キリンと草の話

ジラーファ/キリン  
c0067690_1601973.jpg

 やさしい目をしている。実は動物園にいってきた。
キリンとイスラーム、関係なさそうでいて、ある。
もっと今よりも広範な地域に住んでいたキリン。
c0067690_23573374.jpg

イスラームの地でアラビア語でジラーファと呼ばれる。これが英語のジラフになったといわれる。

 日本にはジラフも伝わったかもしれないが、中国の麒麟という言葉の方が主に使われた。
 麒麟とは、中国の伝説の動物で1000年を生き、鹿に似ており高さは5mあり、顔は龍、牛の尾と馬の蹄をもち、雄は頭に角をもつとも言われる。
 
 そうして瑞獣といわれるなかで、永楽帝のとき、大船団を率いたムスリムの指揮官、鄭和(ていわ)は船団を東アフリカまで派遣した。その時アフリカで献上された動物にキリンと名付けて、以来、麒麟は実在したということになって大事にされた。この大きさとかは伝説の話にぴたりとあって、長めの顔も、頭部の5つの角が皮膚と毛皮に覆われているのも不思議でこれこそが麒麟と思ってしまったようだ。その麒麟が日本に伝わったといわれる。
 現在の日本ではキリンはこのアミメキリンのような首の長い動物と用事でも知っている。だが、同時に夜になるとあちこちで出てくるキリンビールの缶や瓶の文様はキリン/ジラーファではなくて麒麟のほうだ。同じ呼称を持つ異なる生物を違和感なく使い続けているあたりは日本人らしい感覚だ。

2.キリン*クイズ
  ① キリンが近年、直面している主要な問題はどれか。(複数回答可)
      ア)草食動物   イ)肉食動物   ウ)人間

  ②あれが食べたい・・・と、キリンの目が言っていた。     
 
c0067690_030543.jpg
  
   上の木がだめなら、下草でもいいから食べたい。網がなければなとうらやましそう。ではこのあと、キリンと草はどうしたでしょうか
    ア)あきらめて飼育係の方に行って、草が欲しいと目で訴えた。
    イ)脚で網をけって壊してから草を食べた
    ウ)舌を伸ばして草を食べた
    エ)miriyunが草を採って投げてあげた。
    オ)網の下に穴を掘って前足で根こそぎとって食べた
    
c0067690_1602764.jpg

                                        ↑ アミメキリンくん                      
①のクイズの答え
  まあ、全部ともいえるが、あえて二つにすると、近年ということでアとウを選ぶことができる。

 あらゆる動物にとって人間が銃を持って狩猟をやりだしてから、これほど恐ろしいものはない。多くの動物が絶滅の危機に瀕しているのはこの銃を持った人間のせいだ。現在、キリンは法律によって保護されているが、密猟者にはきかない。銃だけでなく、ワナもたくさん仕掛けられている。

 肉食獣はどうなのか。哺乳類の中で最も背の高いキリンは広い視野で周りを警戒し、発達した嗅覚・聴覚によって敏感に敵を感じる。そして、敵が不用意に近づけば強いひづめと蹴る力で撃退し、時に一撃でライオンを殺してしまうことさえある。逃げねばならないときは時速50~60km近くまで出すことができる。肉食獣がキリンを狙える場所は水を飲む場所で、そこで首を下げて不安定な姿勢でいるキリンはとても弱いので、命を落とすことが多い。だから、数日で一回ほどしかキリンは水を飲まない。ラテン語では「ヒョウ柄のラクダ」という名を持つキリンだが、そういう習性も関係しているのかもしれない。

c0067690_1631994.jpg

 キリンは他の草食動物と違って非常に高い位置にある木の葉を食べる。このときのキリンも葉がほとんどないのにいつまでも食べようとしていた。

 こんなに高い位置の枝葉をたべるからキリンの生息地では、樹木の下側が おかっぱ頭の下側のように平らになる。これがキリンの食べられる位置まで枝葉がなくなることによる。
 だが、こんな高い位置で食べるキリンと背の低いガゼル・ウシ・ヤギ系の動物との競合があるのだ。背の低い動物たちが植物を食べつくすことで、大きくなる木が成長しない。そういうところではもうキリン達が食べる木はないので、麒麟たちは生活できなくなる。
 人間が入ってくると家畜をまとめて飼うものだからなおさら、キリンは生存できい。だから、キリンは現在ほとんど人間が住んでいない保護地域だけにみられ、頭数は減少し続けており、このアミメキリンも特に減少している。


②のクイズの答え
 実は、ウシと同じで、想像以上に長い舌を持っている。その舌で、その下で草をまきつけてとる。

     ・・・・・・ほんとに、びっくりするくらいの舌なのだ!!
                       ?!

