写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 25日

パーム・ジュメイラの不動産価格

パーム・ジュメイラの不動産の値動き    
パーム・ジュメイラの住宅地は2001年に売り出している。このとき、まさにバブルで金余りの時期であったため、斬新な計画のこの島も人気で4ベッドルームで150万ドルのたかじぇであった。
 以後、400万ドルまで高騰したが、2008年にはリーマンブラザースが倒産し,そこからの連鎖で、2009年12月の突然のドバイショックがおこる。不動産価格が暴落し、住宅価格は一気に40万ドルにまでなった。(田中 宇氏の「ドバイの破綻 」2009.11.27より、数値を引用)
為替も考えずにざっと例えてみると1億5000万円でこうにゅうして、4億円にまであがったのち、ドバイショックで4000万円にまで下落したというようなことだ。

2011年の不動産公告
 パーム・ジュメイラの住宅を現地の新聞の不動産物件としてさがしてみよう。
c0067690_1311051.jpg


『日当たり最高。景観最高。プライベートプールに目の前のビーチ。モノレール駅至近。(ただし歩いて駅まで
行くと熱中症になるので、車を勧める。)設備は最新。周りには高級ホテル。冬は散歩にも最高。花や緑も美しい。(夏は湿度も高い。昼の気温は43度前後で体感温度50度くらい・・・)』
 ・・・などと不動産屋は言うのだろうか。

 というのはテーマから外れるので置いといて、数字に注目してみよう。

価格はディルハムなので円にするには約20倍くらいにするといい。
この広告で最も高いAED4.5millionは、ざっと9000万円。最も安い1.6millionは3200万円であり、高級住宅地として日本でも納得できる金額に今は収まってきている。
 それでもなお、パームの枝のうち一本がまったく建設されていないのをみると、これもドバイショックの影響がまだあるのかとおもってしまう。


                                      人気ブログランキングへ

                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります ↓      
                          


                         

by miriyun | 2011-08-25 02:47 | U.A.E. | Comments(2)
Commented by petapeta_adeliae at 2011-08-26 03:52
えっ4000万ならソーニャんちより安いです。
リーマンショックのあとのボーナスで代表から各々メールで
これを縦に不当に減らされました(悲)
喰いしん坊のソーニャとしては、ここにお住まいの方の胃袋を
満たしている市場、マーケット・・デパート?
どんなところなんだろう?が一番に浮かびました。
Commented by miriyun at 2011-08-26 23:38
ソーニャさん、さすがはソーニャさん、
市場の方まで想像力を働かされていますね。
こんな景観の家はセカンドハウスにいかがですか。


<< 驚きはアトランティスオープンから      パームの枝に住宅街・・・パーム... >>