写真でイスラーム  

mphot.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 01月 05日

2018年新年おめでとうございます~アラビア書道でご挨拶

☆明けましておめでとうございます☆

  2018年となりました。
ずっと続くと思っていた日常がJアラートなるものに脅かされる日が来て、これまでどれだけ日本が世界の中で奇跡的に平和を保ってきたのかを思い知らされているこの頃です。
昨年中は、まばらに更新のブログにもかかわらず、お付き合いいただいた皆様、ありがとうございました。

 例年、2日に行う書初めが今年は都合で今日になってしまいました。
皆様の健康と安全を祈って書きました。
c0067690_22363936.jpg
 日本を意識した写真です。日本の真ん中ともいえるアルプスの山々にぐるりと囲まれた美ヶ原高原から見た富士山です。山の影になりながらも、稜線が片側が見えるだけで富士山と分かります。つくづく美しい山だと思います。朝日と雲海の間に見えた富士山に心を寄せながら、書初めをしました。
 3行のアラビア書道の意味は、次のようになります。
「新しい年の到来に際して、皆様にとって幸福な年となりますようにお祈り申し上げます」

今年はいつも以上に、この平穏が続くことを、
   そして美しい日本であり続けてくれることを、
               願わずにはいられません。
 
             
c0067690_22504434.jpg
自分の住まいの近くから見る富士は、遠いながら稜線がのびやかに広がるのを目にすることが出来ます。
寒い正月は朝起きにくいですが、夜明けにはピンク色に染まるフジを見ることが出来ます。
いつかはお正月に富士山のそばで宿泊して、富士山を朝に夕に間近で見たいものだと思いながらいつも眺めています。

c0067690_22370059.jpg

視界いっぱいに広がる雲海の景色は清々しくもあり、その上にもこの言葉をあわせてみました。どちらか一つでも気に入っていただけたら幸いです。

◆雲海とはよく言ったもので、雲の海は大海原を見る思いです。やや高い山の頂上は島のようにも見えます。
日本にはいくつか雲海のみられる名所がありますが、なかなか思い切らないとでかけられないです。
でも、自然のなす技だけでなく、ふだんの身近な山や梢の木の葉であっても眼差しを向け、心で受け止めれば素敵なものだらけです。


 だからこそ、落ち着いた心で自然を見ていきたい。いや、見に行くことで心を穏やかに健やかにしていきたい。そんな思いをもち続けていこうと思っています。

 また今年は、自分にとっては新しい環境への不安感を持ちながらの学びの年になるかもしれません。どんな時も心はのびやかで前向きでありたいと思いつつ、長い間のストレス環境で擦り切れて失われてしまった創作の活力を少しでも取り戻せたらうれしいなと思っています。

 では、皆さま今年もよろしくお願い致します。 

                                      
                                                         
人気ブログランキングへ




第2回プラチナブロガーコンテスト




# by miriyun | 2018-01-05 23:54 | アラビア書道 | Comments(3)
2017年 12月 28日

楼閣(2)

ヒンドゥー様式の楼閣    
アンコールワットは12世紀に、スーリヤヴァルマン2世がヒンドゥー教寺院として創建した。当然建築様式はヒンドゥー様式である。(現在は仏教寺院となっているが・・)

c0067690_07005321.jpg
楼閣は高く、刻々と変わる雲の様子によって、ダイナミックに変化し、黒いシルエットとして迫ってくる。
        
                                                                    
人気ブログランキングへ


# by miriyun | 2017-12-28 18:46 | Comments(0)
2017年 12月 11日

水鏡と楼閣

水鏡のごとく 
c0067690_00562204.jpg
アンコールワットのまわりにぐるりと水がたたえられている。
実に大きな濠だ。幅が190mあり、東西1500m南北1300 m、ぐるりと掘られている。
風がないと、この濠が水鏡のようになる。
青空と白い雲が映し出される光景は目を見張るものがある。
c0067690_01342965.jpg
                          ↑ ワンクリックすると大きい画像を見ることが出来ます

思いがこもっている石造の楼閣を、水に映すことで、壮麗瀟洒なものとしている。(アンコールワットは12世紀にヒンドゥー教寺院として建立されたが、16世紀には仏教寺院として改修された)
アンコールワットの外濠も、聖池も、この寺院にとってあるべくして在る存在だった。


                                                         



# by miriyun | 2017-12-11 01:13 | カンボジア | Comments(4)
2017年 12月 09日

存在感のある曲線*砂漠

砂漠の地平
  
c0067690_10590426.jpg
                                          アブダビ首長国       
                    ↑ ワンクリックで大きい画像を見ることが出来ます。再度クリックで元に戻ります。

うねる曲線、
同じ風によっておこされる波のようでもあるが、
そこは砂の動きによるものだから、うねる曲線が連なる丘
どっしりとした存在感のある曲線がどこまでも続く。

静かな朝は朝日に映えてピンクがかり、果てまでも広がる砂漠の地平に思いを寄せる。
風が強い日ならば、砂は重さを鋭さに替えて暴れまくる。そして砂漠の表情を一晩で変えてしまうのだ。 

                                                                                                                               


