写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 08月 06日

東向くひまわりの話

夏らしい一枚!
太陽とひまわり  
知っているようで知らなかった話。
  つい先日、フラワーセンターへ向日葵を見に行った。
c0067690_13274724.jpg

朝、東を向いて勢揃いをしている。

  ひまわりは昔からとても好きで、ここでも以前に向日葵と書く日本の呼び名だが、世界では何と呼ぶのだろうという特集をしたことがある。ひまわりの花の意味

英語のsunflowerをはじめ各国の言葉にやはり太陽を意識する言葉が入っているものだとわかったような気がしていたものだ。
自分でも育てても見た。そしてまだ小さなつぼみなのだが太陽の巡りを追いかけているよ思って見守っていた。

 だから東向きの花を見て太陽の方にこんなにもよく向いてセオリー通りと納得した。

 ところが、日が西に傾き始めたころ、もう一度ひまわりの勢揃いを見ようと西側から近づいた。

          すると、
c0067690_13444365.jpg

この姿だ。みんな東を向いたままなのだ。

何とも、こうしてあちらを向いた向日葵ばかりを見るというのはさびしいものだ。
むろん、この寂しさには自分が思い込んでいた太陽とともにこちらを向いているはずという思惑がはずれてしまったことから来る寂しさが含まれている。

◆そう、これは私だけが知らなかったのか、思い込みだったのだ。
ひまわりはぐいぐいと伸びる成長期でつぼみのころまでは確かに太陽の方を向いて東から西へと首を回し、日没後は地を眺めるように反転し、朝また東を向いているのだった。

 ところが、大輪の花が咲くともう西に向く力は弱まり少し動いても夜のうちに戻る力が働いて東に戻ってしまうそうだ。どうしてそうなるのかはひまわり研究をしている学者さんが今も課題として研究されているようだ。もちろんそれまでには鉢植えにして花が咲いて東向きな花を植木鉢ごと西へ向けたらどうなるのかというじっけんもされていて、そういう場合、一週間ぐらいの内には東向きに修正していってしまうらしい。
 私のひまわりは鉢植え分も作っておいたが水不足で枯れてしまったので追実験はできなかった。


元気なひまわりから元気をもらおう

 うしろむき向日葵を見つめていてはいけない。
東向きならちょうどいい。東に向けて元気を送っているのだ!
c0067690_13281766.jpg

               う~ん、やはり青空が似合う!
c0067690_13281539.jpg


c0067690_13282683.jpg

                     西日を後ろから受け、光る花びら


放射能をすうひまわり
c0067690_13288100.jpg

チェルノブイリの原発事故の後、日本のNGOがチェルノブイリ被災地の農業地にアブラナを植えることを進めたそうだ。アブラナがカリウムを土壌から吸い込むことが多いのでそれと近い性質の放射性物質を土中から吸い込んでしまうらしい。しかもそれを菜種には溜め込まずに根などにため込むために汚染除去と菜種の収穫という一石二鳥のことをやってのけ、旧ソ連の住民に感謝されたという。

 それと同じようにセシウム137をひまわりが95%も吸いこむとニュートンに掲載されたり、大学教授が発表し、新聞にもその記事があった。
 これも種にはほとんど溜め込まず根などに蓄えてしまうという。もちろんそうはいっても、セシウム137についてだけであるのでほかの放射性物質に効くわけではない。また、最後は根などの回収・廃棄をきちんとしなければならないが、意外なことでひまわりが使えることに気づかされた。
  こういう力・・・自然のもつ自浄する力だが、これも組織的に上手に廃棄までの流れも作らないと枯れた根をそのまま放置したらまた土壌に戻ってしまうのだ。


 でもまあ、ひとまず明るい花を見てまずはだれにも元気になってほしいと願っている。

                                      人気ブログランキングへ

                                                     一日一回、ポチッと応援していただけると励みにもなります ↓      
                          


                         

by miriyun | 2011-08-06 13:40 | 動植物 | Comments(8)
Commented by ロイヤルバザール at 2011-08-06 15:16 x
書き込みありがとうございました。ロイヤルバザールです。
ひまわりは底抜けに明るいですよね。
写真がまぶしいぐらいです…
Commented by chai at 2011-08-06 15:29 x
ホントにひまわりからは元気がもらえますね。太陽に向かってスッと伸びている様子を見ると暑さに負けず頑張ろうと思います。
Commented by miriyun at 2011-08-06 16:51
ロイヤルバザールさん、ようこそ。
いい環境で、素敵なものを扱ってますね。
いつか行く機会があるといいと思っています。
ひまわりはつらい時癒されます。日本全体が大変な時期に入っていきますが、乗り越えていきたいものです。
Commented by miriyun at 2011-08-06 16:55
chaiさん、すくっと伸びる姿は見るだけで勇気づけられますね。竹とひまわりはしゃきっとしたところがいいものですね~!
暑い夏、がんばりましょ。
Commented by Hiroe at 2011-08-07 13:41 x
こんにちは~
太陽に青空はヒマワリに似合いますね^^
後ろから日がさして花弁が透けるような一枚が本当に素敵><
顔を東から西に向けて、夜は下を向けているというのは面白いなあ。
なんで下を向いちゃうんだろう。
研究者の方の報告を聞いてみたいです><

チェルノブイリのお話は凄いですね。
日本の菜種が救っていたなんて!
しかも根にため込んでくれるとは、、、
福島の場合はどれくらいの菜種やヒマワリが必要になるんだろう。
福島の土地が一面ヒマワリ畑だったら、それは年月が経つと観光名所にもなりそう。
Commented by miriyun at 2011-08-07 16:09
Hiroeさん、こういう花一つにでも顔をあげて前向きに行くんだよと思わされます。だから、見かけると必ず近寄って元気をもらいます。
 自然の植物ってすごいなと思います。福島に再生のためのひまわり・・・植えたいですね!
Commented by ジョー at 2011-08-10 05:48 x
ひまわりはすごいですね。
被災地でも活用して欲しいと思いました。
残暑お見舞いも兼ねて、ご挨拶まで。
Commented by miriyun at 2011-08-11 02:58
ジョーさん、こういう植物の力を上手に使えると、汚染された土壌をどこに捨てようということで困らなくていいと思うのですが・・・。
そちらもとても暑いのでしょう。おからだお大事に!


<< 被災者のもとまで届け・・サウジ...      雑誌pen「今こそ知りたいイスラム」 >>