砂漠に咲くアカシア

 アカシアの花 in UAE      
c0067690_1750486.jpg

アカシアはネムノキ科で、世界に数百種以上あり、温帯から乾燥帯・熱帯までさまざまな種がある。ここではもっぱら砂漠地帯のアカシアについてとりあげる。
細かな葉が向い合わせに並んだごく小さな葉である。

日本でもアカシアという名はなじみがある。並木道にも蜂蜜にも歌詞にも登場してくるがそのほとんどはニセアカシア(ハリエンジュ科)である。日本への導入時にアカシアと呼んでしまったことに起因する。ニセアカシアは大きな葉を持ち、葉だけ見てもアカシアとは全く異なる。花はまるで白のフジの花をふっくらさせたような感じでいい香りもするし、歌や小説でムードのある花としてアカシアの名が間違ったまま使われてしまった経緯がある。

 砂漠地帯のアカシアは、ネムノキ科らしく葉を閉じ小さく閉じることができる。暑さが厳しく水も少ないところに生育する。花は白くて丸い。つぼみは緑の粒々がきゅっと固まったようで可愛らしい。

アカシアの葉
 朝、この葉は変化を見せる。
気温の高低差の激しい砂漠地帯で、しかも海が近いなど湿度の含まれる地域では案外空気中に水滴がある。気温が昼間の50度近い温度から急激に下がる。すると、朝霧が生じたり朝つゆが下りたりする。この朝露がこの地域では命を存続させる。 かってアラビアンオリックスのために世界遺産になっていたオマーンの保護区はその朝霧が発生しやすい場所であった。UAEもすっかり砂漠地帯ではありながら距離的には海から遠くはない。だから朝露はおりる。

 アカシアは日中しおれたように縮んでいる。日が落ちると急激に気温が下がり、朝、霧やつゆが発生し、そこから水分を得たアカシアは瑞々しく開く。根からだけでは十分でないアカシアは葉は露から貴重な水分を補っている。
 それを食べる動物たちも葉を食べながらわずかな水滴を吸収して命の糧としていくのだ。
c0067690_12204085.gif

        

                     
                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります   
                          
by miriyun | 2011-10-23 18:20 | 動植物 | Comments(4)
Commented by ぺいとん at 2011-10-23 21:55 x
カルメンのカシアの花は黄色で金合歓というそうですが、そうするとこちらは銀合歓の花ですね。 
砂漠で見るお月様はこういう色なのかな~?と思います。
Commented by 霧のまち at 2011-10-24 09:41 x
いつも 植物と動物は いろんな形で共存していますね。
どちらかが 絶滅したら必ず 相手方も生きるすべを無くすように
なりますね。  土地に見合った生き方をする植物の成り立ちには
感激させられます。
Commented by miriyun at 2011-10-25 02:48
ぺいとんさん、砂漠の月へのたとえ・・・素敵です!
アカシアはあまりにも種類が多く、葉の形状も三角のや・長い葉・広い葉・このような羽根状の複葉までいろいろで、花も様々で難しいです。それぞれの地域でこんなのがあったと報告していくしかないみたいです。
Commented by miriyun at 2011-10-25 02:50
霧のまちさん、世界の中でほんの一部しか見ていないにもかかわらず、
それでもなんて植物と動物の関係が奥深くつながっているんだろう
と感じています。
 だから見ないではいられないですね。


<< トゲ強し!アカシア アラビア書道*2011ロビー展開催 >>