写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2010年 11月 03日

太陽を撮る

 きょうの夕陽はどんな色?  
イスラームの地を題材としていると、必ず狙いたくなるものがある。それは太陽だ。砂漠に昇る太陽、ぎらぎらと照りつける太陽、そしてもちろん夕方の大きな大きな夕陽は遺跡や砂漠の中で劇的な様相で沈んでいく。
 もちろん、そのときに方向は見定めるために一瞬レンズを覗くのであるが、」直接じっと見たら私たちの黒目は虫眼鏡で照らした黒い紙実験のように眼を傷めてしまう。そして失明の危険がある。

 ぎらぎらの太陽はアラビアのロレンスを撮ったデビッド・リーン監督がスタッフになんとしても本物の砂漠のぎらぎらの太陽を撮れと言ったが、撮影隊がどう工夫してもフィルムが焼け焦げてしまうために、昼間の太陽だけは撮れなかった。そのため、唯一真昼の太陽だけは合成の絵であるというエピソードがある。
 それほど、昼間の太陽は無理だということなので、自分としてもそれはとっくにあきらめている。
 しかし、朝と夕の太陽は撮る。そのためちらりと見て方向を決め、そして一定の位置を決めたなら肉眼で見つつ、シャッターを押す。光の弱い夕陽であってもまだ尚、目を傷める可能性が大きいからだ。

 どこにも出かけられないので、ベランダがあかっぽく染まってきたのを見てカメラを持って外へでる。
c0067690_18123911.jpg

家から1分のビューポイントへ向かう。なんだか、とってもいい色合いが住宅地の間の道路を染めていた。しかし、西の空は大きな雲が発生していたはずだ。
 富士は見えるか?
期待しながら行ったがやはり雲が覆っていた。これはだめだとあきらめた。
c0067690_133839.jpg

                             ↑ Pentax K20 1/250 F19 ISO100 
                    
 だが、あまりにも強い赤みに立ち止まってみた。
山の端に近づくほどに太陽は大きくくっきりとしてくる。雲よ、どいてと願うが、かろうじて見えているだけで一瞬あとには雲に隠れてしまうかもしれない。
迷う暇もなく、その大きな太陽を思いっきり絞って撮ってみた。 
通りかかった年配の方がここはいいでしょ、すごい太陽撮れたかねと声をかけられた。
ええ、富士は隠れていて残念ですがとてもいい夕陽ですとちょっとした声の掛け合いも楽しみながら撮り終えた。
 
c0067690_19214231.jpg

撮影後の補正はしていないので、カメラの設定でとらえたそのままの色である。
山頂にのった形の太陽はほんとうに大きい。
 山が小さめなので尚更太陽が大きく感じるが、なんとか太陽を捉えることはできた。
 このあと、太陽は右の稜線に沿って下がって沈んでいった。こういうのをコロコロ型というのだろうか。
思わず、太陽の動きと美しさに引き込まれつつ、通りがかりの人とも話ができた素敵な時間だった。
 
 
                                             応援クリックお願いします。
                                                           人気ブログランキングへ       





      

by miriyun | 2010-11-03 18:52 | Comments(6)
Commented by petapeta_adeliae at 2010-11-03 22:00
食事の用意をしていて、茹で待ちにPCを立ちあげ、最新記事のタイトルを見て、
偶然にもアラビアのロレンスの太陽が浮かびました。
そして太陽にカメラのレンズを向けてはいけないよと言われたことも。

深い赤ですね。子供の頃いつも見ていた夕日も歳とともに余裕がなくなった?!
感動が薄くなったのか、仕事中の時間ということもありますが。
当たり前の自然現象を見るのもいいものですね。
太陽が富士山の真上、すすきがあって、日本酒が欲しくなります。
Commented by 谷間のゆり at 2010-11-04 23:35 x
夕焼け、中々見るチャンスがない所に住んで居るので、外出した時に、夕焼けに出会うと、太陽が沈みきるまで眺めて仕舞います。其れが電車の中だったりすると、沈む太陽が見える所まで、乗ったままで居たりします。東横線は、何十年も載って居るので、何処までは見えると言う事が判るからですが、最近は西に高い建物が多くなってざんねんです。
富士山越しに夕焼けが見えるなんて、羨ましいです。
今までに2回もし絵に描いても信じて貰えない様な、見事な夕焼けをみました。
Commented by miriyun at 2010-11-05 08:04
アデリーさん、秋となりその季節感にどっぷりはまっているこの頃です。草木一本にも、空の色にも季節を感じ、それが生活や食べるものにまでさりげなく入ってくる。それを楽しむゆとりを持ちたいと思っているのですが、そこまではなかなかという状態です。
せめて自然を見るのだけは楽しんで行こうと思います。
Commented by miriyun at 2010-11-05 22:17
谷間のゆりさん、夕焼け気になりますよね~。自然が作り出すアートです。
私もきょうは見えるかしら、どこで見れるかしらと気になって仕方がありません。
 いい富士やいい夕焼けが見られるだけで素敵な気分になりますね!
Commented by yumiyane at 2010-11-10 22:58
山とか、草とかの配置が、太陽と思って見ていたのに、いつの間にか月を見ているような錯覚に落ちました。
太陽ならこんなには見つめていられないからでしょうか。
夕景にはほんとに惑わされます。
Commented by miriyun at 2010-11-11 13:55
yumiyaneさん、雲がかかっているので雰囲気がでましたね。
太陽も月も魅力ある素材です。
これからも楽しんんでいきたいものです。


<< 太陽を撮る(2)      秋の思い >>