写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 03月 16日

高橋大輔*3.16雑感

高橋大輔の誕生日に寄せて
★26歳おめでとう!
   日々進化してますますスピードと演技の質の高まりがすごい、
          高橋大輔、進化の真っ最中じゃないですか。
c0067690_1653992.jpg

          ↑ とうとう作ってしまった。きれいにできないところは若葉マーク初心者なのでご勘弁を!


24や25歳で引退なんて考えていた高橋大輔、
  やめなくてよかったね
     大ちゃん自身のために
           日本のために世界のために、やめなくてよかった。


c0067690_13163516.jpg


 
◆年齢について
高橋大輔選手の最近の言葉の中に、大ちゃんがソチで迎える年齢でプルシェンコ選手がバンクーバーに出ていたことを話していた。
 大輔選手はプルシェンコと一回り違うって言っていた。
私たちの一回りは干支の12年だったりするけれど、彼らの言う一回りはオリンピック年の4年のことなのだ。
つまり二人はオリンピックの一回りちがい。4つ上のプルシェンコ選手がバンクーバーで頑張っていたことは同じ年回りでソチにいく大輔選手にすごく励みになると言っていた。

 そうだと思う。目の前を行く偉大な先人が突き進む姿は、23~25ぐらいで引退だろうなんていう業界常識から抜け出し、自分もやれるという自信を引き出してくれる。

 プルシェンコ選手の今年のヨーロッパ選手権での優勝で意気軒昂なところを見せている。世界選手権には出ないでひざの手術をするそうだが、やはりソチを見据えて長期戦の構えだ。
 彼が頑張るほど、大輔選手の選手としての活動の張りにもなる。

 若々しい演技ができて進化している間は生活年齢なんて関係ない、そう思わせてくれた。
c0067690_13164197.jpg

   4大陸選手権のエキシビジョンでマッチョマンの曲に合わせてリズム感よくノリノリの場面
     これの動画は次のリンクした動画の中ほどにある【ニコニコ動画】グランプリファイナル2011 EXフィナーレ (British Euro Sport解説)


 
◆一方、高橋大輔選手の右ひざ前十字靱帯断裂というのは選手にとっては致命的な怪我で第一線に戻れたフィギュアスケーターはいないとまで言われていた。何しろ練習のほとんどがあしを酷使するもので、とくに4回転のジャンプの衝撃は健康な膝にも大変な負荷をかける。
 今でこそ言えるけど、ということでやはり先輩の選手たち本田・ヤマト先生たち
は暗澹たる気持ちで育成してきた有望なる選手である大輔選手の大けがを受け止めていたという。

 しかし、こうした身近な人の前で、おいつめられ苦しんだ大輔選手の心の中や足の状態については一切出さなかったという。繊細な神経と感受性をもちながら、心はつよい。余りの不安と苦しさに苦しいもうだめだということを歌子先生にメールするまで口にしなかった、・・・そこに泣ける。

 さて、このような大けがをし、1シーズンを棒に振りながらもバンクーバーオリンピックと世界選手権で、それぞれブロンズ・ゴールドメダリストになった大ちゃん、彼自身も他の選手の指針になっている。技術面での他の選手への影響はもちろんだが、大変な怪我や手術になってもあの怪我で見事な復活を見せた高橋選手の存在は、きっと世界のフィギュア選手に感銘を与えたと思う。
 GPFに出られなかったアボット選手や同じ大学の後輩である織田信成選手の脚の不安にもプルシェンコ選手のひざの手術にもきっと勇気を与えていると思う。
アスリート魂、みんな素晴らしい! みんなよくなって活躍してほしい。
c0067690_13164463.jpg


ソチを目指しての3か年計画はバレエをやる余裕もストレッチでからだを柔らかくし基礎スケーティングもやる気持ちの余裕ができて、ほんとによかった。世界選手権があと少しでとても楽しみであるけれど、気持ちよく演技してくれればいい。これからもまだその演技を見ていかれると思うと昨年のような悲壮感がなくて見ていられる。

 怪我しませんように、事故に巻き込まれませんように!
 
