高橋大輔 加速ステップ...2012世界選手権動画

2012世界選手権*ニースの緊張    
 世界選手権始まった。時間はないが、これだけは見逃せない。放映が夜でよかった~!

まずは、30日ショートプログラム。そして今日31日にフリー。
世界選手権はやはり雰囲気がグランプリシリーズや四大陸とは違う。

 1年間の集大成。ここに照準を合わせて30名の選手が世界から集まる。見慣れた選手もいれば、こんな選手・こんなプログラムもあったのだと驚かされるのもある。やはり、数人が戦うグランプリシリーズよりも盛り上がる。
 そして、やはり緊張感は半端ない。大丈夫と言っている選手たちも次々とミスがあり、とくに4回転ジャンプなどずっと安定していた羽生、ここへきて絶好調という小塚もミスがあった。いいセンスを持っているアモディオもアボットもミスがあった。フランスの声援を受けたジュベール・フェルナンデスはよかったが。技術的にも十分満足できたのは昨夜の男子ではミハル・ブレジナだけだったかもしれない。(少なくともTVで放映してくれた範囲では。)
 ミハル・ブレジアは本来東京世界選手権に照準を合わせて作った太鼓のリズムを体いっぱいに使って大胆に切れよく表現した。これまでで一番をこの大会に合わせられた素晴らしい演技であった。

☆今回素晴らしい力を見せてくれたブレジナのSP「鼓童」はカメレンゴ氏の振付。バンクーバーで高橋の「道」の素晴らしさを見て依頼したという。
 尚、その当時、彼は4回転論争のあった中で、次のように言っている。
・・・自分はコーチのいうことを聞いて4回転を回避したが、高橋はそこそこ滑ればメダルだとわかっていたはずだ。それなのに最終滑走で4回転フリップを入れた。
 彼には前人未到のことに挑戦する気概がある
彼は世界王者にふさわしいと僕は思う・・・・(ミハル・ブレジナ)



高橋大輔のSP In the Garden of Souls  
c0067690_10301782.jpg

                          ↑ 曲がかかるのを待つ。大ちゃんはSPとFPで必ずヘア・スタイルを変えてくる。このスタイルも決めている。

 そう、その気概が見えた今季の高橋大輔選手。
今回、4回転の後に唯一の失敗があったが、そのあとオリンピック以来の気概を見せている。他のことなんて考えさせない、高橋大輔だけを見ていたくなる気迫があった。


 さてSPだが、早速,動画をアップしてくしてくださった方や翻訳してくれた方がいらっしゃるので、お借りする。それにしても高橋ファンすごい!、そしてありがたい。
◆ロシア語版ー演技内容にそれぞれ得点つき・・・翻訳はまだだが、会場の雰囲気はすごく伝わる。最後のステップは圧巻!


↑ PC以外からご覧の方は上のが見えないかもしれません。その場合は⇒のリンクからどうぞ【ニコニコ動画】【高橋大輔】2012世界選手権 SP【ロシア語解説】



 インタビューで4回転の後に3回転も入れないと勝てないかなとこの一瞬に考えてしまったと言っていた。確かに4-3のトリプルの方でで失敗して手をついてしまったので4回転は認定されているがトリプルがGOEでずらりとー3がついて点が下がってしまった。NHK杯で90点越えしている高橋だが85点台になってしまった。い

 だが・・・・

 悪くない!

 いや、4回転は力みがなくて軽く入れるようになってきた。以前はできていた4回転、ひざのけが以降、なんと言われようと入れてきた4回転がここまでの苦労の甲斐があってさらっと入るようになってきたのは大きな成果だ。軽く入ったので、もう少し飛んでおかないとチャンと戦えないかなと考えちゃうほどある意味余裕が出てきている。昨年のプログラム通りにやっているのにできないよという状態と全く異なる。

 そして、そういう状態でやっているので、失敗を引きずることがなくなった。今日できなければ明日できるようにしようと思うと高橋選手は言っている。その気持ちがゆとりと大局を見つめるようなめになっているのかも・・。

技の極み・・・SPステップ

そしてスピード、複雑な演技をしながら60mリンクを斜めに突っ走るところ、GPFあたりから速いとおどろいていたが、それが速すぎてどういう姿勢なのかわからにくらいだ。
c0067690_10362823.jpg


c0067690_10363221.jpg

ダッダッダンという音に合わせて駆け抜けているかのようなのだが、なぜ音が心地よいのかと思って分解してみたら走り抜ける中でこんなにも体を沈めていた、

c0067690_10382563.jpg

c0067690_10381469.jpg

次の瞬間にははじけて伸び上がりその勢いで向きまで変えて、

c0067690_1039336.jpg

さらにステップを入れながら走り抜ける

そのあとにピタッ静止して腕と首を前後に動かし静止するの蛾動に対しての静としてのメリハリ感が何とも言えない。
 躍動感があって音楽にあっていて否が応でも心と体にしみいる演技だ。


このあとの終盤のステップのスピード感のある手足の運び、
  身体の反転させるときの切れにぐいぐいと引き込まれ、
     くびのグルンという回転にさらに興奮は拍車をかけられる。
     
      いや~!眼福!感性の勝利!

