといわれる大輔君の存在が嬉しくてなりません。
Commented by tsurukame_ko at 2012-04-02 08:01
再びですが、後半の記事、ああ同意です。泣けてしまいました。
ヨーロッパの解説を教えていただき、ありがとうございます。
チャンは確かに飛びましたが、ただそれだけだと思うのです。
どうして高橋選手の点数があれほど低いのか、ぜんぜん納得できません。できませんとも!!
だけど表彰式のときに、笑顔でチャンを祝福する大ちゃんを見ると、、、。
自分の納得できる、本当にすばらしい演技を見せてくれたんですもの。
大ちゃん、ありがとう。

個人的には鈴木明子選手の銅メダルも、とてもうれしいです☆
彼女のスケートにはいつも勇気づけられる、いつまでも応援したいスケーターです。
Commented by ゆうも at 2012-04-02 15:40 x
終わりましたね、世界選手権。
いろいろな思いが入り混じっていて、うまく言葉で言い表せないですけど。納得のいく演技ができた選手、そうでない選手。悲喜こもごもですね。
でも、大ちゃん銀メダルおめでとー!!!
羽生選手銅メダルおめでとー!!!
鈴木選手銅メダルおめでとー!!!
高橋&トラン組銅メダルおめでとー!!!メダル4個なんてすごい!
高橋選手の点数、確かに低いと感じました。チャン選手や羽生選手のジャンプと比べると着氷後の流れがないようにみえるからでしょうか。
加点が少なかったですよね。PCSももうちょっと出てほしかったな。
でもそんなこといっか、と思わせてくれるくらいの素敵で穏やかな高橋選手の笑顔でした。追う立場のほうが彼をより奮い立たせてくれるのかもしれません。
カメレンゴ氏の喜び爆発の笑顔も目に焼き付いています。
高橋成美選手の銅メダルが決まった時の子供のような喜びかたも目に焼き付いて離れません。(笑)
次は国別対抗ですね。楽しみだな~。
Commented by ゆうも at 2012-04-03 10:38 x
何度もすいません。コメント修正しようとしたんですができないんですね。そんなこといっかなんてお気楽に書いちゃったんで(汗)。やっぱりそんなことないなって思ったので。
高橋選手は悔しかったんですものね。勝ちたかったんですもんね。
でもこの経験が彼の闘争心にまた火をつけて、彼をより高みに向かわせてすべてが更に磨き上げられて、次のシーズンには更に進化した高橋大輔が見られると期待してます。今からわくわくしてます。
ほんとに何度もすみませんでした。
Commented by miriyun at 2012-04-05 07:54
tsurukame-koさん、
鈴木明子選手も大ちゃんより年上だけれども元気で曲へのノリが素晴らしいですよね。私も応援しています。年齢は技術だけでない深みを出して行くものだと高橋・鈴木選手を見ていると感じさせられます。
どんな組織も流れがよくないとよどみかねないものですね。
Commented by じんじ at 2012-04-07 10:58 x
高橋選手の得点が伸びなかったのは、次のチャンを気にかけたからのように思えました。操作しているような感じの悪い採点でした。選手のまっとうな努力を見ている観客のブーイングの力も今後の是正に貢献するはずで、日本人的な傍観というのはどうかと思います。チャン選手は少しも可哀そうではありません。西洋人にはそのやり方が見苦しくても異論を唱える強さがあるのです。
Commented by miriyun at 2012-04-07 11:00
じんじさん、たぶん、はじめまして・・・だと思うのですが、違っていたらごめんなさい。
ブリティッシュ・ユーロも言っていたように、しかるべき調査が必要だと思います。この組織にも上層部が入れ替わらない古い体質が組織の中の流れを澱ませているように思えます。詳細は知りませんが、表彰式では、選手でなくて、組織代表者やジャッジが出てきたところへの観客の反応の方が共感がもてました。
ブーイングということ自体に力があり、それを組織改善への世論として固まっている組織に自覚させることは有効だと思っています。
Commented by miriyun at 2012-04-07 11:02
ゆうもさん、日本選手へのいきおいのあるおめでとうメッセージがとても嬉しかったのですが、大変お返事が遅くなってごめんなさい。
 超忙しくて寝る時間もないのに、世界選手権への思いだけはふつふつとして記事を書かないではいられなかったのですが、せっかくのコメントへのお返事がかけなくて失礼しました。
 高橋選手・・・おっしゃるようにこれでおわりではないですよ。これからもっとモチベーションを高めてだれも文句の言いようがない選手になると思います。そういう公正さをみんなが願うきっかけになる選手なのかもしれませんね。
コメントは最初に書き込んだ時のパスを入れればご自分でいったん消すことができます。いったんコピーしておいて、×印で消して、新たなコメント欄に貼り付けして修正しながら書くということができます。


<< 高橋大輔*世界選手権続編(3)      高橋大輔 加速ステップ...2... >>