 では、世界選手権、ニースにはいかれないけれど、テレビで応援します!!(3/29~世界選手権)
  

                                                一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                                               人気ブログランキングへ
                      
海外格安航空券のエアータウン 直行便・乗継便の時刻比較も一気に検索
【JTB海外旅行】中近東《トルコ・ドバイなど》

by miriyun | 2012-03-16 23:53 | Comments(10)
Commented by えるだーおばば at 2012-03-17 23:24 x
こんばんわ、おばばです。
そうだったんですか、誕生日だったんですねえ。
今は男子フィギュアー選手達の指針になってる感がします。
若い子達皆、口をそろえたように、目標は高橋選手と言ってましたもんね。ちなみに女子は意外と、真央ちゃんより、シズニー選手の名を挙げる子が多かった。おばばも、実はそうなんです、怒られそうですが。真央ちゃんの演技にあんまり、魅了されないんです。ゴメンネ真央ちゃん。
Commented by tsurukame_ko at 2012-03-18 23:54
うん、うん。
高橋選手、引退しないで続けていてくれてうれしいです。
これからも見守り続け、応援します!
わたしも世界選手権、テレビの前の正座して!応援します(≧▽≦*)
Commented by ジョー at 2012-03-19 05:46 x
普段のブログを書かれているmiriyunさんと、高橋選手を語る時のギャップに毎度のことながら驚かされております。
でもね、嫌いじゃないです(笑)。
徐々に、少女漫画の中の王子様のような飾り付けが写真に施されていくのではないかと好意的に予想しております。
ガッツ!
Commented by miriyun at 2012-03-19 08:15
えるだーおばばさま、大ちゃんの一人で練習時代、各国修行時代、重圧に追い潰されて、怪我をして、直してメダルをとってからも追突で・・・、そういう苦労を全く言わない男の静謐さが、今期の演技の美しさをだしているんだろうかとおもってしまうほど技術だけでない魂の清らかさを感じています。
一人練習の時は音楽に入り込み、なかまといっしょだと無垢な子供のようにはしゃいでいる人、そして演技がはじまれば、視線をいっときも離せないほど惹きつけられてしまう。この人の存在を知ったことは衝撃でした!
いつもコメントをいただけてここで書いていいかなと励まされたようでとってもうれしいです(^_^)
Commented by miriyun at 2012-03-20 06:18
Tsurukame-koさん、大ちゃん、知れば知るほど奥が深いですね~!
こんなところがあるんだと、発見がいっぱいあります。
世界選手権まであと10日 、楽しみだけどドキドキでもあります。
心でつながって一緒に応援ですね*・。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.
Commented by miriyun at 2012-03-20 06:24
ジョーさん、春の花の写真について書きはじめているうちにこちらに文が変わってしまって、
これが書きたかったのかと自分で気付いたというものです。
でも、それだけの表現力のある日本人がいることに
感じいってしまったので、笑って見過ごしてくださいね~。
バラはカリグラフィー用意に以前描いたのがでてきたので転用しました。
Commented by キク at 2012-03-21 06:34 x
私も、大ちゃんの現役続行を喜んでいる長年のファン(2006位から)です。今季のワールドは1番心靜かに待てていますね。メダルは確実でしょうし、まだ未来は続いていくし。あの魂が震撼するような演技がまだまだ見れて幸せです。大ちゃんから幸せをもらっている人が世界中にいますね。大ちゃんにも、スケート以外で幸せが来るといいです。私的にはしーちゃんがいいなあ。
Commented by miriyun at 2012-03-22 05:45
キクさん、ようこそ!
大ちゃん、年齢を重ねるほどに深みとつやとをだして、ほんとに、リンクに出てきたときから風格があって、もう、そこから目が離せませんね。
常に追い求めてる姿勢があればこそなんでしょう。
リンクを離れたときも引退を考えていた時とは全く異なるさわやかな笑顔が見られます。ストレッチが趣味という大ちゃん、今は自分でもまだ進める自分が面白くて仕方がないみたいです。
Commented by ゆうも at 2012-03-22 08:01 x
はじめまして。miriyunさん。
大ちゃんが昨年の世界選手権であんなアクシデントにあい、でもそのおかげで?現役続行を決意してくれて、すごく嬉しかったです。(やったー!)なんとドラマチックな人だろう…。これは神様がソチまで続けなさいと言っているのよ!!なんて勝手に思っていました。
大けがを乗り越えて、ほんとに彼は変わりましたよね。とってもいい顔になったな~と思います。あと二年は彼の演技を見ることができる。幸せです。
Commented by miriyun at 2012-03-23 00:36
ゆうもさん、ようこそ!
大変な一年を過ごした挙句、最後に世界選手権でのアクシデント・・・これは、なんという試練を与えるのだろうと思いました。でもその試練を逆に心のばねにして次へのスタート、ソチへという宣言をしてくれて本当にうれしかったです。、やはり大ちゃんのスケートへの思いはたちがたいもので、これからもスケートとずっとかかわっていってくれるのではないでしょうか。今年の3つのプログラムはこの人でなくては行はできないというようなプログラムばかりで素敵ですね。あと一週間です、ドキドキ!


<< Siriとの会話・・・ジョブズ...      エジプト綿 >>