ふつう、こういうスポーツ競技というと点数と順位が大事でそれについてのコメントを書くべきかもしれないが、高橋選手の進化がみれて、美しい演技に堪能するといつも順位のことを忘れてしまい、あとで追加記入することが多い。もちろん、アスリート・高橋大輔はいつも勝ちに行っているのであるけれど・・。
 どんな競技にも別格な選手がいるものだが、かれはやはり別格だ!


◆イタリア語版ー日本語翻訳つき。

↑が見えない方は右のリンクからどうぞ⇒【ニコニコ動画】高橋大輔 2012世界選手権 SP【イタリア語解説】 

 もう、高橋の別格さ加減を感じすぎてる解説者で笑ってしまうのだが、その解説の中で、振付のカメレンゴさんの言葉を紹介していた。
 
 今回のショート(デーヴィッド・ウィルソン)とフリー(パスクァーレ・カメレンゴ)の高橋のプログラムの特徴は全く息つく暇もない構成となっています。体を休ませる部分は無く、ずっと動き続けます。パスクァーレは多くの振り付けをしてきましたが、そのようなプログラムを作る、
「なぜなら相手はアスリート・タカハシだからこれをつくれるんだ」(振付師パスクァーレ・カメレンゴ)

また、別の機会にパスクァーレ・カメレンゴ氏曰く、「高橋は振付師にとって夢のような存在だ」と。

                                        ・・・・なるほど、さも、ありなん(miriyunのつぶやき)
 

いよいよフリーへ
◆曲かけ練習風景

4回転・・やはり、入りが軽くなっている。長光コーチが心配するほど、これまでにない追い込んだ練習をしてきた高橋、あと数時間でフリーが始まる。
◆SPの結果
1.P.チャン
2.ミハル・ブレジナ
3.高橋大輔
4.ブライアン・ジュベール
5.ハビエル・フェルナンデス
6.フローラン・アモディオ
7.羽生結弦
    ・
    ・
    ・
13.小塚崇彦

FPはSPの順位順に6人ずつ分けてそのなかで、出走順は抽選で決まる。そして順位の低いグループから始まる。だから最終グループに入っていることが選手の目標でもあるわけだが、

◆ 1~6位の選手は第4グループ
   羽生結弦は7位なので 第3グループ
   小塚崇彦は13位なので第2グループに登場する。
いずれも転倒があって順位を下げたが、実力があるのでフリーでの巻き返しが大いに期待される。

                                                       一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
by miriyun | 2012-03-31 09:31 | Comments(4)
Commented by tsurukame_ko at 2012-03-31 18:31
昨日のステップは、本当にすばらしかったですね!!涙
今日もテレビの前に釘付けです。
カメ先生のことばを教えてくださってありがとう。
Commented by miriyun at 2012-04-01 16:38
tsurukame_koさん、ちょっとしたミスはあっても、そのあとがしっかりとしているから
ミスしたことをすぐに忘れて楽しむことができます。
今季の高橋選手、ほんとに見ごたえがありますね。
Commented by ジョー at 2012-04-06 02:15 x
高橋さんの笑顔は、たしかに同性から見ても爽やかです。
好きってすごいですね。
文章が生き生きしてます。
今月もヨロシクどうぞ。
Commented by miriyun at 2012-04-07 12:04
ジョーさん、
素晴らしいアーティストでも選手でも建築家でもこんな人と同時代に生きていてよかったと思う人がいますよね~!
これまでそんなに熱くなる方でなかったのですが、今はこのスケートに出会えてホントに幸せだと思っています。
幸せだと思うものがもうずいぶん増えました。これまで家族・カリグラフィー・写真だったのですが、スケートを見るだけでも充実しています。あっ、☆を見ても月を見ても砂漠を見ても幸せでした・・・。
 苦労もいっぱいありますが、でもよく見るとしあわせをくれるものもいっぱいあります。


<< 高橋大輔・・世界選手権2012... 月・金星・木星と富士 >>