大イチョウ再生・・・ひこばえにみる生命力

☆大イチョウの再生計画ーその後 
 鎌倉の鶴岡八幡宮の大イチョウが倒れ、その木を惜しんだ。その後、3つの方法で再生計画が実施されていた。そこにひこばえ再生といいニュースを聞いていたので、とうとうガマンできなくて行ってきた。
c0067690_23114884.jpg

大階段の上からも下からも、心配をしていた人々の目とカメラと携帯がこの木に注がれている。
   階段のすぐ横が、倒れた大イチョウの根が残っていたところ。
   その右に根より3mほど上の幹を直接地面に植え込んだ場所。
いずれも緑が再生してきていた。ほんの少しひこばえが出てきたという話から、ようやく暖かくなり、そのため急激に伸びてきた。

◆かっての大イチョウ
c0067690_23124360.jpg

↑ ようやく古い写真から探し出した大イチョウ。階段のすぐ横に注連縄を幹に閉めた大イチョウが立っていて、それが当たり前の光景だった。
c0067690_23143191.jpg

その横にこの注連縄部分が移植された。つまり巨大なる挿し木状態だったのだ。


ほとばしる生命力は「ひこばえ」となって
c0067690_23215184.jpg

 その巨大なる挿し木に、これだけ芽吹いてきたのだった。
こんなに大きな古い木の幹でできているのだけらもちろん、ほかの場所で行なっている、ふつうの枝の挿し木もうまくいっているはずだ。
c0067690_23223742.jpg

 根に直接生えてきたひこばえは、ほんの2週間の間に命満載という感じになってきていた。

☆イチョウという木の生命力が目に見える形で湧き出てきていた。
間違いなく2010年、最も注目されている樹木といえる。

                                    応援クリックお願いします。
                                                        人気ブログランキングへ




                          
by miriyun | 2010-05-17 00:18 | Comments(2)
Commented by ぺいとん at 2010-05-17 06:32 x
本当に可愛いくて、なんて嬉しい緑なのでしょう。 
これからどんどんもっともっと大きく育って行ってほしいですね~。  
小さなたった一つの種だったのに、なんと大きな生命力を持っているのでしょうか!!!
Commented by miriyun at 2010-05-18 02:00
ぺいとんさん、植物の強さたくましさに圧倒されることがあります。
でも、今回は弱って倒れたイチョウだったので幹からの再生はどうかなと思っていました。
 でも、さすがはイチョウです!ありとあらゆる手段で生きようとしていました!


<< 色は命を守る・・・保護色 砂漠色のフェネック >>