◆草をからめどり
c0067690_16173065.jpg

キリンの舌は40cmもあるという。亜種によっては50cmあるともいう。
c0067690_16175723.jpg

かろうじて草に触れた。上の歯がないので、さくっと噛み切ることはできない。
c0067690_1618284.jpg

草を必死で下で巻きつける。くるくるとまきつけて、口中に運ぶ。
    うわ~、象の鼻だとおもってしまった。

◆草をこそげどり
c0067690_1684892.jpg

低めの柵の上からのかろうじて首を曲げて草に近づくところがある。そこでは柵の上から草木の上の方からこそげ切るかのようにちぎって食べている。その周りの草はみな上の方がひしゃげて茎がばさばさになっている。きりんは上の歯がないため舌と歯茎ではさんでこそげとる。

ということで、正解はウ)舌でとる・・・・でした。
    けっしてキリンはアミもけらないし、トンネルもほりません。

★食である草が欲しいために首を伸ばし、舌を長く伸ばしたキリン、
        可愛い目と
           健気なばかりの進化とにまいった~

3.自然界のデザイン
c0067690_1623370.jpg

  網目の毛のところ、そのまま見ても絨毯のよう。
c0067690_1624036.jpg

c0067690_1633854.jpg

初めてこんなに真剣に見た、キリンのもよう。めりはりがきいているのはもちろんだが、この茶色の部分につやがありタテガミともにデザイン的にとてもきれいだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*いよいよ真夏のラマダンが今日、29日までとなった。
イスラームに全く関係なさそうで、実はちょっと関係あるキリン夜話はここまで・・・。                                   
                                                                 人気ブログランキングへ

                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります ↓      
                          


                         
by miriyun | 2011-08-28 17:34 | 動植物 | Comments(10)
Commented by petapeta_adeliae at 2011-08-28 21:00
当たったけど、商品がないのが残念。

クールな流し目がいいですね。

動物園でよく見るこのキリンはアミメキリンですよね。
アミメとあるから他にも種類があるのだろうと検索したら
ウガンダキリンとマサイキリンがいました。
この2種見たとがありません。
3頭並ばれても判別が付かないかも。
Commented by miriyun at 2011-08-28 21:54 x
ソーニャさん、動物の目がとても魅力的に感ずることがあります。
亜種はいっぱいあるようで模様違いはいろいろいるようですが
やはり珍しい哺乳類。いつまでも生き残ってほしいものです。
Commented by ジョー at 2011-08-29 04:42 x
な~んだ、2の答えはmiriyunさんが投げ入れたのかと思いました。
そんな姿が見たかっただけかも・・・。
キリンの模様は、確かに不思議ですね。
キリンも絶滅の危機にさらされているんですね。
自然がだんだんなくなっていくのは悲しいですが、これも世の定めと割り切ってしまってよいのでしょうかと・・・。
Commented by miriyun at 2011-08-29 05:32
ジョーさん、お身体の具合はいかがですか?
キリンの文様、じっと見るときれいなものですよね。タテガミとセットで見るのが特に美しいです、
Commented by 谷間のゆり at 2011-08-29 10:18 x
↓鷲の餌食になった鳥の種類は判らないですけれど、鷲の命になったのですよね。動物は例外は有っても命を永らえる為にだけ、他の命をもらうのに、人間は他の命を無意に奪う動物ですね。

キリンの模様が其々違うと言う事をテレビで知った時は、何となく嬉しかったです。
子供の頃痩せていた私は、必ずキリンと並ばされました。
其の時の父の台詞は、キリンよりは太いかな、でした。
Commented by Hiroe at 2011-08-29 15:56 x
こんばんは。
2問目が意外でした。
キリンの舌ってすごい長い><
てっきりmiriyunさんがお手伝いしたか、飼育員の所に行ったのかと思いました。
キリンはここ最近、何度か動物園で見ましたが、たてがみがこんなに綺麗だとは思いもよりませんでした。
キラキラしてて、ちょっと硬い毛質なのかな。
Commented by CROKO at 2011-08-29 18:50 x
キリン、麒麟 どちらにしても日本人にすれば 架空の動物に近かったのかもしれませんね

綺麗なたてがみ、毛並みも手入れできないはずなのに綺麗ですね。
でもこんなに接写されてきりんさん、照れてなかったですか?
獰猛だともききます、こわいこわい

でもジラフ模様は好きで、靴やバッグ持っています。
関西人はアニマル柄が好きですからね。
私のHNもクロコダイル(ワ二皮) が好きだからなんです(笑)
余談でした
Commented by miriyun at 2011-08-30 07:43
谷間のゆりさん、キリンと並ぶられるほどほっそりだったのですね。
キリンの模様は一頭一頭みなちがうのを聞いて、外観も内面もやはり動物も個々の個性として持っているんだろうとかんぃました。
Commented by miriyun at 2011-08-30 15:00
Hiroeさん、キリンの舌にはビックリでしょ、私もとっても驚いたのです。また、このアミメくんはよほど新鮮な草を欲しかったようでけなげに舌を伸ばして、わずかばかりの草をたべていました。
タテガミは見るからに剛毛ですが、カットしたてのように揃っています。こうして見るときれいでしょ~‼
Commented by miriyun at 2011-08-30 15:06
CROKOさん、ほんとにこの綺麗な毛並みにはおどろかされました。歩く姿は足が長いので優雅ですし、大自然の中でこれをみたい!
でも、自然の中では絶対に近寄れませんから細かいところはわかりませんが。


<< 内陸住宅地さらに 暁の鷹 >>