# by miriyun | 2017-12-09 10:51 | Comments(4)
2017年 12月 05日

錯覚

錯覚をおこす風景     

c0067690_705433.jpg
                  橋の欄干の手前が川のように見えるが・・・、
 

c0067690_705731.jpg
             実は、橋の上にスコールの水が溜まり、そこに晴れてきた空を映し出していた。
 
             アンコールワットの大きな濠と一体になって鏡のように空を写しだしていた。

                                                                                                                            
人気ブログランキングへ


# by miriyun | 2017-12-05 12:30 | Comments(4)
2017年 12月 04日

金色のとき

 アンコールワットの夜明け   

c0067690_22492765.jpg
(↑ ワンクリックすると大きい画像を見ることが出来ます)

カンボジアの朝はこんなのが見られるからみんなが早起きになる。
                                            
                                                          人気ブログランキングへ                      


# by miriyun | 2017-12-04 22:56 | カンボジア | Comments(2)
2017年 11月 27日

高原の彩り

高原ホテル*秋の彩り      
 王ヶ頭の山頂にあるホテルは、木造の落ち着いたたたずまいで、ダイニングもテラスも木の色が主となっている。そこを彩るのが夏は花、秋は色とりどりの実であった。
 
c0067690_23535806.jpg


まずは、夜の空やシカを見た後に戻ってきた人たちにお茶が供されるテーブル

c0067690_23534743.jpg
ここに置かれた赤い実や黄色い実が、明るさと楽しさを演出する。
c0067690_23540762.jpg
c0067690_00495230.jpg


                    そこここに飾られるシラカバと高原の花
   
c0067690_00511721.jpg
                            大きな松かさにかりんも



c0067690_23542624.jpg
ダイニングの入り口にかけられたほうずき

ここは、自然に寄り添い、自然に抱かれることを楽しみに来る場所。
だから尚更、こういったさりげない季節感の演出がしっくりとくる。


                                                                                                                        
人気ブログランキングへ


# by miriyun | 2017-11-27 00:34 | Comments(2)
2017年 11月 23日

雲海の広がり(1)

美ヶ原から臨む雲海
夏に山に行くと、緑は心地よいが、雨が多い。霧が多い。
ブロッケン現象を見やすかったが、晴れていることが少ない。
だから、宿もとっていない状態だったのに、直前にキャンセルが出るころをねらって、あきほてるをさがして、出かけた美ヶ原。
そこでようやく雲海らしい雲海に遭遇した。     

c0067690_10141274.jpg
                       ↑ ワンクリックで拡大
晴れ渡っているので、どこまでも視界がひらけている。
正面の山にちょっと煙が出ているのは、常に活動中の浅間山


c0067690_10142405.jpg
     
                   ↑ 写真の上でワンクリックすると大きい画像になります。もう一度クリックすると戻ります。

見渡す限りの雲海で、
こちらの山と空との間がホワホワ雲ばかり・・・、心もふうわり軽くなる。
                                                                                                                                                                                                               
        人気ブログランキングへ


# by miriyun | 2017-11-23 10:30 | 写真館 | Comments(0)
2017年 11月 21日

高原の朝焼け

1.旅の醍醐味は朝
 美ヶ原の山本小屋に宿泊した。旅の良さはいろいろあるが、自分にとって醍醐味は朝にある。
夕陽のころや昼の喧騒もその土地ならではだが、朝こそは人も少なく、その土地の美しい瞬間を切り取ることが出来る。
また自然の光が紡ぎだすその時限りの色は忘れえぬものになる。
 
だが、日の出前や夕闇の中に出るには、それができる環境があるところに泊まらないと、車も持たない身としては動きようがない。だからこそ、いつも宿泊ホテル選びにはこだわる。単独で、夜明け前に動くことが出来る範囲に宿があることはとても大事なのだ。
 今回は、王ヶ頭よりは高度が低くなるが、王ヶ頭に連なる美ヶ原の真っただ中の山本小屋を選んだのだった。      


2.朝焼け                                              
旅に行く前から、日の出の時刻は調べておく。
そして、日の出の1時間前には身支度を整えて、家族が寝ている部屋を抜け出す。


c0067690_01450399.jpg
部屋にいる時はまだ真っ暗と思っていても、そとにでて、東を向けばすでに空は焼けはじめていた。

c0067690_01454257.jpg
平行に浮かび上がる雲がオレンジ・ピンク・薄紫のグラデーションをなす。
c0067690_01475795.jpg
雲海部分をアップで見る。空には不思議な形の雲がぽかりと浮かんでいた。

c0067690_01482862.jpg
牧場の方まで、歩いていくうちに、いよいよ山の端に陽が昇り始めた。ギラリと姿を現したその光をとらえてみた。

c0067690_01484269.jpg
秋草と山々と太陽の織り成す色。
   日が昇るとこの夢のような時間はおしまい。

c0067690_01485990.jpg
高原の風が草をなであげるように吹き始めた。

                                                                                                                       

人気ブログランキングへ                                  ポチッと応援していただけると励みにもなります  


# by miriyun | 2017-11-21 02:26 | Comments(2)